海外文学 ─ おすすめの本・古典 まとめ

どうも、りきぞうです。

大学のころから、文学に親しんできました。

大学院時代は、人文社会系にすすみ、海外の古典文学を、片っぱしから読んでいきました。

同じように、海外文学に、ふれてみようかぁと思っている人も多いかと。

とはいえ、

・読むべき古典・名著って、どれくらいあるの?
・たくさんあって、どれから目を通せば良いのか、わからない
・とくにおすすめの作品は、どれ?

─ こんな悩み&疑問をいだく人も多いはず。

答えは、つぎのとおり。

りきぞう

読むべき、古典・名著は、全部で「約20作品」
年代順に読んでいくと、世界文学の流れが、よくつかめる
時間がない人は、『オデュッセイア』『ハムレット』『ドン・キホーテ』『カラマーゾフの兄弟』の4冊がおすすめ

古典とはいえ、その作品は、膨大です。

そのなかでも、個人的におすすめな本を「20冊」ほどピックアップしてみます。

一覧をあげると、こんなかんじ。

・???『ギルガメッシュ叙事詩』
・ホメロス『オデュッセイア』
・オウィディウス『変身物語』
・ダンテ『神曲』
・ボッカチオ『デカメロン』
・シェイクスピア『ハムレット』
・セルバンテス『ドン・キホーテ』
・スウィフト『ガリヴァー旅行記』
・ジェイン・オースティン『高慢と偏見』
・エミリー・ブロンデ『嵐が丘』
・バルザック『ゴリオ爺さん』
・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』
・メルヴィル『白鯨』
・フローベール『ボヴァリー夫人』
・トルストイ『戦争と平和』
・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』
・チェーホフ『かもめ』
・プルースト『失われた時を求めて』
・カフカ『変身』
・ガルシア=マルケス『百年の孤独』

リストアップした作品にふれておけば、海外文学の古典は、ある程度カバーできます。

そのうえで、年代順にくだりながら読めば、全体の流れが把握できます。

とはいえ、時間がない人は、

・ホメロス『オデュッセイア』
・シェイクスピア『ハムレット』
・セルバンテス『ドン・キホーテ』
・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

の4冊に目を通すのが良いです。

文学作品はもちろん、ほかの芸術作品にも影響をあたえたからです。

以下、目次にそって、[著者 → あらすじ]をあげつつ、みていきます。

海外文学の古典を読むうえで、参考にしてみてください。

※ ちなみに、ほとんどはヨーロッパの作品からピックアップしました。今後、中東・中国からもリストに取りいれる予定です。()

