仕事を辞めたいとき ─ 判断基準について解説【実体験】

どうも、りきぞうです。

これまで[予備校講師 → ウェブディレクター → ライター]と、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方についても、[契約社員 → 正社員 → フリーランス]と、ひと通り経験してきました。

職種/働き方が多様化するなか、いまの仕事に満足して働いている人がいます。

いっぽうで、いまの会社・職業に不満で、転職を考えている人もいます。

そのうえで、

・いまの仕事を辞めようかなぁ、と考えている
・「辞めよう」と思っても、踏ん切りがつかない
・じっさい、なにを基準に、辞めればいいの?

といった、悩み・疑問をいだいている人も多いかなぁ、と思います。

きょうは、この疑問・悩みに答えていきます。

結論を先に言えば、つぎのとおり。

りきぞう

大前提として「転職すべきか」3ヶ月くらいは考えるべき
わたしの経験から、「ある程度のスキルを磨いたとき」「仲間を信頼できないとき」「業界に伸びしろを感じられないとき」の基準から決めると、わりとうまくいく
そのうえで「辞めよう」と思うなら、しっかり決断する

※ すべてわたしの実体験です。

わたしもさまざま仕事を経験してきましたが、やっている仕事を辞めるときは、ほんとに悩みました。

「辞める? or 辞めない?」 ─ モンモンと悩んでいました。

大前提として、「仕事を辞めるかどうか」3ヶ月くらいは、真剣に悩むべきです

じゃないと、一時の感情・気分で、だいじなキャリアが、台無しになるからです。

そのうえで、わたしなりの「仕事を辞める基準」について、話していきます。

3つの基準をみて、自分も辞めて、転職活動に乗り出すか、考えてみてください。

以下、目次にそって、くわしくみていきます。

判断基準① ─ ある程度のスキルを磨いたとき

どんな職種でも、求められるスキルがあります。

はじめは知らないことばかりで、ひとつひとつマスターするたびに、よろこびを感じます。

わたしのケースですと、

・予備校講師 → 生徒に読解法をうまく教えるスキル
・ライター → クライアントに通しやすい文章構成スキル

だったりします。

職業ごとに、身につける技能があり、習得すれば報酬もふえて、うれしくなります。

しかし、それなりに経験を積んでいくと、スキルの全体像がみえてきます。

「なにを習得すればいいのか」
「どこまでマスターしたら、どれくらいの報酬をもらえるのか」

こんなことがわかってきます。

ゴールがみえてくると、仕事へのモチベーションが一気に下がってきます。

すこしの退屈ならガマンできます。

けれど、この状態がつづくと、お客さん・発注者・同僚に、〝ダラけた印象〟をあたえます。

まわりに、わるい影響をあたえます。

なので、ある程度スキルを磨き、スキルの全体像がみえたら、

「そろそろ辞めようかなぁ」

と、考えたほうがいいです。

退屈なうえに、成長もできず、まわりに悪影響をあたえます。

スキルは 100% マスターしなくていい

ちなみに、スキルを 100% 習得する必要は、ありません。

なんでもそうですが、80% くらいまではスイスイいけますが、そこから先は、かなりの労力をつかいます。

いまの時代は、ひとつのものごとをカンペキにこなすよりも、80%くらいのスキルを、2つ・3つとかけ合わせたほうが、市場価値が高まります。

このあたりは、教育研究者の「藤原和博」さんが、くわしく述べています。

たとえば、[お笑い芸 × プログラミング × マーケット分析]みたいなかんじです。

スキルについては、100% を目指すよりも、80%くらいマスターしたら、職を変えて、そこで別のスキルを磨く ─ そのほうが、市場価値もつきやすいです。

この理由からも、スキルの全体が見通せたら、辞めることを考えたほうがベターです。

80% くらいマスターして、モチベーションが下がっているなら、転職をおすすめします。

これが、いまの仕事を辞める基準の1つです。

判断基準② ─ 仲間を信頼できないとき

