20代での IT 業界への転職は難しい? ─ 高いスキルがなくてもオーケー【実体験】

どうも、りきぞうです。

これまで[予備校講師 → ウェブディレクター → ライター]と、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方についても、[契約社員 → 正社員 → フリーランス]と、ひと通り経験してきました。

・20代で、IT 業界へ転職できるか、とっても不安
・じっさいのところ、20代でも転職できるの?
・高いスキルがなくても、やっていけるの?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

20代での IT 業界への転職は、かなり余裕
スキルも、〝そこそこ〟あれば、問題ない
むしろ「自分で調べる習慣」「コミュニケーション能力」のほうが、大切

すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、くわしくみていきます。

20代での IT 業界への転職は?

はっきり言って、20代での IT 業界への転職はできます。

それも、かなり余裕かなぁと思います。

理由はカンタンで、業界全体が、ぐんぐん成長しているからです。

こちらは直近の成長率と予測を表したもの。

出典:矢野経済研究所

2021年以降も、伸びているのが、分かりますね

また、肌感覚でも分かりますが、これから至るところで、IT 化の流れが進んでいきます。

いわゆる「IoT (=モノのインターネット化)」です。

・農業
・水産業
・製造業
・家電産業

など、まだ本格的に IT 化が進んでいない業種ほど、インターネットの波は広がっていきます。

IT 業界は、高止まりするというより、ますます拡大・成長していくわけです。

なので今度も、転職&キャリア形成の面で有利に働きます。

当然、20代で IT 業界に入っておけば、その後の仕事&生活が、ラクになります。

ちなみにいま現在も、IT 業界は、圧倒的な人手不足です。というのも、IT スキルに関して、世代間のギャップが激しいからです。年長世代は、ほとんどスキルがなく、結果的に、能力のある若者に仕事がまわってきます。いまの時点でも、20代にとって、IT 業界は恵まれています。

転職活動のコツ ─ アピールできるサービスをつくる

IT 業界については、完全な売り手市場なので、20代の人には、たいへん有利です。

では、じっさいに転職するうえで、何をすればいいのか?

転職活動のコツは?

イチバンのおすすめは、動を始めるまえに、自分なりの「サービス」を作っておくことです。

パソコン一台あればできるし、費用もほとんどかかりません。

もちろん、世の中を変えるほど、大々的なものじゃなくてオーケーです。

宿 or 飲食店の予約ができるような、こじんまりとしたサービスで十分です。

「サンプル」を作っておくことで、いざ転職活動するときに、あなたの実力&能力を、アピールできます

じつは雇う側からすれば、相手の能力&スキルが把握できないほど、やっかいなものはありません。相手の能力を知らないと、どこに配置していいのか、分からないからです。雇い主からしたら、その分、コストがふくらむわけです。

雇用関係が〝うまくマッチ〟するためにも、あらかじめサンプルサービスを作っておきましょう。

カンタンなものでオーケーです。

作る過程で、あなたの IT スキルもアップします。

くわえて、面接のさいに、自信をもって、あなたの能力&スキルをアピールできます。

一石二鳥ですね。

「自分で調べる習慣」「コミュニケーション能力」が大切

ショージキなところ、IT 業界への転職&就職については、スキルのある/なしは、ほとんど気にしなくてオーケーです。

というのも、本気でやれば「3ヶ月くらい」で、業務で使えるスキルは、マスターできるから。

20代のアタマなら、なおさらです。

「若い」ということで、まわりからのサポートもしっかり入りますし。

多少のミスは、許されます。

むしろ問題になるのは、

  • 自分で調べる習慣
  • コミュニケーション能力

の2つです。

なぜ大事なのか ─ それぞれ、カンタンに説明してみます。

自分で調べる習慣

これは、IT 業界にかぎりませんが、いっしょに働いていると、なんでもかんでも、まわりに質問する人がいます。

じつはこれ、イチバンやってはいけません。

こうすることで、相手の時間を奪い、集中力をそぐことになるからです。

キホン、あなたが分からないと思う知識は、ネット上に載っています。

IT 業務に関わる情報なら、「ほぼ100%」です。

そのため、IT 業界で働くうえで、

自分で調べる習慣

が、とても大事になってきます。

というより、この習慣がないと、業務にうまくあたれません。

まわりをイライラさせ、齟齬(そご)をきたすからです。

なので、スキルのある/なしについては、そこまで不安に思う必要はありません。

その気があれば、カンタンに身につきます。

それよりも、なにか分からないときがあったとき、自分で調べ、考える能力がないほうが、問題になります。

IT 業界への転職を考えている20代、自分で調べる習慣&クセをつけておきましょう。

コミュニケーション能力

もうひとつは、コミュニケーション能力です。

IT 業界というと、みんなが「コード」にむかって〝カタカタ〟やっているイメージがありますよね。

けれどじっさいは、コードの構築&修正よりも、まわりとのコミュニケーションのほうが大事です。

これは、じっさいにわたしが WEB 会社に勤めていたときの実感です。

というのも、大きな企業ほど、サービスの規模が大きく、「チーム」で管理&運営しているからです。

あなたのスキルが〝バツグン〟に高くても、メンバーとの〝足なみ〟がそろわないと、業務がまわりません。

ひとりでやれる作業には限りがあり、キホン、分業体制をしいて、サービスをまわしています。

だからこそ、「ウェブディレクター」という職業があります。かれら/かのじょたちは、それぞれのプログラマーが、効率的よく、スムーズに作業ができるよう、調整する役割を担っています。

なので、 IT 業界で働くには、プログラミングやコーディングのスキルよりも、自分のコミュニケーション能力のほうが、大切です。

もちろん最低限のスキルは必要ですが、チームメンバーとのやり取りのほうが、よっぽど重要になります。

ちなみに言えば、わたしを含めて、会社を辞めるのは、IT のスキルが足りないというより、やり取りがうまくいかないのが要因だったりします。それだけ、コミュニケーションについては、気をつかったほうがいいわけです。

・自分で調べる習慣
・コミュニケーション能力

この2つがあれば、それなりに IT 業界で、やっていけます。

あとは「会社選び」です。

こちらは「業界の動向」とはべつに、多種多様です。

当然〝ブラック〟もあるので、「業界動向」以上に、しっかりとリサーチしてください

まとめ

まとめると、

りきぞう

20代での IT 業界への転職は、かなり余裕
スキルも、〝そこそこ〟あれば、問題ない
むしろ「自分で調べる習慣」「コミュニケーション能力」のほうが、大切

といったかんじです。

20代であれば、 IT 業界への転職は、かなり余裕です。

今後のキャリアを形成するうえでも、有利にはたらきます。

スキルも〝そこそこ〟あればよく、足りなければ、短期間で習得できます。

むしろ、大事なのは、

・自分で調べる習慣
・コミュニケーション能力

です。

この2つだけは、働くまえも、働き始めてからも、しっかり注意をはらいましょう。

わたしの経験をふまえつつ、就職 or 転職のコツについて、述べてきました。

この記事が、「20代での IT 業界への転職に悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。