おすすめの iPhone 12/13/SE の充電器 ─ 選ぶポイントも解説【2022年版】

どうも、りきぞうです。

これまでさまざまな iPhone 充電器を試してきました。

・おすすめの iPhone 充電器は?
・選ぶときのポイントは?
・用途別に最適な充電器を教えてほしい

きょうは、こんな問いに答えていきます。

結論は、こんなかんじ。

ポイント
・選択基準は、最大ワット数、有線か無線か、ポート数の3点
・1ポート充電器では、Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
・2ポート充電器では、Anker 521 Charger

Apple は iPhone 12 シリーズ以降、環境負荷の観点から、充電器の付属をやめました。

そのため新しく iPhone を購入する人は、自分で充電器を用意する必要があります。

それまでの充電器を使いまわしても良いんですが、最新の iPhone の性能を活かしたいなら、新しく充電器を買いかえるほうがベストです。

そこできょうは、いま現在(2022年)おすすめの iPhone 充電器を紹介したいと思います。

以下、目次に沿って、みていきます。

iPhone 充電器の選択基準

各製品をあげるまえに、充電器を選ぶときのポイントを解説します。

基準が明確じゃないと、どれを選んでいいか混乱するからです。

ポイントは、つぎの3つです。

  • 使用機種の最大ワット数を調べる
  • 有線 or ワイヤレスか選ぶ
  • ポートの数を考える

それぞれ、みていきます。

使用機種の最大ワット数を調べる

iPhone は、シリーズにワット数が異なります。

対応するワット数により充電速度が変わり、数値が高いほど、そのぶん速く給電できます。

シリーズによる違いは、つぎのとおりです。

・iPhone 12 以降 → 20W
・iPhone 8〜11→ 18W

iPhone 8 以降、Apple は「急速充電」の機能をそなえつけ、より速く給電することができるようになりました。

いっぽう iPhone 7 以前の場合、そもそも急速充電に対応していません。

なので、充電器に「急速充電対応」と記されていても、意味がありません。その点は注意してください。

以上から、充電器を選ぶときには、自分がどのシリーズの iPhone をつかい、何ワットまで対応しているかをおさえる必要があります。

自分の iPhone のワット数に最適な充電器を選ぶようにしましょう。

有線かワイヤレスかを選ぶ

iPhone は「8」以降、ワイヤレス充電に対応しています。

そこで、有線タイプ/ワイヤレスタイプ ─ どちらの充電器かの充電器を選ぶことになります。

いっぱんに、有線タイプのほうが給電速度が速く、iPhone の充電性能をフルに活かしてくれます。

いっぽうでワイヤレスタイプは、充電速度は落ちるものの、「ポンッと」置いて置けば良いので、充電の管理がラクになります。

自分の好みに合わせて、どちらのタイプか選ぶようにしましょう。

ポートの数を考える

iPhone 用の充電器には、ポート(差込口)の数が、複数ついている製品があります。

主流は、2つから3つのタイプです。

ポートが複数あることで、たとえば、

iPhone と MacBook Air を同時に給電する

といったことができるようになります。

デバイスごとに充電器にもつ必要がないので、そのぶん充電まわりの管理がラクになります。

いっぽう、ポートが複数あることで、各ポートの給電速度は下がることになります。

なので iPhone の充電性能をフルで活かすなら、1ポートタイプの充電器を選ぶほうが良いです。

このあたりも、自分の好みに合わせて、選ぶようにしましょう。

おすすめの iPhone 充電器 ─ 1ポート

以上のポイントをふまえ iPhone におすすめの充電器を紹介していきます。

わかりやすく、1ポート/2ポート別に分けて、それぞれの充電器をピックアップしていきたいと思います。

まずは、1ポートタイプの充電器から。こんなかんじです。

  • Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
  • DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger
  • RAVPower RP-PC150 20W

それぞれ、特徴をみていきます。

『Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W』

こちらは、みんな大好き Anker さんの充電器です。

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 45mm × 27mm
厚み 27mm
重さ 約30g
接続方式 USB-C
最大出力 20W

特徴は、つぎのとおりです。

・コスパ最強
・軽量&コンパクト
・最大出力20W

いちばんの特徴は、コスパがバツグンに良いこと。

わずか1,500円で購入でき Amazon のセールをねらえば、1,000円前後で買えたりします。

それでいて、軽量かつコンパクトで、コンセントまわりもすっきり管理できます。

とくにこだわりがない人なら、コレを買っておけば「まちがいなし」といえる製品です。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(5.0)
おすすめ度
(4.5)