???『ギルガメッシュ叙事詩』

成立年 BC.2000年ごろ?
構成 12枚の書版

著者

具体的な著者は、わかっていません。

世界最古の文学作品とされます。

最古の写本は、BC.1000年ごろに書き写された「シュメール語版ギルガメシュ諸伝承」です。

BC.2000年〜BC.3000年のあいだに、文字化されていたと考えられますが、オリジナルは残っていません。

テキスト化以前は「口承」で伝わっていたとされます。

12枚の書版から構成されます。

あらすじ

ウルク市の王「ギルガメシュ」は、英雄であると同時に暴君でもあった。

横暴さに困り果てた住人たちは、天神「アヌ」に訴える。

アヌは、女神「アルル」に、ギルガメシュのライバルをつくり出すように命じる。

粘土から「エンキドゥ」をつくり、荒野にそえた。

さいしょ、みずからの使命に気づいていないエンキドゥだったが、巫女から「ギルガメシュ」のことを聞かされる。

「仲間になれる」と思ったエンキドゥは、市街地・ウルクに向かう。

同じ時期、夢でエンキドゥがやってくることを知るギルガメッシュ ─ 。

ふたりは、じかに会うまえから、お互いを意識する。

しかし、向かう途中、ギルガメシュが「他国の花嫁を奪った」というはなしをを耳にする。

その暴挙に怒りをあらわにしたエンキドゥは、ギルガメッシュに会った瞬間に、闘いを挑む。

結果は、五分五分。

争うなかで、お互いの力を認める、ギルガメシュとエンキドゥだったが……

ひとこと

4000年以上まえのはなしと思えないくらい、ストーリーがしっかりした作品です。

「夢」「使命」「ライバル」「冒険」など、ひとむかしの少年ジャンプをみているような、おもしろさがあります。

さらに後半になると、ギルガメシュ/エンキドゥの運命が分かれていき、そこも見どころになっています。

分量もほどよく、2日もあれば、読了できます。

ぜひ世界最古の文学作品を、堪能してほしいと思います。

ホメロス『オデュッセイア』

成立年 BC.800年ごろ?
構成 全24歌

著者

著者は、ギリシャ詩人「ホメロス」です。

とはいえ、ひとり実在したのか、複数の人物が順々で名乗っていったのか、はっきりしていません。

さいきんでは、前者の「実在説」が、有力だそうです。

『オデュッセイア』は『イリアス』の続編にあたります。

どちらも、BC.800年ごろに成立したとされています。

長編の叙事詩では、古代ギリシアで、もっとも古い文学作品です。

あらすじ

トロイア戦争に参加した英雄「オデュッセウス」は、みずからの策で、トロイアを滅ぼすことに成功する。

しかし、滅亡させたことで、神々の怒りにふれたかれは、故郷「イタケ」に帰ることが許されない。

いっぽう故国では、オデュッセウスの妻と、むすこ「テレマコス」が、無法者の手にかかり、危機に陥っていた。

一刻もはやく、帰還が望まれるオデュッセイア ─ 。

しかし、神々の試練 or ワナにより、帰ろうにも、帰れない。

それでも、みずからの智謀を発揮し、障害をのりこえていくが……

ひとこと

個人的には、『イリアス』より断然おもしろいです。

『イリアス』では、トロイア戦争の背景&展開をあつかいます。

戦争シーンは迫力がありますが、それまでの人物関係・事件までのあらましが長く、かなり退屈です。

いっぽう『オデュッセイア』は、トロイア戦争の参謀「オデュッセウス」の冒険譚となっています。

ストーリー展開が早く、先が知りたくて、ついついページをめくってしまいまうす。

また、かれが危機をのりこえるさいのふるまいは、わたしたちが生きるうえでも、学ぶトコがたくさんあります。

ヨーロッパの創作家・思想家が、なにかと引用 or アレンジするのも、わかるような気がします。

オウィディウス『変身物語』

成立年 AD.10年ごろ
構成 全15巻

著者

著者は、オウィディウス。

古代ローマ人で、BC.43年〜AD.17年ごろに生きた人です。

ローマ初代皇帝「アウグストゥス」の支援のもと、『愛の歌』『恋の技法』など、さまざまな詩をつくりました。

本書『変身物語』も、そのひとつです。

叙事詩の形式で詠まれた、物語作品です。

構成は、全15巻。

ギリシア・ローマ神話の登場人物たちが、

・動物
・植物
・鉱物
・星座

などに変身 ─ 。

それぞれのエピソードを集めた、おはなしになっています。

あらすじ

作者みずから、顔を出し、

・ギリシャ神話における天地創造

・大洪水

・月桂樹になったダプネ

テーベの建国

の順番で、ギリシャ・ローマ神話の「変身譚」を語っていく。

冒険・男女の愛憎・殺人事件など、人間と変わらない神々が、さまざまな悲劇/喜劇をくりかえす。

ひとこと

ギリシャ神話は名まえ or 時代背景を読みとるのがムズかしいです。

けれど『変身物語』は、前提知識がなくても、そのままで読みすすめることができます。

というのも、どのエピソードも、エンタメ性が高く、それ自体のストーリーで、楽しめるからです。

つながりはありますが、キホン「1話完結」なので、短編小説のように味わえます。

ダンテ『神曲』

成立年 1300年ごろ
構成 全3部

著者

著者は、ダンテ。

都市国家「フィレンツェ」の詩人・哲学者で、1265年〜 1321年ごろに生きた人です。

ルネサンス文化の先駆者とも言われています。

本書『神曲』は、

・地獄篇
・煉獄篇
・天獄篇

の3部構成。

古代ローマの詩人「ウェルギリウス」と導かれて、主人公「ダンテ」が、[地獄(Inferno) → 煉獄(Purgatorio) → 天国(Paradiso)]を渡り歩く内容になっています。

