ライターって、どうなるの? なり方や準備法について。【経験談から】

どうも、りきぞう(@rikizoamaya)です。

これまで、予備校講師 → ウェブディレクター → ライターと、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方も、契約社員 → 正社員 → フリーランスと、ひと通り経験してきました。

日本の働き方が変化していますね。

「人生100年時代」ということで、複数の職業を経験して、労働市場を生きぬくのがベターとされています。

いろいろ職業があるなかで、ライターのお仕事が注目されています。

とはいえ、じっさいに「なろうかなぁ」としている人のなかには、

  • ライターになるには、どうするの?
  • どんな準備しておけばいいの?

と、ギモンをもつ人も多いはず。

きょうは、この問いに答えていきます。

ちなみに、わたしはライター歴が約5年です。

いまでもちょくちょく案件をもらっています。

結論からいえば、ライターになる方法は、つぎの3つです。

  1. スクールに通う
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. 出版社に営業をかける

以下、くわしく述べていきます。

ライターになりたい人、めざしている人のヒントになれば、うれしいです。

ライターのなり方

くりかえすと、ライターになるには、つぎの3つのルートがあります。

  1. スクールに通う
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. 出版社に営業をかける

ひとつひとつ、みていきます。

① スクールに通う

初心者の人に、おすすめのルートです。

文章を書くのが好きでも、人にみせてチェックしてもらう経験のない人は、まずはスクールに通ってみるのがいいです。

自分では「文才がある」「文章がうまい」と思っていても、わりと他人からみれば、大したことない場合が多いです。

他人から評価してもらうことで、はじめて自分の実力がわかります。

くわえて、ライター独自の「文章の型」を学ぶにも、スクールは最適です。

たとえば、わたしは大学院では論文を書いてきましたが、雑誌記事 or ウェブ記事とは、「型」がまったく異なります。

もちろん活かす点もありますが、小論文など、学校で習った文章スタイルで書いてもうまくいきません。

それを経験するだけでも、メリットはあります。

さらに、スクールによっては「文章の書き方」だけではなく、「営業のやり方」「仕事のとり方」なども指導してくれます。

自分の好みに合わせて、選んでみましょう。

また、スクールに通うことで、仲間ができます。

のちのち仕事の案件をふってくれたり、プロジェクトで協力することになることもあります。

たまにですが、指導する方から仕事の依頼が舞いこんできたりします。

収入・報酬につながる付き合いつくれたりもします。

なので、ライターになるには、スクールはおすすめのルートです。

ちなみに、わたしも大学院を卒業したあと、2、3つ、ライティングスクールに通っていました。

仲間も作れましたし、なかには案件をいただくこともありました。

わたしの経験からも、ライター初心者には、good な方法です。

② クラウドソーシングに登録する

本やスクールで、「文章の書き方」や「仕事の流れ」を把握したら、さっそく実践に移しましょう。

とはいえ、いきなり案件が舞いこむことはありません。

そこで「クラウドソーシング」を利用します。

「クラウドソーシング」とは、ウェブ上で案件の依頼を受けるサービスです。

登録しておくことで、クライアントさんからライティング作業を依頼されます。

もちろん単に登録すれば良いというわけではなく、あなたの特技や魅力、アピールポイントをしっかり明記する必要があります。

このあたりは、就活で書く「履歴書」「ら小論文」に似ています。

自分の経歴やキャリアを整理して、「クライアントにとって、自分が何ができるか」をしっかり伝えておきしょう。

注意点

ただし気をつけたいのは、「クラウドソーシング」経由の案件は、報酬がめちゃくちゃ引くということです。

フツーは「1文字1円」でも良いほうとされていますが、これではどんなに頑張っても、月15万円くらいにしかなりません。

さらに依頼主の方と、じかに顔を合わさず、その場かぎりのカンケーでおわります。

なので、ライターとしてのあなた個人の価値が上がりにくい。

キャリア上、〝おいしく〟ないわけです。

というわけで、「クラウドソーシング」ルートは、さいしょのお仕事をもらうときにはおすすめですが、ずっと続けるものではありません。

作業単価をアップしたいなら、つぎにあげる「営業」が不可欠になります。

③ 出版社に営業をかける

スクールで文章の方を学び、クラウドソーシングで作業を実践したら、さいご出版社に営業をかけてみましょう。

「わたしなんて……」と思いがちですが、プッシュしてみたら、わりとすんなり案件を受けたりします。

やり方としては、雑誌の編集者の名まえを調べて、SNS などに直接 DM を投げてみたりします、

いまは編集者さんでも、twitter やインスタをやっているケースがほとんどなので、連絡はしやすいです。

もちろん「クラウドソーシング」と同じように、これまでの経歴やアピールポイントをしっかり明記する必要があります。

ここらへんは、コツとタイミングによりますが、まずは勇気をもって、メッセージを送ってみることです。

いろんな人に送ってみましょう。

たいていはスルーされますが、返信がまったくこないことはありません。

ちなみに、わたしは、雑誌の編集者の方の名まえをリサーチして、直接、編集室に電話をかけたりしてました。

かなりウザったいと思われたでしょうが、なかには案件を依頼してくれた出版社もありました。

そこからカンケーをつみかさね、大きな仕事につながったりしました。

粘りづよくやってみましょう。

また大手の会社は、すでに専属のライターさんがついています。

競争率高めなので、まずは中小規模の会社や編集者さんにアプローチしてみましょう。

あなたのアピールがうまければ、わりと好意的にむかえてくれたりしますよ。

おわりに

ライターになる方法をみてきました。

キホン、ライターは手軽にできる職業です。

資格も要りませんし、特別なキャリアや肩書がなくてもオーケーです。

さらにいまはウェブが普及したため、どんなひとにも窓口が開かれている状況です。

なので、ライターになるには、さまざまな方法があります。

むかしの会社の人脈を利用したり、自分の SNS でアピールして、そのままライターになってしまう人もいます。

とはいえ、うえにあげたルートが王道で、なってからも継続的に稼げると思います。

ライターはなるのがカンタンですが、続けるのがムズかしい職業です。

仲間をつくりつつ、ウデを磨いていくには、上記のルートが「スタート方法」としては最適です。

ライターになりたい人、めざす人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が何かのヒントになればうれしいです。

ではまた〜。