イスラーム文明&文化 ─ 特徴 ・発展・影響・相互扶助・学院・ヨーロッパ文明【世界史】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・イスラーム文明&文化を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

キーワード
・スーク・ハザール(市場)
・キャラヴァンサライ(隊商宿)
・シャリーア(イスラーム法)
・モスク(礼拝堂)
・マドラサ(学院)
・スーフィズム(神秘主義)
・『千夜一夜物語』
・『シャー=ナーメ(王の書)』
・『ルバイヤート(四行詩集)』
・アルハンブラ宮殿
・タージ=マハル
・スレイマン=モスク
・ミニアチュール(細密画)
・アラベスク(幾何学模様)
重要人物
・イブン=バットゥータ(旅行家)
・ガザーリー(神学)
・ラシード=アッディーン(歴史学)
・イブン=ハルドゥーン(歴史学)
・イブン=ルシュド(哲学)
・イブン=シーナー(哲学&医学)
・フワーリズミー(数学)
・フィルドゥシー(文学)
・ウマル=ハイヤーム(文学)
ポイント
・イスラーム世界は商業を軸に形成され、人と物の流れをうながした

この記事では、つぎの本を参考にしました。

イスラーム文明&文化① ─ 特徴

まずは、イスラーム文化の特徴から。

ポイントは、つぎに3つです。

  • 商業が主軸
  • 暮らしに密着した宗教
  • 広大なネットワーク

それぞれ、かんたんにみていきます。

特徴① ─ 商業が主軸

開祖ムハンマドが商人だったこともあり、イスラーム文明は商業が軸となっています。

そのために、イスラーム教が普及する都市や地域では、

・市場(スーク・ハザール)
・隊商宿(キャラヴァンサライ)
・交通網

が、発達していきました。

くわえて、貨幣経済も広がりました。

・ディナール金貨
・ディルハム銀貨

などの通貨は有名で、商人のあいだで広く使われました。

特徴② ─ 暮らしに密着した宗教

イスラーム教は、エリート層だけでなく、人びとの暮らしに根づいているのが特徴です。

具体的には、イスラームの都市には、

・モスク(礼拝堂)
・マドラサ(学院)

の2つは、たいてい建てられています。

また、教徒同士のやりとりにおいても、ワクフ(寄進制度)が浸透し、モスクや病院などの公共施設の建設や運営は、相互扶助の力でなりたっています。

特徴③ ─ 広大なネットワーク

イスラーム文明では、幅広いネットワークが世界中にきずかれています。

隊商貿易&商船交易がさかんで、これらがまたネットワークづくりに、ひと役かっています。

そのために、ムスリムたちは各地を遍歴できて、かれらがまた世界をわたり歩くことで、よりイスラーム教が広まる、という好循環がおきます。

たとえば、イブン=バットゥータは、大航海時代のまえに、ユーラシア大陸を中心に旅に出て、旅行記の代表作をのこしてきます。

人だけでなく、モノや情報も活発に流れていきます。

モノとしては、

・火薬(イスラーム → ヨーロッパ)
・羅針盤(イスラーム → ヨーロッパ)
・砂糖(インド → イスラーム)
・木綿(インド → イスラーム)

などが、イスラーム文明のネットワークにより広まっていきました。

情報としては、

・製紙法(唐 → イスラーム)
・天文術(元 → イスラーム)

