【比較】ブログ(ワードプレス)向けのレンタルサーバー ─ おすすめ4選【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・レンタルサーバーを利用したほうが良い理由は?
・レンタルサーバーを選ぶときのコツは?
・おすすめのレンタルサーバーは、どれ?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・レンタルサーバーをつかう理由は、時間&コストの面で、おトクだから
・選ぶコツは、「アクセス増に耐えられる」「SSL化が無料」「ワードプレスの導入がカンタン」など、3点
・おすすめは、「エックスサーバー」「mixhost」「ConoHa WING 」「カラフルボックス」の4社

※ 記事内容は、すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログ(ワードプレス)でレンタルサーバーを利用&契約する理由

サーバーとは、ネット上の「土地」です。

その場所に、あなたのデータを公開して、ほかの人たちにアクセスしてもらいます。

インターネットが普及したての頃は、自分でサーバーを組んでいました。

けれどいまは、業者さんが保有するサーバーを借りるのが、フツーです

「借りる」から、〝レンタル〟サーバーなんですね

「レンタルサーバー」「レンサバ」については、なにより、

第三者が持っているサーバーを、料金を支払い、借りている、

という認識をもっておきましょう。

で、なぜレンタルサーバーをつかう人が増えたのか

理由は、カンタンです。

自分でサーバーを組むよりもラクで、料金もかからないからです

ですので、ブログ(ワードプレス)をやる場合は、時間&料金の面からみて、レンタルサーバーを利用&契約するほうが、断然、おトクです

ブログ(ワードプレス)のレンタルサーバー ─ 選ぶときのコツ

つぎに、レンタルサーバーを選ぶときのコツを、あげていきます。

つぎの5つです。

  1. ① 「アクセス増」に耐えられる
  2. ② 「セキュリティ」がしっかりしている
  3. ③ 「SSL化」が無料
  4. ④ 「ワードプレス導入」がカンタン
  5. ⑤ 「利用者」が多い

