さまぁ~ず『さまぁ~ずライブ 9』感想&レビューです。

公演日 2013年6月
収録 渡し舟
張り込み
明日から南仏
センセイ
虹太郎遊技場

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、さまぁ~ず『さまぁ~ずライブ 9』。

9回目の単独公演をおさめたものです。

『渡し舟』は、船頭とお客のやりとり。

風流を感じる男性客にたいして、滑舌のわるい船頭が、チャチをいれる。

かみ合わないようすが笑いをおこしていきます。

ちなみに、ラストのネタとリンクしています。

これをみたあとに、さいごのコントをみるのがおすすめです。

『張り込み』は、一般人の部屋にやってきた刑事と、住人のやりとり。

捜査協力に応じる住人 ─ 。

しかしはじめてみる刑事に、テンションが上がる。

その勢いで、はりこみをする刑事にたいして、チョッカイをいれる。

これといったストーリーはないものの、おふたりの〝おふざけっぷり〟が、笑いを誘います。

みているだけで、ついつい笑ってしまいますね。

個人的によかったのは、『明日から南仏』『センセイ』『虹太郎遊技場』の3本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、くわしくみていきます。

『明日から南仏』

あらすじ

マンションの一室。

住人の男が、麦わら帽子をかぶり、ウキウキしている。

どうやら明日から、南フランスへ旅行するらしい。

そこへ、元同僚の後輩がやってくる。

きょうは先輩のウチに泊まり、あすの朝、いっしょに成田空港にむかい、旅立つ予定。

しかし後輩は、さきほどからセキを〝ゴホゴホ〟やっている。

海外旅行をまえにして、カゼをひいたようで……

ひとこと

あらすじだけをみると、わりとベタです。

けれど、さまぁ〜ずさん演じる後輩/先輩の、ゆるいやりとりが、なんともおもしろい。

これといった事件はおきないものの、大竹さん演じる先輩のキャラが、やたら目をひき、ついつい笑ってしまいます。

おそらく前回のライブ『お見舞い』で登場したキャラと同系統の人物です。

旅行にむけて用意周到にはりきるものの、おおざっぱな後輩のせいで、計画が台無しに ─ そのさいのリアクションが、笑いの軸になっています。

とはいえ、爆笑というわけではなく、みていてクスクス笑ってしまうかんじ。

この雰囲気がおふたりの魅力です。

『センセイ』

あらすじ

雰囲気のいい BAR 。

部下に連れられて、上司がやってくる。

女性の部下は、よく来るらしく、いつも「センセイ」と呼ばれる男性と鉢合わせるらしい。

そんな会話していると、じっさいにはなしをしていた「センセイ」があらわれる。

登場するなり、いきなりマイクをかたて
に、オリジナルソングを歌いはじめる。

ふしぎな曲に、ぼうぜんとする上司の男性客 ─ 。

そのあとも「センセイ」は、店員たちをバックに、おかしなオリジナル曲を熱唱しつづけて……

ひとこと

さまぁ〜ずライブ恒例の「歌ネタ」ですね。

大竹さん演じる、歌の「センセイ」が、シュールなオリジナルソングを歌いつづけるのが、キホンのながれ。

それにたいして、三村さん演じる、初見の男性客が、ツッコミをいれていきます。

個人的には、「センセイ」が歌いはじめるまえに、バックのクローゼットに入り、そこからいちいち出てくるのが、なんともツボでした。

歌詞の内容も、

・有栖川記念公園

がくりかえし登場し、やたら強調させる。

この反復もまたよかったです。

後半になるにつれて、三村さんがホンロウされるようすも、いいかんじでしたね。

『虹太郎遊技場』

あらすじ

地方の遊園地。

老人がひとりで営んでいる。

かなりの高齢のため、東京から義理のむすこがたずね、いっしょに都内に住もうと説得をしにやってくる。

しかしガンコな義父は、その提案には応じない。

それどころか、遊園地のアトラクションを、義理のむすこに、むりやりやらせる。

そのゲームも、

・ゴムボールを投げて、積み上がったブロックを崩す
・犬のぬいぐるみを投げて、お乳を吸っている子犬のぬいぐるみを、親犬から引きはなす

など、まともな遊びじゃないものばかりで……

ひとこと

シュールなゲームをつぎつぎに、義理のむすこにプレーさせる─ これが流れが、笑いの軸になります。

個人的には、

・報酬として、「イヌ」と書かれたクジをひかせて、「はい、あなたはイヌでした」

と、伝えるだけのシーンが、めちゃくちゃおもしろかったです。

たいてい、シュール系のボケは、お客さんをシラけさせて終わります。

けれど、このネタでは、しっかりとした笑いをおこす。

このあたりは、さまぁ〜ずさんならでは、雰囲気がもたらすワザといえます。

本作のなかでは、イチバンおもしいネタでした。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。