創作の背景には、ダンテが幼少期に出会い、24歳で早死した「ベアトリーチェ」の存在があります。

かのじょへの絶対賛美から、『神曲』はつくられた、とされます。

あらすじ

ユリウス暦1300年の聖金曜日(=復活祭前の金曜日)。

森に迷い込んだ「ダンテ」は、古代ローマの詩人「ウェルギリウス」に出会う。

かれに導かれて、[地獄 → 煉獄 → 天国]と、彼岸の世界を巡っていく。

それぞれの階層では、ギリシャ神話&聖書&歴史上の人物が、登場。

現世でのふるまいに合わせて、おのおの、あつかいをうけている。

たとえば、

・肉欲の罪を犯した「ヘレナ」と「パリス」
・恋ゆえに死地にむかった「アキレウス」
・みだらな婦人「クレオパトラ」

かれらは「地獄の階層」で、「肉欲の罪」により、暴風にさらされている。

地獄に堕ちた人物をみたのち、ウェルギリウスは「煉獄山」へ連れていく。

山を登るにつれて、ダンテ自身の罪が清められ、清浄な精神をとりもどす。

山頂にたどりつくと、ウェルギリウスと別れる。

同時に、淑女「ベアトリーチェ」と再会し、かのじょの導きで天界へと登っていく……

ひとこと

かなり壮大な物語です。

とはいえ、ショージキ、すべて読み通すのは、かなりシンドイです。

とくに、煉獄篇の中盤あたりから、ストーリーが〝一辺倒〟になり、飽きが出てきます。

いっぽう「地獄篇」は、神話&歴史上の人物が、たくさん登場 ─ 。

なじみのある人物が、あの世で、どんなあつかうを受けているのか ─ ダンテなりの解釈が入っていて、かなり楽しめます。

個人的には、地獄篇を読んで、それなりに満足したら、『神曲』を離れて良いかなぁと思います。

ポッカチオ『デカメロン』

成立年 1350年ごろ
構成 全100話

著者

著者は、ジョヴァンニ・ボッカッチョ。

中世フィレンツェの詩人・散文作家で、1313年〜1375年に生きた人です。

幼少期からダンテ作品に親しみ、かれの影響を受けて、創作活動をおこなったとされます。

じつは、ダンテ『神曲』は、はじめ「戯曲(Commedia)」というタイトルでした。

それに「神聖なる(Divina)」の付け、『神曲(La Divina Commedia)』の名を定着させたのはボッカッチョです。

本書『デカメロン』も、『神曲』の影響を受けています。

後年の人から、ダンテの『神曲』に対して、『人曲』とも呼ばれたりします。

ダンテは「あの世」をあつかいましたが、ポッカチオは「この世」─ わたしたちが生きる悲喜こもごもを描いたからです。

「デカメロン」とは「十日物語」の意味。

ポッカチオが生きた1348年に、ペストが大流行。

感染を逃れるため、男3人+女7人が、フィレンツェ郊外の山荘にこもる。

退屈しのぎため、ちょっとした小話をするというかたちで、おはなしがスタートします。

10人が10話ずつ語り、全100話から構成されます。

あらすじ

10日間、10人が、それぞれ小話を語っていく。

1日ごとにテーマが決められ、語り手は、それに合わせて話していく。

具体的なテーマは、つぎのとおり。

・自由テーマ
・苦難のあと、成功 or 幸福を得た人物
・熱望したもの or 失ったものを手に入れた人物
・不幸な恋人たち
・不幸のあと、幸福で出会った恋人たち
・うまい返答で、危機を脱した人物
・夫をだました妻
・お互いにだます男女
・自由テーマ
・気高く、寛大にふるまった人物