などが、ネットワークをつうじて普及していきました。

イスラーム文化の特徴をまとめると、イスラーム文明は商業を軸に発展し、世界中に広大ネットワークをきずき、モノと情報の交流をもたらした、といえます。

イスラーム文明&文化② ─ 学問

つづいて、イスラームの学問について、みていきます。なかでも、つぎの4つの分野で大きく発達しました。

  • 神学
  • 歴史学
  • 医学
  • 文学

それぞれ、かんたんにみていきます。

神学

神学では、ガザーリーが有名です。

彼は、ニザーミーヤ学院(セルジューク朝)の教授として活躍しました。スンナ派神学と、スーフィズムとよばれる神秘主義の教義を融合し、ひとつのジャンルをきずきました。

それまでスーフィズムは、禁欲的な修行により「神との合一」をめざす活動として、民衆のあいだで広まっていました。

はじめのうちは異端とされ弾圧の対象となっていました。しかし、ガザーリーが学問として体系化したことで、正しい教義として認められるようになりました。

歴史学

中国や西洋と同じく、イスラーム文明でも歴史学は大いに発達します。

目ぼしい著者や作品をあげれば、つぎのよとおりです。

・タバリー『預言者たちと諸王の歴史』
・ラシード=アッディーン『集史』
・イブン=ハルドゥーン『世界史序説』

『集史』は、ペルシャ語によって、モンゴルと諸民族の歴史が描かれています。

『世界史序説』は、マムルーク朝につかえた宰相イブン=ハルドゥーンよる作品です。

都市と遊牧民がたどってきた歴史を記しながら、繁栄と衰退の法則性を論じています。

歴史書の範囲におさまらず、政治学や人類学の分野でも、第一級の作品といえます。

哲学

イスラームの教義が発達したぶん、哲学はそれほどさかんに研究されませんでした。そのなかでも、イブン=ルシュドの作品はよく知られています。

また彼の作品もさることながら、アリストテレス哲学の注釈書を書いたことで有名です。この注釈書は、ヨーロッパ中世のスコラ哲学に大きな影響をあたえました。

医学

イスラーム文明では、医学が大きく発達します。

とくに、イブン=シーナーが記した『医学典範』はよく知られ、哲学と同じく、ヨーロッパ中世の医学に大きな影響をあたえました。

彼の本は教科書として広く読まれるほどでした。

文学

ヨーロッパや中国ほど知られていませんが、イスラーム文明でも、さまざまな文学作品がつくられました。

有名作品をあげれば、つぎのとおりです。

・『千夜一夜物語』
・『シャー=ナーメ(王の書)』
・『ルバイヤート(四行詩集)』

とくに「アラビアン・ナイト」の名で知られる『千夜一夜物語』は、あまりに有名ですね。

この作品は、イランで語りつがれていた説話に、世界各地のおはなしをつけくわえたものです。マムルーク朝時代の16世紀に完成したといわれています。

イスラーム文明&文化③ ─ 建築&美術

さいごに、建築と美術作品をみていきましょう。

建築

イスラーム建築の特徴は、

・ドーム(円状の屋根)
・ミレナット(光の塔)

の2点です。

たとえば、イェルサレムにある岩のドームは、その典型といえます。

そのほか、

・アルハンブラ宮殿
・タージ=マハル
・スレイマン=モスク

などの、これら2つの特徴をよくあらわしている、といわれています。

美術

また美術については、

・ミニアチュール(細密画)
・アラベスク(幾何学模様)

などが発達しました。こちらもイスラーム世界の建物には、かならずといっていいほど描かれていますね。

おわりに

イスラーム文化の特徴についてみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

キーワード
・スーク・ハザール(市場)
・キャラヴァンサライ(隊商宿)
・シャリーア(イスラーム法)
・モスク(礼拝堂)
・マドラサ(学院)
・スーフィズム(神秘主義)
・『千夜一夜物語』
・『シャー=ナーメ(王の書)』
・『ルバイヤート(四行詩集)』
・アルハンブラ宮殿
・タージ=マハル
・スレイマン=モスク
・ミニアチュール(細密画)
・アラベスク(幾何学模様)
重要人物
・イブン=バットゥータ(旅行家)
・ガザーリー(神学)
・ラシード=アッディーン(歴史学)
・イブン=ハルドゥーン(歴史学)
・イブン=ルシュド(哲学)
・イブン=シーナー(哲学&医学)
・フワーリズミー(数学)
・フィルドゥシー(文学)
・ウマル=ハイヤーム(文学)
ポイント
・イスラーム世界は商業を軸に形成され、人と物の流れをうながした

この記事が、イスラーム文化の特徴を知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。