詳しくは、こちらの記事でレビューしているので、参考にしてみてください。

『DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger』

つづいては、こちら。

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 28mm × 28mm
厚み 33mm
重さ 約35g
接続方式 USB-C
最大出力 20W

特徴は、つぎのとおり。

・マットなデザイン
・プラグ収納できる
・最大出力20W

いちばんの特徴は、その外観です。

マットなデザインで、充電器なのに〝所有欲〟を満たしてくれます。おしゃれさんには、おすすめの一品です。

また iPhone(スマホ)用の充電器にしては珍しく、プラグが折りたためるのも、うれしいポイントです。

これにより、ガジェットポーチに入れておいたりしても、ほかのデバイスに傷をつけるのをおさえてくれます。

デザイン性と機能性を考えるなら、こちらの製品をおすすめします。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(5.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.5)

『AUKEY Omnia Mini PA-B1S』

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 30mm × 30mm
厚み 33mm
重さ 約33.9g
接続方式 USB-C
出力合計 20W+20W

特徴は、つぎのとおり。

・公式充電器に似たデザイン
・軽量&コンパクト
・プラグを折りたためる

いちばんの特徴は、Apple 公式の充電器にそっくりなこと。

筐体デザインがかぎりなく似ているので、Apple 純正の充電器が好きな人には、おすすめの製品です。

なおかつ、20W給電にも対応し、プラグもしっかり折りたためる。

デザインと機能性のバランスがとれた一品になっています。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(5.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.5)

おすすめの iPhone 充電器 ─ 2ポート

つづいて、2ポートタイプの充電器を紹介します。

2ポートの場合、給電パワーがしっかりあり、かつ、軽量&コンパクトな製品を選ぶのがコツです。

パワーがあっても、重くて大きかったら、持ち運びするさいに不便だからです。

ふたつの条件を満たす充電器は、つぎの3つです。

  • Anker 521 Charger
  • CIO-PD20W
  • RAVPower RP-PC144

それぞれ、みていきます。

『Anker 521 Charger』

いま時点(2022年)で、2ポートタイプでいえば、最強の充電器です。

基本スペックは、こちら。

縦横サイズ 35mm × 38mm
厚み 41mm
重さ 約68g
接続方式 USB-C × 2
出力合計 20W+20W

特徴は、つぎのとおり。

・2台同時に急速充電可
・[20W × 2ポート]の合計40W充電
・軽量&コンパクト

いちばんの特徴は、2台同時に急速充電できる点です。

たいていの製品は1台しか急速充電できないなかで、この製品は2台いっしょに素早く給電できます。

コレだけで買う価値はあります。

また、パワーを維持しつつも、軽さとコンパクトを実現しています。

ほかの見当たらないほど、完成された一品です。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(5.0)
コスパ
(4.5)
おすすめ度
(5.0)

詳しくは、こちらの記事でレビューしているので、参考にしてみてください。

『CIO PD20W1C1A』

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 28mm × 28mm
厚み 30mm
重さ 約60g
接続方式 USB-C × 1& USB-A × 1
出力合計 20W+10W

特徴は、つぎのとおり。

・軽量&コンパクト
・プラグを折りたためる
・[20W × 1 + 10W × 1]の合計30W充電

いちばんの特徴は、コンパクトなこと。

500円玉くらいの大きさしかなく、持ち運びに優れています。

給電パワーも30Wあり、このサイズなら「御の字」といえます。

2ポートタイプで、負担なく持ち歩きしたい人には、おすすめです。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

『RAVPower RP-PC144』

基本スペックは、こちら。

縦横サイズ 49mm × 49mm
厚み 29mm
重さ 約80g
接続方式 USB-C × 1& USB-A × 1
出力合計 20W+10W

特徴は、つぎのとおり。

・[20W × 1 + 10W × 1]の合計30W充電
・プラグを折りたためる
・マットなデザイン

いちばんの特徴は、プラグを折りたためることです。

そのため、よりコンパクトに充電器を管理できます。

ポートが USB-C と USB-C の2種類あるため、両方のコードに対応しています。

評価
軽量性
(4.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

おわりに

iPhone におすすめの充電器をみてきました。

まとめると、こんなかんじ。

ポイント
・選択基準は、最大ワット数、有線か無線か、ポート数の3点
・1ポート充電器では、Anker PowerPort Nano Ⅲ 20W
・2ポート充電器では、Anker 521 Charger

この記事が iPhone の充電器を探している人の参考になれば、うれしいです。

では、また。