ひとこと

はなしの設定が、「ペストから逃れ、引きこもる山荘で語り合う」ということで、「コロナ時代」のいま、ふたたび注目されはじめた作品です。

とはいえ、内容をみれば、そこまでペストにまつわるはなし、というわけではありません。

どちらかといえば、恋愛 or 結婚など、男女の愛憎を描いたものが、多いです。

片意地はらずに、気楽に読むのが、おすすめです。

キホン、1話完結なので、短編小説のように味わうのがベターです。

シェイクスピア『ハムレット』

成立年 1600年〜1602年ごろ
構成 全5幕

著者

イギリスの劇作家・詩人で、1564年〜1616年に生きた人です。

戯曲ながらも、するどい心理描写で、英文学の土台を築きました。

あらすじ

デンマークの王子「ハムレット」 ─ 。

亡き父王の亡霊があらわれ、みずからの死因が「おじの策略」によるものだ、と告げられる。

復讐を果たすため、おじのまえで、かれは狂人を演じる。

しかし内向的で道徳心のつよいかれは、恨みをはらすため、ほんとうに「おじを殺害するのか」悩み、苦しむ。

いっぽう、かれの変わり果てたすがたをみた、恋人「オフィーリア」も、正気を失っていき……

ひとこと

シェイクスピア「4大悲劇」のうちの1つです。

悩み、苦しむときに出たセリフ「To be, or not to be」は、あまりに有名ですね。

ハムレットの〝モンモンぶり〟もさることながら、個人的には、恋人「オーフィリア」の〝狂いっぷり〟のほうが、すさまじい気がします。

分量もほどよく、2、3日あれば、読めてしまえます。

セルバンテス『ドン・キホーテ』

成立年 前編:1605年
後編:1615年
構成 前編:全45章
後編:全74章

著者

スペインの作家で、1547年〜1616年に生きた人です。

下級貴族の次男として生まれました。

青年のころに、スペイン海軍に入隊し、『レパントの海戦』(1571年)に参加しました。

かれの人生は、スペイン帝国の衰退期とかさなり、作品にも反映されている、といわれます。

あらすじ

「騎士道物語」を読みすぎた「50すぎのオジさん」 ─ 。

みずからを、ストーリーに登場する「騎士」と思いこむ。

妄想を抱いたまま、従士「サンチョ・パンサ」をつれて、スペイン各地を放浪 ─ 。

思い込みが災いして、出会う人びと、さまざな騒動を起こしていく。

ひとこと

『ドン・キホーテ』は、1605 年に前編が、1615 年に後編が出版されました。

冒険小説ですが、ただの「ロードストーリー」ではありません。

「小説のスタイルを確立した」と言われるほど、重要な作品です。

・ト書きの描写
・セリフまわし

など、いまではあたりまえになっている形式が、本作に詰め込まれています。

「本を読みすぎて、自分が「騎士」だと思いこむ」なんて聞くと、バカバカしいように思えます。

とはいえ、よくよく考えてみると、わたしたちは「なにかを思いこんで」生きています。

宗教・家族・制度など、なにかを信じていないと、生きていけないからです。

そんな人間の「性(さが)」を指摘した作品として、読み継がれています。

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』

出版年 1813年
目次 全61章

著者

イギリスの作家で、1775 年〜1817 年に生きた女性です。

牧師の子どもして生まれ、『サウサンプトン』や『チョートン』などの田舎・郊外で、生涯を穏やかに過ごしました。

ほかの作家さんと異なり、波乱万丈の人生ではありません。

そんなライフスタイルを反映するように、かのじょの作品には、コレといった事件は起きません。

けれど、全作をつうじて、機知・皮肉・するどい人間描写であふれています。

あらすじ

ベネット家には、未婚のむすめが5人。

資産もないため、母親は、お金もちの相手と結婚させようといそぐ。

そんなとき、ちかくの邸宅に、資産家の「ビングリー」がやってくる。

チャンスとばかりに、むすめとのつながりをもたせる母。

期待どおり、長女ジェインと、ビングリーは惹かれあう。

いっぽう、ビングリーの友人・ダーシーにたいしては、母も、次女エリザベスも〝最悪の印象〟をもつ。

同じく資産家だが、エラソーで、愛想がなく、身分の低い相手をさげすむ ─ 。

さらに、ダーシーのわるいウワサを耳にするエリザベスは、ダーシーを「高慢なヤツ」とみなす。

けれど、ダーシーのほうは、エリザベスに惹かれ、告白 ─ 。

おどろくエリザベスだったが、高慢とみなす相手のプロポーズをことわる。

しかしその後、ダーシーにたいする印象・判断を〝くつがえす〟ようなできごとが、つぎつぎ起こり……。

ひとこと

メインテーマは、認知と錯誤です。

恋愛小説のカタチをとっていますが、

ひとの判断は、どれほど〝いいかげん〟で、いかに思いこみに支配されるか

というコトをあつかいます。

文体はカンタンなのに、あつかうテーマは深い。

古典にふさわしい作品です。

分量ですが、全部で61章あります。

長さもほどほどで、ちょうどいいです。

エミリーブロンデ『嵐が丘』

出版年 1830年
構成 全34章

著者

イギリスの作家で、1818年〜1848年に生きた人です。

『ジェーン・エア』で有名なシャーロットは、かのじょの姉です。

本作『嵐が丘』は、生前唯一の作品です。

あらすじ

1801年、青年「ロックウッド」は、いなか町「スラッシュクロス」の屋敷に移り住むことに。

引っ越してきた初日、挨拶のために、近隣の邸宅にすむ「嵐が丘」をたずねる。

そこで、

・館の主人「ヒースクリフ」
・若い婦人「キャサリン・リントン」
・召使い風の男「ヘアトン」

と出会う。

奇妙な3人は、かれのまえで、どうどうと悪口を言いあう。

興味をいだく「ロックウッド」は、3人の過去を、女中「エレン(ネリー)」から聞きだす。

そこには、ヒースクリフと、館にまつわる愛憎・復讐の物語があり……

ひとこと

2つの「家」をめぐる愛と憎しみのおはなしです。

ヒースクリフの〝悪人っぷり〟は、筋金入りです。

読んだあと、げんなりします(笑)

