30代で IT 業界に転職できる? ─ 「それなりの ITスキル」&「管理能力」は必要【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEBメディアの編集者として3年ほど働いてきました。

・30代で、IT 業界へ転職できるか、とっても不安
・じっさい、30代でも転職できるの?
・必要なスキルは?

─ こんな悩み・疑問をもっている人も、多いかなと思います。

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

30代での IT 業界への転職は、できる
スキルについては、ひと通りのプログラミング言語の理解が必要
くわえて「管理能力」が求められる

すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、くわしくみていきます。

30代での IT 業界への転職は「可能」

結論から言えば、30代でも転職はできます。

というのも、わたし自身が、30代で転職したからです。

また今後、IT業界の市場は、ぐいぐい伸びていきます

こちらは、矢野経済研究所による予測。

出典:矢野経済研究所

マーケットが拡大しているのが、分かりますね。

その分、IT業界に就職・転職しようとする人にも、有利にはたらきます

ITスキルに関しても、年長世代/若者世代のあいだで、かなりの〝開き〟があります。しぜんと、IT の仕事が、20代&30代にまわってきやすい状況です。

ある程度の「ITスキル」は必要

30代にとって、IT 業界への転職は有利です。

けれど、どんな業務を担うにせよ、〝それなりのスキル〟は求められます

具体的には、

・HTML
・CSS
・JAVA( or PHP or Ruby)

などのプログラミング言語 ─ 。

このあたりの基礎は、必須になってきます

というのも、「サイト制作」も「システム開発」も、これらの言語でつくられているからです。

知らないと、エンジニア&ウェブディレクターの人たちと、業務のやり取りができません

じっさい、わたし自身、うえにあげたプログラミング言語をひと通り学んでから、業務にあたりました

なので、IT業界で働くには、ある程度のプログラミングスキルは必要です。

もちろん勉強をしても「仕事で成果を出せるか」は別問題です。学んだスキルをどう活かすで、仕事の良し悪しが決まります。この点は IT スキルに限りませんね。

転職まえに自分でサービスをつくる

「なんだかムズかしそうだなぁ」と感じるかもです。

じっさいそれほどでもありませんが、不安なら、転職活動を始めるまえに、プログラミングに触れておきましょう

そのうえで、自分なりに「カンタンなサービス」を作ってみることを、おすすめします。

・ブログ記事サービス
・予約機能の付いたウェブサイト

などなど、〝小ぢんまりとしたもの〟でオーケーです。

じっさいにつくってみることで、プログラミングがどういったものか、把握できます

つくる過程で、スキルも身につきます

一石二鳥です。

くわえて、ウェブ上で公開すれば、転職活動するときにアピールできます。じっさい、会社員時代、採用面接に参加する機会がありました。採用された人たちのほとんどが、自分なりのサービスをつくり、能力をアピールしていました。

これから IT 業界で働こうとしている人は、プログラミングに触れて、カンタンなサービスをつくるのが、転職の近道です。

30代転職では「管理能力」も必要

プログラミングスキルのほか、30代の転職では「管理能力」が求められます。

というのも、IT 業界は、20代が中心で、30代ともなれば、しぜんと「リーダー職」を任されるからです。

じっさい、わたしがいた会社は、20代〜30代前半がほとんどでした。

35歳をすぎると、プロジェクトのリーダーを担うのは「あたりまえ」といったかんじでした。

なので、IT 業界での経歴がなかったり、浅かったりしても、30代の人は、それなりの「管理能力」を求められる、と思っておきましょう。

具体的には、

・予算の振り分け
・スケジュールの調整
・人員の配置

などです。

コミュニケーションツールは必須

そのためには、

・Slack
・Skype
・zoom

のような、オンラインのコミュニケーションツールも、使いこなせないといけません。

こちらも転職活動のまえに、ある程度、触れておくようにしましょう。

キホン、IT 業界は、オンラインでのやりとりがフツーです。

「コロナ禍」にカンケーなく、オフラインでのやり取りは「1週間に1度くらい」です。

会社によったら、もっと少ないと思います。

オンラインでのコミュニケーションに慣れていないなら、転職活動を始めるまえに、使いこなせるようにしておきましょう

「リーダー」として関わった仕事をアピールする

そのうえで面接では、これまでの経歴から、

自分がどれほど「管理能力」に優れているか

をアピールします。

前職の中から、自分がリーダーとして活躍した仕事をとりあげ、経緯を語ります。

もちろん、すぐさま興味をもってくれるとは限りません。

けれど、あなたの「管理能力」が分かるだけでも、会社としては「採用」を考えます

30代の IT 転職では、プログラミングスキルのほかに、「管理能力のある/なし」が勝敗を分ける、と思っておきましょう。

まとめ

まとめると、

りきぞう

30代での IT 業界への転職は、できる
スキルについては、ひと通りのプログラミング言語の理解が必要
くわえて「管理能力」が求められる

といったかんじです。

30代での転職は可能です。

わたしの経験からも、分かります。

ただし、ある程度の「プログラミングスキル」は求められます

転職活動まえに、ひと通りの言語を学び、自分なりのサービスをつくっておくのが、得策です。

また、30代では「管理能力」も、求められます。

オンラインのコミュニケーションツールは、最低限、使いこなせるようにしておきましょう。

この記事が、「30代での IT 業界への転職に悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。