バイきんぐ『Jack』感想&レビューです。

公演日 2014年6月
収録 卒業式
ピザ屋
運転免許
アパート
クラブ
バンジー
レストラン
これを……
コンビニ
殺人現場

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バイきんぐ『Jack』。

『キングオブコント』優勝後、3回目の単独ライブです。

『ビザ屋』『殺人現場』では、いつもどおり、西村さんの〝奇人っぷり〟をいかしたコント。

今回もわかりやすくて、バランスのとれたコントを堪能できました。

いそがしいなか、1年に1度のペースで、このクオリティの作品を披露しているんだから、スゴいです。

「ライブ愛」がつたわってきますね。

個人的に良かったのは、「卒業式」「バンジー」「レストラン」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

<『卒業式』

あらすじ

卒業式当日。

不良の生徒(西村)から、体育館のウラに呼ばれる先生(小峠)。

復讐をおそれ、警戒する先生だったが、生徒は指導してくれたことに感謝する。

「学校にナイフなんか持ってきて、どうかしていた」
「おれ、どうかしてた」

お礼を言う生徒だったが、先生は隠しもっていたナイフを捨てる。

さらに、ほかの先生もおまえをねらっていると忠告して……。

ひとこと

わかりやすいストーリー。はなしの展開がバツグンにうまいです。

4分ほどの長さで、サラッと演じていますが、プロットはかなり練られています。

わかりやすいが、フクザツにつくられている。

自分でもコントを書いてますが、こういう作品は理想だなぁ。

『バンジー』

あらすじ

バラエティ番組の収録。

なかなかバンジーを飛ばない芸人(西村)に、「はやく飛び下りろ」と、ディレクター(小峠)がせかす。

いっけん〝虐待〟のようにもみえるが、芸人の名まえは「バンジー小林」。

何回も飛んでいるかと思いきや、いままで一度もバンジーをしたことがない。

それでもムリにでも飛ばそうとするが……。

ひとこと

こちらも4分くらいのコントですが、「バンジー小林」という芸名で、ココロをつかまれます(笑)。

つかみがうまいなぁ。

そのあとも「酒を飲んだなら飛べる」と言ったり、会話のとちゅうで無言で飛ぼうとしたり、西村さんの〝奇怪な性格〟をいかした展開になっています。

小峠さんのツッコミをキレキレです。

『レストラン』

あらすじ

「ぼくのこと、おぼえてますか?」

レストランの店長(小峠)に声をかける男(西村)。

忘れている店長に「1ヶ月まえに面接にきた西村です」とつたえる。

「受かったら連絡すると聞いたんですが、面接の結果、どうなったかなぁと思って」

不採用とわからず、じかに確認しにきた男。

ブキミに思う店長だったが、ストレートに「不採用」だとつたえる。

それでも納得しない男。

そこで店長は〝オトした理由〟を、ひとつひとつ挙げていくが……。

ひとこと

前半は、西村さん演じる男の〝ブキミさ〟が笑いをとります。

しかし後半は、店長が〝オトしたワケ〟が明らかになり、その〝下心〟が発覚します。

いっけん真っ当にみえた店長のほうが、よくみると〝クソ〟だとわかる。

プロットを「逆転」の展開でえがいた、見事なコントです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。