【実体験】ライターのメリット / デメリット。報酬やスキルについて。

どうも、りきぞう(@rikizoamaya)です。

これまで、予備校講師 → ウェブディレクター → ライターと、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方も、契約社員 → 正社員 → フリーランスと、ひと通り経験してきました。

日本の働き方が変化していますね。

いまや1つの職業で、一生を終えるのは、ムズかしくなりました。

「人生100年時代」ということもあり、いくつかの職業を経験して、市場を渡りあるくのが重要とされています。

なかでも、さまざまな職業があるなかで、ライターのお仕事に注目があつまっています。

インターネット以前は、敷居の高い職業でしたが、ネットが普及して以降、だれでも手軽に「ウェブライター」になれる、ということで人気のようです。

とはいえ、じっさいに「なろうかなぁ」としている人のなかには、

「ライターのメリットってなに?」
「どれくらいの稼げるの?」

と、ギモンをもつ人も多いはず。

わたし自身も、副業&本業の両方で、ライターの仕事をしていた経験があります。

すこしセーブしていますが、いまでもちょこちょこ案件の依頼を受けています。

その経過をふまえて、うえに問いに答えていきます。

結論を先にいえば、ライターのメリットはこんなかんじです。

  • 文章力が身につく
  • 人脈が広がる

つづいて、デメリット。

  • 低収入
  • 情報収集で忙しい

以下、詳しく述べていきます。

ライターになりたい人のヒントになれば、うれしいです。

ライターのメリット

くりかえすと、ライターのメリットは、つぎのとおり。

  • 文章力が身につく
  • 人脈が広がる

ひとつひとつみていきます。

文章力が身につく

ライターをしていると文章力が身につきます。

「あたりまえだろ」と思うかもですが、ここでいう「文章力」とは、「てにをは」が上手という意味ではありません。

モノやサービスを売りこむための文章が書ける意味での文章力です。

いわゆる「セールス・ライティング」ですが、このスキルを身につけておくと、ほかの仕事でもたいへん役立ちます。

たとえば、自分の商品を売り込んだり、会社の上司に自分のアイデアを提案したり。

ライターで身につく文章力が、さまざまに応用できます。

というのも、「セールス・ライティング」は、自分のモノやアイデアをアピールし、じっさいに行動を起こしてもらうことに〝特化〟した文章スキルだからです。

学校や予備校で習う文章は、自分の考えをまとめ、理解してもらうことを重視しますが、「セールス・ライティング」は、ひとにアクションをとってもらうことに重点を置きます。

たいていのビジネスにおいては「理解」よりも「行動」のほうが重要です。

商品を売るとき、認知してもらうだけでは意味はありません。

じっさいに購買してもらわないと意味がありませんよね。

ライターをしていると、「セールス・ライティング」のスキルが身につき、ひとに行動をとらせる文章力を書くことができます。

これが1つ目のメリットです。

人脈が広がる

2つ目のメリットは、人脈が広がることです。

ライターといっても、書籍やウェブ記事をみているだけではありません。

メディアごしの情報だけで書く記事は、薄っぺらく、価値がないからです。

「こたつ記事」って、やつですね。

価値のある記事を生みだすには、じかに人に会って、取材をする必要があります。

結果、いろんな人たちにインタビューするため、人脈が広がるわけです。

しょっちゅう人に会うため、なかなかプライベートの時間をもてませんが、 ふだん関わることがない、触れることがない人とコンタクトできるので、かなり充実します。

もちろん全員の人たちと仲良くなるわけではありません。

〝ウマの合う人〟なら、仕事のあとでも連絡を取り合ったりして、人間関係にも厚みがでます。

たぶんフツーの会社員の人よりは、交友関係は広いと思います。

ライターのデメリット

つづいて、デメリット。

くりかえすと、こんなかんじ。

  • 低収入
  • 情報収集で忙しい

ひとつひとつ、みていきます。

低収入

キホン、ライターのお仕事は、給料・報酬は低いです。

正社員でも、フリーランスでも変わらないと思います。

とはいえ、キャリアを重ねていくと、その人に「信用」がつき、収入はじょじょに上がっていきます。

専門性や人脈など、「その人にしか書けない記事」があったりすると、さらに報酬はアップします。

自分自身を「ブランド化」すれば、ハイクラスの仲間入りも果たせます。

なので、やはり問題は、ライターを始めたばなりの頃です。

おそらくフツーのバイト以下の稼ぎしかもらえないと思います。

期間としては、1〜2年。

3年をこえたあたりから、フツーの収入をもらえるようになります。

そのため、ここを乗り越えるだけの「体力」と「備え」が必要です。

具体的には、若さを保つための健康管理と、半年は暮らしいけるくらいの貯蓄で、この2つさえあれば、1〜2年は乗り越えられます。

はじめのうちは稼ぎが少ない──これがライターのデメリットです。

情報収集で忙しい

うえで、ライターは書籍やウェブ記事ばかりをみているわけではない、と指摘しました。

とはいえ、ライターにとって、情報収集は欠かせません。

ビジネスや健康など、どんなジャンルの記事を書くにしても、新聞や雑誌からの情報収集はベースにあります。

つねに世の中の流れを察知しておく必要があり、すこしでも〝人を惹きつける〟記事を書かないといけません。

どうしても情報収集に時間をとられ、書籍やパソコンと〝にらめっこ〟になります。

これはライターの宿命といえます。

なので、読書が苦痛だったり、情報収集が苦手な人には、不向きな職業だといえます。

さらに情報を集めるだけではなく、クライアントさんの要望にあわせて、文章を組みたてないといけないため、テキストがキラいな人にはキツい仕事です。

なかにはフットワークが軽く、人あたりがいいために、人気のライターさんもいますが、そういう人でも、キホン情報収集にビンカンで、文章もウマいです。

キホン、じかに人に会うよりも、メディアに触れている時間が長く、情報に追われるかんじです。

これがライターの2つ目のデメリットといえます。

もちろん、情報収集が好きで、文章を書くののが得意なら、こんな恵まれた仕事はありません。

天職といえます。

もしそうなら検討の余地があるので、まずは、カンタンにクラウドサービスなどをりようして、仕事をスタートさせてみましょう。

おわりに

ライターのメリット / デメリットをみてきました。

さいしょにのべたとおり、いまは1つの職業で市場を渡りあるくのがムズかしくなりました。

複数のスキルをかけあわせ、さまざまな職業を経験するのが得策です。

そのなかでも、ライターはパソコン一台あれば、スタートできるお仕事です。

店舗経営とちがい、ほぼコストゼロで始められるので、ちょっとした副業にもバッチリです。

うえのメリット / デメリットをふまえつつ、まずは検討してみてください。

この記事が、なにかしらの参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。