個人的には、ドストエフスキー『悪霊』の「スタヴローギン」と並んで、トップクラスで「イヤな奴」です。

いい気分はしませんが、先が気になり、ついついページをめくってしまいます。

バルザック『ゴリオ爺さん』

出版年 1835年
構成 第1章 ヴォケール館
第2章 社交界デビュー
第3章 トロンプ=ラ=モール/死神の手を免れた男
第4章 爺さんの死

著者

バルザックは、近代ヨーロッパ期の人物。

1800年代、フランスのパリ&郊外を舞台にした、小説を書きました。

『人間喜劇』と称して、世の中に存在する、あらゆる「人物」「場面」「思想」を描くことに生涯をささげました。

短編・長編をあわせて、約90作品を執筆しました。

本作『ゴリオ爺さん』も、そのうちのひとつです。

いきおいのある文体で、ぐいぐい読み手を引っぱっていきます。

あらすじ

下宿アパート「ヴォルケール館」にくらす住人たち ─ 。

大学生「ラスチニャック」は、パリで成り上がりを目指す若者。

いっぽう、小汚いオヤジ「ゴリオ」は、商売で稼いだ金を、すべて2人のむすめにつぎ込んでいる。

しかし、社交界に生きる姉妹は、父親をむげにあつかいます。

それでも、自分の生活レベルを落としてまで、ゴリオは、社交界で生きる娘たちに、お金を渡しつづける。

そんななか、ラスチニャックは、ゴリオのむすめ「デルフィーヌ」と知りあう。

出世の階段をあがるため、夫人と愛人関係をむすびます。

いっぽう、40過ぎの住人「ヴォートラン」から、たんまり持参金の入る、結婚ばなしをもちかけられる。

しかしそれは、どこか詐欺まがいで、犯罪のニオイが。

地位向上のため、ラスチニャックは、どちらを選択すべきか、アタマを悩まし……

ひとこと

見どころは、

・出世に悩む、ラスチニャックの葛藤

・過剰にむすめを保護する、ゴリオの狂気

─ 。

いっぽう、ラスチニャックの良心をゆさぶる、悪役「ヴォートラン」も、魅力的。

かれは、本作の第2部『幻滅』でキーパーソンになります。

個人的には『幻滅』のほうが、圧倒的におもしろいです。

『ゴリオ〜』を読んだら、こちらも手にしてほしいです。

ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』

出版年 1850年
目次 全64章

著者

イギリスの作家で、1812〜1870年に生きた人です。

イギリスでは「国民作家」としてとおり、主著『オリバー・ツイスト』『二都物語』『大いなる遺産』は、何度も映画化されています。

文体もさることながら、ストーリー構成がすばらしく、いったん読んだら、抜け出せない ─ それがディケンズの魅力です。

あらすじ

シングルマザーのもとで生まれた「コパフィールド」。

女中「ペゴディー」と母親といっしょに生活をおくる。

父は、生まれる直前に亡くなっていた。

しばらくして、夫のいない寂しさから、母親は、マードストンという男と再婚する。

しかし、強権的かつ暴力的な夫をまえに、母も、コパフィールドも、苦しい生活を強いられる。

結果、精神を病んだ母親は亡くなり、コパフィールドは「孤児」の身になる。

それにともない、マードストンの口利きで、炭坑現場へと出稼ぎにおくられる。

けれどあまりの辛さから強制労働の仕事場から抜けだし、いまではただひとりの身内である伯母「ベッチィ」のもとにすがりつく。

コパフィールドも、死んだかれの両親に、良い印象をもっていないベッチィ ─ 。

しかし、ボロ切れ一枚でやってきた甥っ子のまえに同情したかのじょは、養子として引きとることに。

身なりを整え、カンタベリー近くの学校へ入学させる。

下宿先には、弁護士「ウィックフィールド」を住居をえらぶ。

そこには、弁護士のむすめ「アグネス」も同居していた。

同じ年代の少年少女ということで、以後、強い信頼関係で結ばれる。

いっぽう、父親の弁護士のもとには、事務員「ヒープ」が働いていた。

みずからをさげすみ、遠慮がちにふるまっているが、ひそかに弁護士の事務所と、むすめのアグネスをねらっていて……

ひとこと

文庫本で5冊分。

とっても長い物語です。

あらすじは、うえのとおりですが、それでも2巻のはじめまでしかのべていません。

以後、アグネス/ヒープが、善悪のキャラとしてすえられ、おはなしがすすんでいきます。

くわえて、

・同級生「スティアフォース」
・ペゴディーの兄「ミスター・ペゴディー」
・薄幸の夫婦「ミコーバー夫妻」

