おすすめの MacBook Air(M1) モバイルバッテリー ─ Anker 製&大容量モデル

どうも、りきぞうです。

これまで MacBook Air 用のモバイルバッテリーを、いろいろ試してきました。

・おすすめの MacBook Air モバイルバッテリーは?
・選ぶときのポイントは?
・充電容量別に最適なモバイルバッテリーを教えてほしい

きょうは、こんな問いに答えていきます。

結論は、こんなかんじ。

ポイント
・選択基準は、出力ワット数、充電容量、充電器一体型か?、の3点
・10000mAHクラスなら『CIO SMARTCOBYPRO-30W』
・20000mAHクラスなら『CIO SMARTCOBY 20000』
・充電器一体型なら『Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000』

以下、目次に沿って、みていきます。

MacBook Air モバイルバッテリーを選ぶコツ

製品をあげるまえに、モバイルバッテリーを選ぶときのコツをみていきます。

基準が明確じゃないと、どれを選んでいいか分からなるので。

ポイントは、つぎの3つです。

  • ワット数を調べる
  • 自分に合った充電容量を考える
  • 充電器一体型にするか検討する

それぞれ、みていきます。

ワット数を調べる

MacBook Air は、きほん「45W」に対応しています。

ですので、モバイルバッテリーを選ぶときには、45Wで出力するものが好ましいです。

ワット数が多いと、そのぶん給電する時間が短くなるので、充電を待つストレスがなくなります。

購入するときは、最大出力が45Wのものを選ぶようにしましょう。

自分に合った充電容量を考える

モバイルバッテリーといっても、さまざまな充電容量の製品が販売されています。

ざっくり分類すると、

・5000mAH
・10000mAH
・20000mAH

の3タイプです。

数値が高いほど、そのぶん、モバイルバッテリーのなかに電力を貯めておくことができます。

それぞれ、どれくらい充電できるかといえば、こんなかんじ。

・5000mAH → MacBook Air を0.3回分
・10000mAH → MacBook Air を0.5回分
・20000mAH → MacBook Air を1回分

また、充電容量が多いほど、モバイルバッテリーの重量も重くなります。重さの目安は、つぎのとおり。

・5000mAH → 約150g
・10000mAH → 約250g〜300g
・20000mAH → 約400g

〝モバイル〟バッテリーなので、本体の重さは、とっても重要です。

正直、300gをこえてくると、ふだんから持ち歩くのがシンドくなります。

ですので、ある程度 MacBook Air を充電したいなら、

・10000mAH

がおすすめです。

いっぽう、重量が軽くても、5000mAHでは20%〜30%ほどしか給電できません。緊急用として持ち運ぶには良いですが、ふだん使いとしてはおすすめしません。

反対に、20000mAHだと MacBook Air をフル充電できるものの、重さが300gをこえてくるのが、ふつうです。

なのでこちらは、ふだんから充電器で給電できない場所で、ガシガシPC作業する人に適したタイプといえます。

わたし自身は、充電容量と機器の重さのバランスからみて、10000mAHタイプのモバイルバッテリーを使用しています。

自分の環境に合わせて、モバイルバッテリーを選ぶようにしましょう。

「充電器一体型」にするか検討する

モバイルバッテリーになかには、充電器と一体になった製品もあります。

充電器とモバイルバッテリーが〝いっしょ〟になったことで、

・充電まわりの管理がラクになる
・持ち運びしやすい

などのメリットがあります。

いっぽう、ふたつが合わさったことで、

・充電器/モバイルバッテリー、それぞれの性能が落ちる
・デバイスそれ自体が重くなる

といったデメリットがあります。

・充電器&モバイルバッテリーを、それぞれ単体で持つか?
・充電器一体型を持つか?

は、その人の好みによるので、自分の環境に合わせたかたちで製品を選んでほしいと思います。

以上の選択基準をふまえて、

・10000mAH
・20000mAH
・充電器一体型

の3タイプに分けて、おすすめのモバイルバッテリーをピックアップしていきます。

MacBook Air モバイルバッテリー ─ 10000mAH

10000mAHだと、だいたい MacBook Air を0.5回ぶん充電できます。

フル充電はできませんが、半分ちかく給電できれば、基本的な作業はこなせます。

とくに M1 MacBook Air は電池持ちが良いでの、50%も充電できれば、だいたい5時間くらいは動いてくれます。

持ち運びの負担を考えると、個人的には、10000mAHタイプがベストだと思っています。

おすすめは、

  • SMARTCOBYPRO-30W
  • Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W
  • Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W

