レンタルサーバー『mixhost』 ─ ワードプレスをインストールする方法

どうも、リキゾーです。

これまでブログをいくつか運営してきました。

レンタルサーバーは『lolihop』をつかってきましたが、このブログをふくめて『mixhost』を利用するようになりました。

『mixhost』は、有名ブロガーさんのあいだで、人気のあるサーバーです。

たとえば、マナブさんや、寝ログさんもオススメしていますね。

さっそくわたしも利用してみようと思ったんですが、契約 & 設定がメンドーでした。

『mixhost』を使おうとしても、同じように、手こずる人がいると思います。

この記事を読めば、スムーズに作業がすすみます。

参考にしてみてください。

それでは、どうぞー。

1. 『mixhost』を設定するまえの準備

まずは準備から。

つぎのモノを用意しておきましょう。

  • 『cPanel』のユーザー名 & パスワード
  • 独自ドメイン

『cPanel』は『mixhost』の管理画面のことです。

ユーザー名 & パスワードは、契約するときにもらえます。

もし忘れている場合は、あらかじめ確認しておきましょう。

独自ドメインを設置するなら、それもひかえておきます。

2. 『mixhost』を設定する手順

大まかな流れは、[ドメインの登録 → wordpress のインストール]です。

それぞれみていきましょう。

ドメインの登録

手順はこんなかんじです。

  1. 「アドオン・ドメイン」をクリック
  2. ドメインにかんする項目を入力
  3. ドメイン登録を確認

ひとつひとつ説明していきます。

① 「アドオン・ドメイン」をクリック

『mixhost』の管理画面、『cPanel』にアクセスします。

そこで、ユーザー名 & パスワードを入力しましょう。

トップページが表示されます。

そのなかの「アドオン・ドメイン」をクリックしましょう。

② ドメインにかんする項目を入力

ドメインにかんする項目を入力していきます。

項目の内容はつぎのとおり。

項目
  • 新しいドメイン名
  • サブドメイン名
  • ドキュメントルート

「新しいドメイン名」に、自分のドメイン(独自ドメイン)を記入します。

すると、「サブドメイン名」に自動で文字列が記されます。ここはそのままで OK です。

同じく、「ドキュメントルート」も自動で文字列が記されます。

ドキュメントルートは、ブログデータが収まるフォルダ(ディレクトリ)のことです。

ここに、ブログ全体のデータが入ります。

特別な設定をしないなら、ここもそのままで OK です。

さいごに「ドメイン追加」をクリックします。

③ ドメイン登録を確認

うまく登録されたら、このような画面が表示されます。

赤線のトコをみて、自分のドメインになっているか確認しましょう。

これでドメインの登録は完了です。

wordpress のインストール

つづいて、サーバーに wordpress ファイルをインストールします。

手順はこんなかんじです。

  1. 「Softaculous Apps Installer」 → 「Wordpress」
  2. 「wordpress」にかんする項目を入力
  3. 「wordpress」情報を入力

① 「Softaculous Apps Installer」 → 「Wordpress」

『cPanel』のトップページをひらきます。

「Softaculous Apps Installer」の項目があり、そのなかの 「Wordpress」をクリックします。

すると、wordpress ファイルのインストール画面が表示されます。

概要をチェックしたら、そのなかの「Install Now」をクリックします。

② 「wordpress」にかんする項目を入力

「wordpress」にかんする項目を入力していきます。

画像のとおり、記入していくのは、つぎの3つです。

項目
  • プロトコルの選択
  • ドメインの選択
  • ディレクトリ

「プロトコルの選択」は、セキュリティを強化するため、「https://」にします。

「ドメインの選択」には、先ほど登録したドメインを入力しましょう。

「ディレクトリ」ですが、ココは注意してください。

「独自ドメイン」の URL でサイト or ブログを表示しようとしているなら、ここの項目は「空欄」にしましょう。

画像のように「wp」のままにしておくと、「https://独自ドメイン/wp」でなければ、サイト or ブログにアクセスできなくなります。

つまり、「https://独自ドメイン/wp」が、サイトの URL になってしまいます。

注意しましょう。

③ 「wordpress」情報を入力

「wordpress」のファイルデータにかんする手続きが済んだら、今度は「wordpress」のなかみについて記入してきます。

それぞれの項目は、つぎのとおり。

ポイント
  • サイト名
  • サイト説明
  • マルチサイトを有効化
  • Admin Username
  • Admin Password
  • 管理者のメルアド

どれもあとから変更できるので、神経質にならなくても OK です。

「Admin Username」「Admin Password」は、wordpress の管理画面にアクセスするときの、ユーザー名 & パスワードになります。

いったん設定したら、しっかり管理しましょう。

すべての項目を入力したら、通知用のメルアドを入力し、いちばん下にある「インストール」をクリックします。

入力したメルアドに、認証用のメールが届きます。

これで wordpress のインストールは完了です。

おつかれさまでした。

3. まとめ

『mixhost』で、ワードプレスをインストールする手順 & やり方をみてきました。

これから利用する人は、参考にしてみてください。

ではまたー。