2つ目は、仲間を信頼できないときです。

仲間とは、上司・同僚・部下のことです。

仕事仲間に信頼を抱けないなら、さっさと辞めるべきです。

サラリーマンの人は、〝無条件に〟会社に勤める人が、多いです。

けれど、仲間を信用できない職場なんて、問題外です。

わたしも、会社に勤めていたので、わかります。

・信頼できない先輩
・尊敬できない上司

のもとで働いていても、なにもいいことはありません。

ドラマなんかでは「はじめは信頼できない人だったけど、じつはいい人だった」みたいな展開がありますよね。

大ウソです。

経験上、信頼できないヤツは、信頼できないままです。

このあたりは、あなたの直観のほうが、正しいです。

【注意点】すこし怒られたくらいで、不信を抱かない

ただし、ひとつ注意したいのは、たんに「怒られた」からといって、相手を嫌いになったり、不信を抱かないことです。

怒られること自体、悪いことではありません。

むしろ、のちのちの成長につながり、先輩や上司と信頼をつくるキッカケにもなります。

上司 or 先輩も鬼ではなく、キホン、会社の利益のため、あなたのためを思って、指導し、怒っています。

そういえば、マンガ『働きマン』でも、「怒るほうだって、部下をためを思い、エネルギーをつかっているんだ」と、述べていましたね。

怒られたときのコツは、ビビらずに反論することです。

「なんでダメなのか」「どんなふうにマズいのか」など、はっきり伝えることです。

優秀な上司や先輩なら、真剣に答えてくれます。

反対に、「まともな答え」が返ってこないなら、信頼できないと判断して、じょじょに離れていきましょう。

おそらくその人は、〝仕方なく〟仕事をしています。

上司・同僚など、仲間を信頼できないとき ─ これが辞める基準の2つ目です。

判断基準③ ─ 業界に「伸びしろ」を感じられないとき

働いている産業に「伸びしろ」(=成長期待)がないと思えば、さっさと辞めましょう。

仕事仲間に恵まれていたり、得意なスキルをもっていたとしても、いずれ船全体が沈むとなれば、どうしようもありません。

いまはよくても、あとあと苦しくなります。

わたしの場合は、予備校講師のときに、この問題を感じました。

知ってるとおり、いまは少子化ですので、予備校業界はこれから「先細り」です。

教育産業はなくなることはありませんが、衰退するのは、確実です。

なので、

・読み書きのスキル
・生徒に教えるコツ( ≒ コミュニケーションスキル)

をある程度マスターしたら、その業界をはなれることにしました。

文章も好きで、教えるの楽しかったんですが、業種全体を考えると、長く留まっているべきじゃないと判断しました。

同じように、働いている業界・産業に〝伸びしろ〟を感じられないなら、転職を考えましょう。

経済誌などをみたら、さかんに「盛り上がる産業/衰退する業界」みたいな特集を組んでいます。

ふだんから「経済ニュース」をチェックしつつ、成長する業界に目をつけながら、仕事を変えるのが、コツです。

ちなみにいまなら、AIなど、技術で自動化できる職種&業界は、衰退していく可能性が高いです。

「キカイじゃできない仕事って、なに?」 ─ こんな視点から、仕事を選らんでみるのも、おすすめです。

まとめ

まとめると、

りきぞう

「転職すべきか」3ヶ月くらいは考えるべき
わたしの経験から、「ある程度のスキルを磨いたとき」「仲間を信頼できないとき」「業界に伸びしろを感じられないとき」の基準から決めると、わりとうまくいく
そのうえで「辞めよう」と思うなら、しっかり決断する

といったかんじ。

いまの仕事を辞めるときは、だれでも勇気がいります。

わたしも上司に「辞める」と伝えるときにはドキドキしました。

そのときに「辞めるときの基準」を教えてくれたら、「励み・ヒントになるのに」と感じていました。

今回は、そのときの悩みをベースに記事を書きました。

同じように、「仕事を辞めたい」と、悩んでいる人のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。