との関わりが挿入され、物語がフクザツに展開していきます。

めちゃくちゃ長い小説ながら、ディケンズが得意とする〝見事なプロットの展開〟から、
ついつい先を読みすすめてしまいます。

「長いために、退屈」なんてことは、まずありません。

ちなみに本作は、ディケンズ自身の自伝的な要がつよく、ところどころ本人が体験したエピソードが登場します。

そのために、みょうにリアリティがあり、これが本作の魅力にもなっています。

メルヴィル『白鯨』

出版年 1851年
構成 全3巻

著者

アメリカの作家で、1819年〜1891年に生きた人です。

1840年、捕鯨船「アクシュネット号」の乗組員となり、太平洋へむけて出港 ─ 。

きびしい航海は、1843年までつづきます。

この体験をもとに、本作『白鯨』は執筆されました。

あらすじ

19世紀後半、アメリカの船団は、世界の海洋で、積極的に捕鯨をおこなっていた。

大捕鯨基地・アメリカ東部「ナンタケット」にやってきた「イシュメイル」 ─ 。

港の宿で出会った「クイークェグ」ともに、捕鯨船「ピークォド号」に乗りこみ、海に出る。

出航のあと、船長「エイハブ」と出会う。

かれは「モビィ・ディック」というあだ名の白いマッコウクジラに片足を食いちぎられ、鯨骨製の義足をつけていた。

船長は、白鯨・モビィ・ディックを「悪魔の化身」とみなし、復讐を果たそうと、執念を燃やしていた。

かれの狂気は、「スターバック」「スタッブ「「ラスク」など、ほかの船員にも伝染し、船全体には〝妙な雰囲気〟が漂っていた。

数年にわたる航海のあと、船団は日本の沖合いで、宿敵「モビィ・ディック」と遭遇 ─ 死闘のすえ、エイハブは海にひきづりこまれ、ピークォド号も沈没し……

ひとこと

あらすじだけわかりやすいですが、はなしの展開もフクザツで、言い回しも難解です。

じっさい、生前、本作はまったく評価されませんでした。

しかし1930年代以降、再評価がおこります。

「白鯨」の象徴性などが議論され、ちょっとしたブームになります。

いったいなにをあらわしているのか ─ 一度読んだだけだと、よくわからないかもです。

けれど、解説を読みつつ、再度すると、本作の魅力が、だんたんと理解できるようになります。

フローベール『ボヴァリー夫人』

出版年 1857年
構成 全3部

著者

著者は、フランスの作家で、1821年〜1880 年に生きた人です。

外科医の子どもとして生まれ、青年期はパリ大学に入り、法律を勉強しました。

その後、病をキッカケに、隠遁生活に入り、執筆活動をスタートします。さらに、複数の海外旅行をはさみ、4年半かけて『ボヴァリー夫人』を書きあげることになります。

その後、1856年10月〜12月のあいだに『パリ評論』に掲載のあと、翌 1857 年に1冊の本として刊行されます。

文芸誌にのったあと、「風紀紊乱」の罪で起訴されましたが無罪におわりました。この裁判がキッカケで、『ボヴァリー夫人』が注目、ベストセラーとなりました。

あらすじ

田舎で結婚生活をおくる「エマ・ボヴァリー」が主人公。

平凡な毎日から、倦怠(退屈)に苦しみ、華やかな世界にあこがれる。

そのキモチがわざわいして「不倫」「借金」に追いこまれ、服毒自殺によって人生を終える。

それなりの恋愛を経て、結婚した「エンマ」 ─ 。

あまりの「退屈さ」から、ここにはない理想の生活をもとめて、つぎつぎ結婚相手を変えていく。

しかし「倦怠」は解消されない。

エンマがさいごになってとった行動は……

ひとこと

ありきたりなストーリーながら、

・たくみな自然描写

によって、読者をぐいぐいひきつけます。

さいしょは「言いまわしが、まどろっこしいなぁ」と感じるかもです。

とはいえ、ふしぎとそれがクセになり、さきを追わずにはいられない ─ そんな作品です。

3回ほど読みましたが、再読のほうが、表現・言葉づがいがじっくり味わえて、より楽しめます。

一度読んだ人も、日をおいて、ながめると違った発見があります。

ちなみに、わたしは「伊吹訳」(岩波文庫)で読みました。

文体がカンケツで、すらすら読めます。

いまなら、最新の「芳川訳」(新潮文庫)もアクセスしやすいです。

こちらも読みやすい文章にしあがっています。

トルストイ『戦争と平和』

出版年 1869年
構成 全4巻

著者

ロシアの作家で、1828〜1910年に生きた人です。

『アンナ・カレーニナ』『復活』など残し、ロシア文学の土台を築き上げました。

