仮想通貨ウォレット『Ledger Nano S』。初期設定のやり方を紹介します。

どうも、リキゾーです。

今回は『ledger nano s』の初期設定の方法を紹介していきます。

ご利用するときの参考に。

それではどうぞ。

001. 基本

まずは基本情報から。

作業時間 & 用意するモノはこんなかんじ。

作業時間30分
用意するモノ PC 紙 ペン

設定するだけでも、けっこう時間がかかります。

余裕があるときにおこないましょう。

紙とペンは、復元パスコードをひかえるときに必要になります。

なかみの確認

『ledger nano s』が届いたら、箱をあけて、内容物を確認しましょう。

本体、USBケーブル、パスコード用のメモ用紙が入っていればオーケーです。

もしそろっていなければ、不正品の危険性があります。

ハッキングのおそれがあるため、その場合は販売元に問い合わせましょう。

002. 手順

大まかな流れはこんな感じです。

  1. 本体を PC につなげる
  2. 本体上部のスイッチを押す
  3. 「PIN コード」を設定する
  4. 「復元フレーズ」を書きとめる

それぞれ、みていきましょう。

① 本体を PC につなげる

本体にケーブルをつけて、PC につなげます。

すると、本体のディスプレイに「welcome」の文字が表示されます。

② 本体上部のスイッチを押す

つぎに英語で「2つのボタンを同時にプッシュしてね」と指示されます。

認証をリクエストされたら、上部の2つのボタンをいっしょに押します。

これで、設定がスタートします。

ちなみに、ボタンの基本操作は、

片方のボタンを押す → 数字の変更

両方同時に押す → つぎの項目へうつす or アプリケーションを開く

となっています。

ここではなんのことかわからないとおもいますが、じょじょに慣れてきます。

とりあえず、この操作だけはおぼえておいてください。

③ 「PIN コード」を設定する

はじめは「PIN コード」の設定です。

好きな「4ケタの数字」を入力していきます。

両方のボタンを押して、入力画面が表示されたら、数字を入力していきます。

片方のボタンを押せば、「1 → 2 → 3 → ……」と、数字が順にうつります。

1ケタ目のナンバーを選んだら、両方のボタンを同時に押して、確定します。

2ケタ目にうつり、いまと同じ操作をします。

4ケタすべての数字を確定したら、入力が完了します。

確認のため、いま入力した4ケタの数字を、もう一度、入力します。

操作は同じです。

おわったら、「PIN コード」の設定は完了です。

あたりまえですが、この番号はゼッタイに忘れないでください。

④ 「復元フレーズ」を書きとめる

さいごに「復元フレーズ」を、付属のメモ用紙に書きとめていきます。

ディスプレイに24コの英単語が表示されるので、それをひとつひとつ手書きでメモしていきます。

手順は、まず、上部ボタンを同時に押します。

すると、「Word #1 apple」のように、「番号」と「単語」がいっしょに表示されます。

これをメモ用紙に書いていきます。

注意したいのは、かならず番号と単語はセットでメモする点です。

単語がわかっていても、番号とズレていたら、復元フレーズとして認証されません。

この点は、ほんとうに注意してください。

この24コの単語が「復元フレーズ」になります。

本体がこわれたり、失くした場合でも、取り戻せるようになります。

逆にいえば、このフレーズを忘れたり、失くしたりすれば、二度とコインを取り出せなくなります。

また、このフレーズを他人に知られると、第三者でもアクセスできる危険性があります。

注意しましょう。

書きとめたら、準備はオーケーです。

上記の文言が出てきたら、上部の両方ボタンを押します。

これで本体の初期設定は完了です。

おつかれさまでした。

003. まとめ

『ledger nano s』の初期設定の方法をみていきました。

購入した方は、参考にしてみてください。

ではまたー。