プログラマーって、楽しいの? 年収やキャリアについて。【経験談から】

どうも、りきぞう(@rikizoamaya)です。

これまで、予備校講師 → ウェブディレクター → ライターと、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方も、契約社員 → 正社員 → フリーランスと、ひと通り経験してきました。

日本の働く環境が変化しています。

いまや安定して稼げる職種も少なくなりました。

そのなかであいかわらず「プログラマー」は人気の職業です。

わたし自身も、予備校講師として働いたあと、WEB ディレクターと並行して、プログラマーの仕事をサポートをしていましたが、楽しく、充実していました。

これからプログラマーをめざす人を増えるかと思います。

とはいえ、

  • プログラマーって、楽しいの?
  • 年収やキャリアは、どんなかんじなの?

と、ギモンをもつ人も多いはず。

きょうは、この問いに答えていきます。

結論を先にいえば、キホン、プログラマーは楽しく、充実しています。

キャリア面でも有利です。

理由は、つぎのとおり。

  1. 収入が安定している
  2. やればやるほどスキルアップする
  3. 事業化しやすい

以下、くわしく述べていきます。

プログラマーになりたい人、検討している人は、参考にしてみてください。

プログラマーが楽しく、充実している理由

くりかえすと、プログラマーが楽しく、充実しているワケは、つぎの3点。

  1. 収入が安定している
  2. やればやるほどスキルアップする
  3. 事業化しやすい

ひとつひとつみていきます。

収入が安定している

一般的に言われているとおり、プログラマーの年収は高いです。

平均的な営業職のサラリーマンより、2〜3割以上もららのがフツーです。

なぜかといえば、技術職にくわえて、いまはどの企業もエンジニア不足で、マーケットのしくみから、人材としての価値があがっているからです。

必然的に給料・報酬も高くなります。

わたしは WEB 会社に勤めていましたが、プログラマーの方で、ビンボーな人はぼぼ皆無でした。

もちろん大金持ちというわけではありませんでしたが、お給料について不満はもらす人は、ひとりも見かけませんでした。

その意味でも、収入の面では満足していた印象です。

(もちろん、勤務時間や業務内容について、グチを述べるひとはいましたが。。)

また日本にかぎらず、世界的にみても、エンジニア不足の状態で、これから10年先もつづくとされています。

なので将来的にも、収入は下がりにくい。

むしろ日本の場合は、製造業や交通インフラなど、IT 化が進んでいない分野がたくさんあるので、プログラマーへの需要は、ますます高まっていきます。

いまよりも、報酬・給料も上がっていくでしょう。

やればやるほどスキルアップする

キホン、プログラマーは技術職なので、やればやるほど腕はあがっていきます。

ある意味で料理人と同じですね。

経験が〝ものをいう世界〟で、性別や学歴は、いっさいカンケーありません。

わたしは男性で、そこそこの学歴とキャリアもありました。

しかし、30代ではじめて IT 業務についたこともあり、ネットの知識は皆無。

そのため、20代の女性に、(ときにイライラされながら)教えてもらっていました。

(かなりやっかいな同僚だった思います。。)

わたしにかぎらず、スキルと経験がなければ、ムゲに扱われます。

逆にいえば、技能さえあれば、すぐに頼られ、職場でもかなり優遇されます。

またプログラミングスキルは、キホン独学が可能です。

もちろん、勉強したては「バグ」が発生しまくり、モチベーションを保つのがムズかしいです。

しかし、いったんプログラムが動く体験をすると、作業が楽しくなります。

そのさい、べつにスクールや、できる人に対面で教えてもらわずとも、ネット情報だけでも知識を吸収できて、スキルアップを図れます。

テキストだけでなく、動画教材もネットにあがっていますので、手順どおりにおこなえば、食べていけるくらいの基礎知識はマスターできます。

さらに、クラウドソーシングを利用すれば、(はじめは低単価ですが)案件を受注できるので、すぐに実践に応用できます。

パソコンと Wifi 環境があれば、技能を身につけられ、さらにじっさいの仕事でお金も稼げる。

こういった職業は、なかなかありません。

いまのところ、ライター・イラストレーター・動画編集者くらいでしょうか。

ちなみに、うえに述べたとおり、これからますます IT 化の流れは進むため、プログラミングスキルは求められます。

キカイに代替されるみたいなはなしもありますが、すくなくとも10年先は、陳腐化するとは考えにくいです。

(その理由は、キカイ化のコストと、人間が手を動かすコストが逆転するとは思われないからです)

将来的にも需要があるスキルを身につけられる──コレが、プログラマーが楽しく、充実する理由の2つ目です。

事業化しやすい

最後の理由が、コレです。

プログラマーの人にとって、最大の利点ではないでしょうか。

たとえば、いまは日本でも世界でも、著名な経営者は、たいていはプログラマーの経験があります。

堀江貴文さんしかり、(辞めてしまいましたが)『ZOZO』の前社長・前澤さんしかり。

『Wantedly』の仲 暁子さんなんかは、経営者にとって、プログラミングスキルはマストだと主張してるくらいですね。

それだけ、プログラミングができると、サービスをつくり、それらを事業化しやすいわけです。

その理由は、わりと単純で、ネット事業は初期費用がほぼかからないためです。

ショージキ、〝ものをつくるだけ〟なら、パソコン一台あればオーケーです。

流通させるにしても、ネット上のプラットフォームが充実しているので、よくできたサービスなら、すぐに買い手がつく環境になっています。

たとえば、パン屋さん・ラーメン屋さんと比べてたら、どれだけコストが低いか、わかりますよね。

また、飲食業など、ほかの業界にくらべて、ネット業界のパイ拡大しているので、これからも〝もの〟は売れやすくなります。

その意味でも、プログラマーは自らのサービスを事業化しやすいわけです。

コレが、プログラマーが楽しく、キャリアとしても充実している理由です。

おわりに

プログラマーが楽しく、充実している理由を述べてきました。

うえのとおり、IT 業界全体は、またまだ伸びざかりです。

なので、収入やスキルの面でみた場合は、プログラマーになるのが、ゼッタイおトクです。

さらに、いったんコツをつかんでしまえば、みずからサービスをつくり、事業化もできてしまいます。

キャリアとしても、エンジニアは有利です。

もちろん「コードをみるだけで、虫唾が走る」という人は避けるべきですが、すこし触れてみて、興味がありそうなら続けてみましょう。

1年くらい経験しただけでも、どの業界からも重宝される人材になっているはずです。

プログラマーを目指している人、検討している人は、参考にしてみてください。

ではまた〜。