後年は、非暴力主義者として、政治活動にも尽力しました。

あらすじ

1805年7月、ロシアは、イギリス・オーストリア・神聖ローマ帝国と手をむすび、ナポレオンひきいるフランスに対抗 ─ ナポレオンとの戦争は、間近にせまっていた。

そんななか、旧知の仲である「ピエール」と「アンドレイ」の身にも、さまざな事件が起きようとしていた。

お人好しの貴族「ピエール」には、亡くなった叔父から莫大な遺産が入る。

いっぽう、リアリストの貴族「アンドレイ」には、フランス遠征への要請・通達が届く。

ナポレオン戦争をつうじて、ふたりの運命は、目まぐるしく変わっていき……

ひとこと

トルストイ初期〜中期の作品です。

いわずとしれた長編小説で、説明は不要かもです。

「文庫4冊分」と分量は多めながら、ストーリーテンポがよく、あっというまに読めてしまいます。

なにより戦地における、アンドレイの心理描写がすばらしく、一度読んだら、忘れられない。

性格がことなるふたりが、どんな運命を歩むのか ─ 大河小説の原点だけあって、読む人を引き離さない内容になっています。

中毒性でいえば、トップクラスですね。

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

出版年 1888年
構成 全4部

著者

著者は、ドストエフスキー。

ロシアの作家で、1821年〜1881年に生きた人です。

本書は、ドストエフスキー後期の小説。

文句なしに、かれのベスト作品です。

あらすじ

・ミーチャ
・イワン
・アリョーシャ

の3兄弟をめぐる物語。

かれら父親の殺害を軸に、物語が展開していきます。

ひとこと

・テーマ
・プロット
・キャラクター
・セリフまわし

など、小説をおりなす要素が、みごとに調和し、一大巨編をきずいています。

ショージキ、『カラマーゾフの兄弟』を読むと、ほかの小説が〝かすんで〟みえてしまうほどです。

個人的にも、500作品以上読んできたなかで、トップ5にはかならず入ります。

文庫4冊分と分量もけっこうあります。

ですが、のってくると、一気に読めてしまえます。

こちらもまずは、思想・哲学などを考えずに、ひとつのミステリーとして読むのが、楽しむコツです。

チェーホフ『かもめ』

出版年 1896年
構成 全4幕

著者

著者は、チェーホフ。

ロシアの作家で、1860年〜1901年に生きた人です。

無数の短編小説を書きました。

いっぽうで、いくつか戯曲も残しています。

本書は、チェーホフ・4大喜劇とされ、かれの代表作でもあります。

ひとこと

チェーホフ中期〜後期の作品です。

うえ3つは短編ですが、こちらは戯曲となります。

小説と同じように、とぎすまされた言葉で、たんたんとストーリーを引っぱっていきます。

・作家志望の青年「トレープレフ」
・かれの恋人で女優志望「ニーナ」

のゆくえを描きます。

ほかの短編と同じく、たいした事件・出来事はおこりません。

けれど、わずかなセリフで、トレープレフ&ニーナの葛藤を、たんたんと表現します。

なんともいえない笑いどころ&セリフをあって、「くすっ」とさせられます。

笑いと失望が、うまく調和させるのが、チェーホフの魅力です

プルースト『失われた時を求めて』

出版年 1913年
構成 全7編

著者

著者は、フランスの作家で、1871 年〜1922 年に生きた人です。

裕福な医者の子どもとして生まれ、青年期にはパリ大学で、法律と哲学を学びました。

お金もちの家庭から、職には就かず、社交生活をくりかえしました。

『失われた時を求めて』は、30代後半から、(死ぬまえの)51歳まで書かれました。

ひとこと

『失われた時を求めて』は、30代後半から、(死ぬまえの)51歳まで書かれました。

最近の翻訳では、文庫本で「14冊」の分量にのぼります。

めちゃくちゃ長いですね。

挫折せずに読むポイントは、さいしょから順々に進まないことです。

かなりの確率で、挫折します(笑)

というのも、ふつうの小説とちがって、ストーリー性を重視していないからです。

どちらかといえば、主人公「私」が、さまざま現象・出来事にふれて、思考・考察していくエッセイにちかいです。

なので、物語として読むと、退屈になって、投げ出してしまいます。

そのため、『失われた時〜』のポイント&チャプターをあらかじめ把握してから、手にとるのがベターです。

一応、2回読みとおした経験からいえば、

[2 → 4 → 7 → 10]

