中央アジアのイスラーム王朝 ─ サーマーン朝・カラハン朝・カラキタイ・マムルーク・耶律大石【世界史】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・中央アジアのイスラーム王朝を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

キーワード
・ブラハ
・サマルカンド
・マムルーク
重要人物
・イブン=シーナー
・耶律大石(りやつたいせき)
ポイント
・中央アジアでは、イラン人初のイスラーム王朝であるサーマーン朝ができたあと、つづいてトルコ人初のイスラーム王朝であるカラハン朝が成立した

この記事では、つぎの本を参考にしました。

中央アジアのイスラーム王朝① ─ サーマーン朝

サーマーン朝のモスク

イスラーム勢力と唐王朝が争った「タラス河畔の戦い」以降、中央アジアでは、アッバース朝が権勢をつよめていました。

しかし、アッバース朝の力が衰えてくると、中央アジアではイスラームの影響をうけた王朝が、独自に台頭してきます。

はじめに台頭したのはサーマーン朝で、イラン人初のイスラーム王朝でした。

・ブラハ(西トルキスタン)
・サマルカンド

などの都市を拠点しながら、東西交易により大きく発展します。

また「マムルーク」とよばれるトルコ人奴隷を都市バグダードへ供給していました。その取り引きもまた、国の利益につながりました。

イスラム世界の外側からつれてこられた奴隷出身の軍人たちを、一般にマルムーク(=所有されるの意)とよぶ。〔略〕マルムークを購入し、教育・訓練をほどこして軍事力の中核とすることは、イスラム世界に成立した、その後の諸王朝において一般化していった。(p.135)

─ 『詳説 世界史研究』

くわえてサーマーン朝では、アラビア語をとりいれた近世ペルシャ語が発達します。それにより、ながらく途絶えていたペルシャ語文学も復活することになります。

有名な研究者にイブン=シーナーがいます。彼はサーマーン朝貴族の出身でした。

中央アジアのイスラーム王朝② ─ カラハン朝

カラハン朝のモスク

衰退するサーマーン朝を滅ぼし、代わって台頭したのがカラハン朝です。こちらは、トルコ人初のイスラーム王朝です。

かれらはサーマーン朝の人びとと同じく東西トルキスタンをおさめました。

カラハン朝の登場によって、中央アジアで暮らすトルコ人にイスラーム教は普及していくことになります。

カラハン朝は10世紀末にはサーマーン朝を滅ぼして、ソグディアナをも支配するようになった。〔略〕それまでイラン系を中心としていたこの地の住人が、じょじょにトルコ化していく原因となり、この地は西トルキスタンとよばれるようになった。(p.136)

─ 『詳説 世界史研究』

もっといえば、カラハン朝は中央アジアをイスラーム化させた、といえるでしょう。

このように、中央アジアにトルコ人王朝ができたことで、以後、トルコ系民族の西方移住が、さかんにおこなわれるようになります。

中央アジアのイスラーム王朝③ ─ カラキタイ

耶律大石

200年ばかりつづき、中央アジアのイスラーム化をもたらしたカラハン朝も、東方からやってきた遊牧民に滅ぼされることになります。

かれらはモンゴル系の民族で、中央アジアに進出していきます。

カラハン朝を滅亡させたあとはカラキタイ(西遼)を成立させます。

「西遼」の国名をみてわかるとおり、カラキタイはもともと中国北東部に「遼」という国をかまえていました。

金王朝&宋王朝との領土争いに敗れたかれらは、外モンゴルを経由して、中央アジア方面に移り住み、この土で権力をふるうようになります。

君主は耶律大石(やりつ たいせき)で、遼皇帝の一族でした。

カラハン朝を滅ぼした西遼ですが、国教はイスラーム教を採用します。そのために、西遼もまたイスラーム王朝とよぶことができます。

おわりに

中央アジアのイスラーム王朝についてみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

キーワード
・ブラハ
・サマルカンド
・マムルーク
重要人物
・イブン=シーナー
・耶律大石(やりつたいせき)
ポイント
・中央アジアでは、イラン人初のイスラーム王朝であるサーマーン朝ができたあと、つづいてトルコ人初のイスラーム王朝であるカラハン朝が成立した

この記事が、中央アジアのイスラーム王朝を知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。