それぞれ、みていきます。

選ぶコツ① ─ 「アクセス増」に耐えられる

サーバーごとに〝アクセスに耐えられる量〟は、決まっています。

上限を超えると、システムダウンし、ユーザーはアクセスできなくなります

その値を示すのが「転送量」です。

転送量の数値が高いほど、より多くのアクセスに耐えられます

ですので、レンタルサーバーを購入するときには、「転送量」に注目して選ぶようにしましょう。

選ぶコツ② ─ 「セキュリティ&サポート」がしっかりしている

どんなにサーバーの精度のアップしても、ハッキングのリスクは、つねにあります

当然、「セキュリティ」が高いことに、越したことはありません。

また、なにか起きたときに、しっかりサポートしてくれるのか、もポイントです。

選ぶコツ③ ─ 「SSL化」が無料

こちらも、セキュリティに関連するおはなしです。

「SSL化」とは、サイトが「通信の暗号化」(=HTTPS 化)する状態をさします

ざっくりいえば、セキュリティ面で、しっかり〝守られている〟ということ

もしあなたが、

・Chrome
・Safari

をつかっているなら、上部の「URL枠」に、「カギマーク」があるかと思います。

それが「SSL化」「通信暗号化」されている証拠です。

ハッキングのリスクが軽減されていることを、示しています。

で、この「SSL化」ですが、自分で設定するのは、かなりムズかしい。。

サーバー&ネットワークのしくみを知らないと、ほぼできません。

なので、レンタルサーバーを選ぶときには、この「SSL化」作業を、無料でやってくれるサービスを選択しましょう

選ぶコツ④ ─ 「ワードプレス導入」がカンタン

もし WordPress でブログを書こうしているなら、「自動インストール機能」がついているサービスにしましょう。

もちろん、手動でインストール作業できます。

けれど、やるとなったらフクザツで、ないより手間と時間が、かかります

時間をムダにしないためにも、「自動インストール機能」がついているサービスを、おすすめします。

選ぶコツ⑤ ─ 「利用者」が多い

利用者が多いサービスを選びましょう。

理由は、単純です。

〝なにか起きたとき〟に、Google 検索で、問題を解決しやすいから

利用者が多いと、たいていのトラブルは、利用者がブログ&SNSで発信しています

ありがたいことに、情報を共有してくれています。

また「利用者がたくさんいる」とは、そのサービスが信頼されている証拠です。

はじめてレンタルサーバーを利用するときには、安心材料になります。

ブログ(ワードプレス)のレンタルサーバー ─ おすすめ4選

では、「おすすめのレンタルサーバー」をあげていきます。

キホン、 どれも

・SSL化の無料
・ワードプレスの自動導入

に対応しています。

つぎの4つです。

  1. ① エックスサーバー
  2. ② mixhost
  3. ③ ConoHa WING
  4. ④ ColorfulBox

それぞれ、くわしくみていきます。

おすすめ① ─ エックスサーバー

月額料金 900円〜
初期費用 約3,000円
サイト運営可能数 50サイト
利用者 たいへん多い

なによりの特徴は、ユーザー数が、とても多いこと。

レンタルサーバー屋の〝老舗〟なので、しぜんと使っている人も、多くなります。

データ移行がメンドーなので、いったん、どこかのレンサバと契約すると、使いつづけるわけです。

ユーザー数が多いので、

・信頼性
・情報性

の面でも、バッチリです。

初心者の方も、安心して利用できます。

こんな人におすすめ
・安心して使いたい
・トラブルなく使いたい

» エックスサーバー

おすすめ② ─ mixhost

月額料金 880円〜
初期費用 0円
サイト運営可能数 制限なし
利用者 多い

わたしも利用しているレンタルサーバーです

ないよりの魅力は、料金が安いこと

ほかのサービスにくらべて、割安です。

同じサーバー内に、いくらでもサイト or ブログをつくれるのも、うれしいトコ。

こんな人におすすめ
・料金を安く抑えたい
・同じサーバー内で、複数のサイトを作りたい

» mixhost

おすすめ③ ─ ConoHa WING(コノハウイング)

月額料金 800円〜
初期費用 0円
サイト運営可能数 60サイト
利用者 ふつう

イチバンの特徴は、表示速度が、 バツグンに速いこと

低料金のプランでも、十分なパフォーマンスをみせてくれます

ひとつデメリットなのが、ConoHa WING は最近できたばかりのサービス、という点 ─。

そのため、利用者も少なく、なにかトラブルが起きたときの情報が少ない ─ そこが欠点です。

とはいえ、近いごろは利用者も増えており、なにかあれば情報共有がなされる状況になっています。

サポートも充実しているので、そこまで気にする必要はないかと。

コスパを考えれば、ほかのなかでイチバンかなと思います。

こんな
・低価格で使いたい
・表示速度の速いレンサバを使いたい

» ConoHa WING

おすすめ④ ─ ColorfulBox

月額料金 480円〜
初期費用 0円
サイト運営可能数 無制限
利用者 ふつう

なによりの特徴は、料金プランが8つあること

運用状況に合わせて、料金を選ぶことができます

ただし、ConoHa WING と同じく、まだできたばかりのサービスです。

表示速度もやや劣るため、初心者の人からすれば、手を出しにくいかもです。

どれくらいのデータ量をつかい、それにたいして、どれくらい料金をかければ良いのか ─

それがわかっている人なら、おトクに利用できるサービスです。

こんな人におすすめ
・自分のサイトが、どれくらいデータ量をつかうか、わかっている
・おトクに使いたい

» ColorfulBox

まとめ

まとめると、

りきぞう

・レンタルサーバーをつかう理由は、時間&コストの面で、おトクだから
・選ぶコツは、「アクセス増に耐えられる」「SSL化が無料」「ワードプレスの導入がカンタン」など、3点
・おすすめは、「エックスサーバー」「mixhost」「ConoHa WING 」「カラフルボックス」の4社

といったかんじです。

レンタルサーバーを契約したら、つぎに WordPress テーマを検討してみましょう。

この記事が、「レンタルサーバー選びで悩んでいる人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。