の3つです。

それぞれ、みていきます。

SMARTCOBYPRO-30W

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 77mm × 56mm
厚み 26mm
重さ 186g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
出力 最大30W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・最大30Wで出力する
・MacBook Air を2回〜3回充電できる
・軽量かつコンパクト
・残量をデジタルで表示

なによりの特徴は、強い給電パワーなのに、これだけの「軽さ」と「コンパクトさ」を実現したこと。

最大30Wで出力するのに、重さが186gしかありません。しかも、縦横サイズも77mm × 56mmで、厚みも26mm。

手のなかにすっぽりおさまるくらいの大きさで、ガジェットポーチに入れてもジャマになりません。

また、残量をデジタル表示してくれるので、機能面でも優れています。

10000mAHクラスのモバイルバッテリーでは、もっともおすすめしたい製品です。

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(4.5)
給電パワー
(5.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.5)

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 150mm × 69mm
厚み 15mm
重さ 212g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
入力 5V = 3A
出力 最大20W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・厚さ15mmと薄い
・最大20Wで出力する

いちばんの特徴は、その厚み。

わずか15mmしかないので、たいへん持ち運びしやすい。薄型なので、ガジェットポーチに入れてもジャマになりません。

たしかに SMARTCOBYPRO-30W には重さの面では劣っているものの、薄さにかんしては、こちらに軍配があがります。

自分のガジェットポーチと相談しながら、こちらの製品を検討してほしいなと思います。

評価
軽量性
(4.0)
機能性
(4.0)
給電パワー
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

詳しいレビューは、こちらです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W

出典:Anker

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 107mm × 52mm
厚み 27mm
重さ 194g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
入力 5V = 3A
出力 最大30W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・最大25Wで出力する
・MacBook Air を2回〜3回充電できる
・軽量かつコンパクト

いちばんの特徴は、最大出力数。

30Wまではいかないものの、25Wまで出してくれます。

たしかに、MacBook Air の充電性能を最大限いかすことはできませんが、25Wでも、ある程度すばやく給電してくれます。

価格も安定しており、バランスのとれたモバイルバッテリーです。

評価
軽量性
(4.0)
機能性
(4.0)
給電パワー
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

MacBook Air モバイルバッテリー ─ 20000mAH

20000mAHのモバイルバッテリーは、400gくらいの重さがふつうです。

400gというと、小型のスマホ2台ぶんなので、ふだん持ち歩くには、そこそこストレスがかかります。

いっぽう、20000mAHもあれば、MacBook Air をフル充電できるので、コンセントがない環境でも充電を気にせず、作業できます。

このあたりは、出先での自分の作業環境に合わせて、選択してほしいと思います。

20000mAHでおすすめのモバイルバッテリーは、つぎの2つです。

  • CIO SMARTCOBY 20000mAH
  • Anker PowerCoreⅢ 19200mAH

それぞれ、みていきます。

CIO SMARTCOBY 20000mAH

出典:CIO

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 132mm × 68mm
厚み 24mm
重さ 370g
接続方式 USB-C & USB-A
接続ポート USB-C ×1
USB-A ×2
出力 最大60W
バッテリ容量 20000mAH

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・重量をギリギリまでおさえている
・最大60Wで出力する
・残量が1%単位で分かる

いちばんの特徴は、20000mAHにもかかわらず、かぎりなく重さをおさえている点です。

ライバルの Anker PowerCoreⅢ 19200mAH が約422gなのを考えると、その差は歴然です。

ほかのメーカーとくらべても、トップクラスの軽さです。

しかも、最大60Wで出力するので、給電パワーの点でも、申し分ありません。

機能面でも、電力容量がデジタル表示され、1%単位で残量がわかります。

軽量性・パワー・機能性 ─ あらゆら点で、最高のモバイルバッテリーといえます。

評価
軽量性
(4.0)
機能性
(5.0)
給電パワー
(4.5)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

Anker PowerCoreⅢ 19200mAH

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 169mm × 79mm
厚み 22mm
重さ 約422g
接続方式 USB-C & USB-A
接続ポート USB-C ×1
USB-A ×2
出力 最大60W
バッテリ容量 19200mAH

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・最大60Wで出力する
・3台同時に給電できる
・見た目が上品