の順で進むのが良いです。

まず2篇ですが、こちらは「私」ではなく、知人「スワン」が主人公となっています。

『失われた時〜』は、キホン、「一人称小説」です。

いっぽうこちらは「スワン」の恋模様を、第三者目線で描いています。

つまり第2篇だけは、「三人称小説」なわけです。

そのため、ほかのチャプターにくらべて、ぐっと読みやすくなっています。

ここで『失われた時〜』のテーマ・モチーフにふれておくと、あとのはなしが、アタマに入りやすくなってきます。

つぎに、第4篇です。

こちらは、主人公「私」が、失恋したあと、リゾート地で、あらたな恋に出会うおはなしです。

あの『失われた時〜』独特の、〝一人称目線〟の記述がつづいていきます。

主人公「私」が出会う出来事が描写され、それにたいする思考・考察が、つぎつぎ展開される ─ 『失われた時〜』を読むさいの挫折ポイントはここにあります。

この記述スタイルに慣れないと、本を投げ出すことになります。

とはいえ第4篇では、「リゾート地での恋」ということで、はなしがとっつきやすい。

また、ほかのチャプターにくらべて、文章構造がフクザツではないので、あるていどすらすら読んでいけます。

くわえて、

・友人「サン=ルー」
・未来の恋人「アルベルチーヌ」
・画家「エルスチール」

などなど、その後のストーリーでキーとなる人物たちと出会うシーンでもあります。

なので第2篇を読んだあとは、すぐさま第4篇にすすむのが良いと思います。

ショージキ、この第4篇だけでも、『失われた時〜』のオリジナリティを十分に体験できます。

その後は、有名な第6篇『消え去ったアルベルチーヌ』を読んだあとに、ラストの『見出された時』でしめると良いかなぁと。

カフカ『変身』

出版年 1915年
構成 全3章

著者

著者は、プラハの作家で、1883 年〜 1924 年に生きた人です。

プラハ出身ですが、チェコ語ではなく、ドイツ語で作品を発表しました。

商人の子どもとして生まれ、青年期は、プラハ大学で、哲学・化学・法学を学びました。

保険会社に勤めるいっぽうで、『変身』や『観察』などの短編集をのこしました。

あらすじ

りとりの青年が、朝に目覚めたら、虫(≒ ゴキブリ)になっていた。

それまで自分を頼りに慕ってくれた、妹・父などの家族は、はっきりとした嫌悪感をしめす。

家庭内で虐げるばかりではなく、他人とも合わせないようにして……

ひとこと

あらすじはすでに知っているかもですね。

ちょっとまえまでは「不条理小説」なんてカッコよく言われていました。

けれどなんてことはありません。

・不登校の生徒
・介護で寝たきりの老人

など、家庭内での〝厄介もの〟を、暗に示しているわけです。

不条理でもなんでもなく、リアリズムに徹したおはなしです。

カフカというと、ムズかしいイメージがありますが、おとなの寓話としてみると、ふつうに楽しめます。

ちなみにわたしは、「丘沢訳」で読みました。

ガルシア=マルケス『百年の孤独』

執筆年 1967年
構成 全23章

著者

著者は、ガルシア=マルケス。

コロンビアの作家で、 1928年〜2014年に生きた人です。

「マジック・リアリズム」という手法を駆使して、神話とも小説ともいえない物語を展開しました。

本書『百年の孤独』は世界中でヒット。

以降、先進国を中心に「南米文学ブーム」が起こります。

あらすじ

コロンビアのコミュニティ。

そこでは近親相姦がつづいていたので、「豚のしっぽ」のはえた奇形児が生まれてしまう。

悲劇を起こさないため、ウルスラは性行為を拒み、禁止する。

ひとりの男が、そのふるまいをバカにし、さらには、従兄弟で夫である「ホセ・アルカディオ」が、男を殺害してしまう。

殺したにもかかわらず、ふたりのまえにあらわれる男から逃げるため、夫婦は、生まれた土地をはなれて、ジャングルをさまよいあるく。

そのとちゅう、「マコンド」と名づけた、新しい住居をみつける。

くわえて、これ以上、「豚のしっぽ」が生まれないように、結婚相手は、血縁関係のい者にかぎることを家の教訓とする。

以後「マコンド」では、ふたりの子孫たちが、さまざまな人間模様を演じながら、繁栄するが……

ひとこと

蜃気楼の村「マコンド」の隆盛&衰退を描いた物語です。

100年間にわたるおはなしで、小説というより、一大叙事詩といったかんじです。

あつかう範囲もひろく、人物関係はフクザツであるものの、いわゆる「マジックリアリズム」という手法で、ぐいぐい読者をひっぱっていきます。

おそらく3日もあれば、一気に読めてしまえます。

それくらい〝中毒性の高い〟作品です。

いっぽう、小説家の保坂和志さんがのべているように、あとからふりかえって、いったい何が書いてあったのか、よく思い出せない小説でもあります。

それだけ、その瞬間の〝物語への没頭度〟が高く、時間をおくと、すっかり忘れてしまう状況におちいります。

なんだか損した気分になるかもですが、瞬間の楽しみを思えば、ぜんぜんイヤな気もおきません。

ぜひ手にとってみてください。

まとめ

まとめると、

りきぞう

読むべき、古典・名著は、全部で「約20作品」
年代順に読んでいくと、世界文学の流れが、よくつかめる
時間がない人は、『オデュッセイア』『ハムレット』『ドン・キホーテ』『カラマーゾフの兄弟』の4冊がおすすめ

海外文学の古典を読むうえで、参考にしてみてください。

ではまた〜。