ブログ(ワードプレス)のテーマ ─ おすすめ4選【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・WordPress のテーマって、なに?
・選ぶときのコツは?
・おすすめのテーマを教えてほしい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・テーマをカスタマイズすることで、「デザイン性」「機能性」「操作性」を向上できる
・選ぶコツは、「デザインが好き」「使いやすい」「利用者が多い」「複数のサイトで使える」の4点
・おすすめは、「SANGO」「AFFINGER5」「SWELL」「JIN」の4つ

※ 記事内容は、すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

WordPress テーマって、なに?

WordPress とは、ブログを管理するサービスです。

WordPress には「テーマ」があります。

自分なりにカスタマイズすることで、

・デザイン性
・機能性
・操作性

を向上させることが、できます。

ブログ(ワードプレス)のテーマ ─ 選ぶときのコツ

WordPress テーマを選ぶポイントをあげていきます。

つぎの4つです。

  • デザインが好き
  • 使いやすい
  • 利用者が多い
  • 複数のサイトで使える

ひとつひとつ、みていきます。

選ぶコツ① ─ デザインが好き

選ぶときのコツは、「デザインが好き」というキモチです。

ブログがきれいで、使いやすければ、その分、読者も増えることになります

なにより、作っている自分が見ているときに、気分が良くなります

なので、WordPress テーマを選ぶときには、デザインについては、

「好きだぁ」
「きれいだなぁ」
「使いやすいなぁ」

と、思うものを選択しましょう。

選ぶコツ② ─ 使いやすい

選ぶコツの2つ目は、

使いやすいさ

です。

UI(=使い勝手)の質を高めることで、しぜんと読者の数も、増えていきます

逆にいえば、記事内容がすばらしくても、

「読みづらい」
「使いづらい」

と思われると、その分、ユーザーの数が減っていきます。

また、記事をつくるときの〝使い勝手〟も、テーマによって異なります

できるかぎり、管理画面がシンプルで、書きやすいテーマを選ぶようにしましょう。

選ぶコツ③ ─ 利用者が多い

選ぶコツの3つ目は

利用者が多い

です。

理由は、単純です。

〝なにか起きたとき〟に、Google 検索で、問題を解決しやすいからです

利用者が多いと、たいていのトラブルは、利用者がブログ&SNSで発信しています

ありがたいことに、情報を共有してくれています。

また「利用者がたくさんいる」とは、そのサービスが信頼されている証拠です。

とくに、初めて有料のワードプレステーマを利用&購入するときには、安心材料になります。

選ぶコツ④ ─ 複数のサイトで使える

さいごは、複数のサイトで使えるテーマを選ぶことです

テーマのなかには、ひとつの管理画面(サイト)でしか、利用できないものも、あります。

とくに有料テーマを購入する場合は、〝複数サイトで利用可〟のサービスを選ぶようにしましょう。

費用面での負担も、少なくなります。

ブログ(ワードプレス)のテーマ ─ おすすめ4選

では、おすすめの WordPress テーマをあげていきます。

つぎの4つです。

  1. ① SANGO
  2. ② AFFINGER5
  3. ③ SWELL
  4. ④ JIN

それぞれ、くわしくみていきます。

おすすめ① ─ SANGO

デザイン ★★★★★(5/5)
使いやすさ ★★★★★(5/5)
利用者の数 多い
複数サイトでの使用 OK
料金 11,000円(税込み)

わたしがじっさいに使っているテーマです

個人的には、SANGO がいちばんお気に入りです。

理由は、なんといっても、デザインの美しさ ─

自分でカスタマイズした人ならわかりますが、これほど「心地よいデザイン」は、なかなか作れません。

また、提供から数年たっているのに、サポートが充実しています。

» WordPressテーマ SANGO についてのよくある質問

質問すれば、ていねいに返信してくれます。

作っている人の〝顔がみえる〟かんじで、親しみがもてます。

テーマ選びに悩んでいる人は、検討してみてください。

こんな人におすすめ
・美しいデザインが好き
・サポートが充実したテーマを使いたい

» SANGO

おすすめ② ─ AFFINGER5(アフィンガー)

デザイン ★★★★☆(4/5)
使いやすさ ★★★★☆(4/5)
利用者の数 多い
複数サイトでの使用 OK
料金 11,000円(税込み)

アフィリエイターさんから人気のあるテーマです。

収益に特化したデザインで、企業サイトでも使われていたります。

・ショートコードによる一括管理
・記事ごとの広告掲載

などなど、独自の機能が、たくさん盛り込まれています。

AFFINGER をつかっていれば、キホン、できないことはない、と思っておいてオーケーです

こんな人におすすめ
・たくさんの機能を使いたい
・収益に特化したい

» AFFINGER5

おすすめ③ ─ SWELL

デザイン ★★★★★(5/5)
使いやすさ ★★★★☆(4/5)
利用者の数 少ない
複数サイトでの使用 OK
料金 17,600円(税込み)

なによりの特徴は、WordPress の「ブロックエディター」(=Gutenberg)に完全対応している点 ─

WordPress がブロックエディターに変わったあとに、発売されたテーマなので、Gutenberg での操作が、ほんとうにラクです

デザインもきれいなので、UIにこだわる人も、満足できます。

ひとつネックなのが、ほかのテーマにくらべて、少しばかり値段が「お高い」ところ。

この点さえ、気にしなければ、導入を考えてみて良いかなぁと思います。

こんな人におすすめ
・ブロックエディターをラクに使いたい
・デザインにこだわりたい

» SWELL

おすすめ④ ─ JIN(ジン)

デザイン ★★★★☆(4/5)
使いやすさ ★★★★★(5/5)
利用者の数 たいへん多い
複数サイトでの使用 OK
料金 14,800円(税込み)

有名なアフィリエイター「ひつじさん」が作ったテーマです。

・ボックス
・見出し

などのアレンジが、コーディングの知識なしで、カンタンにできるのが、うれしいところです。

ブロガーの人たちに、たいへん人気のあるテーマです。

使っている人が多いでの、なにかトラブルがあっても、すぐに対応できます。

いっぽう、利用者数がたいへん多いので、ブログの〝見た目〟がカブりやすい、というデメリットがあります。

こんな人におすすめ
・デザインの装飾を、ラクにおこないたい
・人気のあるテーマをつかいたい

» JIN(ジン)

まとめ

まとめると、

りきぞう

・テーマをカスタマイズすることで、「デザイン性」「機能性」「操作性」を向上できる
・選ぶコツは、「デザインが好き」「使いやすい」「利用者が多い」「複数のサイトで使える」の4点
・おすすめは、「SANGO」「AFFINGER5」「SWELL」「JIN」の4つ

といったかんじです。

WordPress を始める流れは、こちらでカンタンに説明しています。

WordPress テーマが決まったら、つづいて、導入すべきプラグインについて検討しましょう。

この記事が、「WordPress のテーマ選びで悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。