いちばんの特徴は、最大60Wで出力する点。1ポートのみの使用だと、60Wのパワーで出力してくれます。

また、USB-A ポートを1つ同時に使っても、USB-C から45Wの電力が出力されます。

そのため、ほかのデバイスを同時に給電しても、MacBook Air なら約90分で80%ほど充電されることになります。

くわえて、ポートも3つ付いているので、3台のデバイスを同時に給電できます。

たとえば、

・iPhone
・MacBook Air
・ワイヤレスイヤホン

を、いっしょに充電するなんてことも可能です。

充電器なのに、見た目が上品なのも、じみにうれしいポイントです。

評価
軽量性
(4.0)
機能性
(4.0)
給電パワー
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

詳しいレビューは、こちらです。

MacBook Air モバイルバッテリー ─ 充電器一体型

充電器一体型のメリットは、なんといっても、

充電まわりの管理のしやすいさ

です。

充電容量も給電パワーも、単体タイプにくらべて性能は落ちますが、手軽に持ち運びしたい人には、一体型が選ぶのがベターです。

おすすめは、

  • SMARTCOBY Pro PLUG
  • Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000
  • Anker PowerCore Fusion 10000

の3つです。

それぞれ、みていきます。

SMARTCOBY Pro PLUG

出典:CIO

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 79mm × 79mm
厚み 26mm
重さ 265g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
入力 5V = 3A
出力 最大30W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・最大30Wで出力する
・シボ加工で傷つきにくい

こちらは CIO さんから初めて発売された充電器一体型のモバイルバッテリー。

じつは、2022年1月の段階では、まだ販売されておらず、3月になってようやく一般消費者に手にわたるかたちです。

しかもクラファンサイトの Makuake でしか手に入らず、Amazon などで販売されるかを未定です。

にもかかわらず、スペックと機能性だけをみればすばらしく、どうしても手に持っておきたい一品です。

外観デザインも洗練されているので、すこぶる所有欲を満たしてくれるモバイルバッテリーになっています。

販売状況を定期的にチェックして、うまくゲットしてほしいなぁと思いま

評価
軽量性
(5.0)
機能性
(4.5)
給電パワー
(5.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.5)

» SMARTCOBY Pro PLUG

Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000

出典:Anker

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 78mm × 71.5mm
厚み 30mm
重さ 176g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
入力 5V = 3A
出力 最大18W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・軽量&コンパクト
・最大18Wで出力する

そもそも、充電器一体型のモバイルバッテリーを世の中に浸透させたのが、こちらの製品でした。

その意味で〝レジェンド的な製品〟といえます。

何回かアップデートをくりかえし、2021年に最新版が発売されました。

容量5000mAHなので MacBook Air を30%ほどしか充電できません。けれど、最低限のワット数で給電してくれます。

とりあえず持っておけば、損はしないモバイルバッテリーといえます。

評価
軽量性
(4.5)
機能性
(4.0)
給電パワー
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

Anker PowerCore Fusion 10000

出典:Anker

基本スペックは、こんなかんじ。

縦横サイズ 82mm × 82mm
厚み 35mm
重さ 278g
接続方式 USB-C × 1
USB-A × 1
入力 5V = 3A
出力 最大20W

特徴は、つぎのとおり。

特徴
・iPhone を2回〜3回充電できる
・最大20Wで出力する

こちらは、先ほどあげた Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000 の10000mAHタイプのモノです。

容量を倍にすることで、スマホだけでなく、ノートPCも充電できるよう作れられました。

給電パワーや機能面は〝御の字〟なんですが、いかんせん重さが気になります。

278g もあり、充電器一体型のモバイルバッテリーにしても、けっこうずっしりきます。

持ち運ぶ機会が多い人は、とりあえずは Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000 を手にするのが良いじゃないかなぁと思います。

評価
軽量性
(3.5)
機能性
(4.0)
給電パワー
(4.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

おわりに

MacBook Air におすすめのモバイルバッテリーをみてきました。

まとめると、こんなかんじ。

ポイント
・選択基準は、出力ワット数、充電容量、充電器一体型か?、の3点
・10000mAHクラスなら『CIO SMARTCOBYPRO-30W』
・20000mAHクラスなら『CIO SMARTCOBY 20000』
・充電器一体型なら『Anker PowerCoreⅢ Fusion 5000』

この記事が MacBook Air のモバイルバッテリーを探している人の参考になれば、うれしいです。

では、また。