仕事が辛くて辞めたい ─ それでも決心がつかない時の対策&方法【実体験】

どうも、りきぞうです。

これまで[予備校講師 → ウェブディレクター → ライター]と、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方についても、[契約社員 → 正社員 → フリーランス]と、ひと通り経験してきました。

社会のしくみが変わり、仕事のあり方が変化しています。

そのなかでいまの職場に満足している人がいます。

反対に、いまの会社に不満で、いまの仕事を離れようか、考えている人もいます。

とはいえ、

・「辞めよう」と思っても、なかなか辞められない
・いまの業務内容 or 人間関係が気にかかり、踏ん切りがつかない
・辞める決心をつける、行動&方法を知りたい

といった、悩み・疑問をいだくかなぁと思います。

きょうはこの問いに答えていきます。

結論を先に言えば、つぎのとおり。

りきぞう

わたし自身、目のまえの業務&人間関係が気にかかり、退職に踏み切れなかった
経験から、心の中に「仕事を辞める基準」を設けておくと、辞める決心がつく
具体的には「マイルールから外れたとき」「スキルアップにつながらないとき」「つよく感情が動いたとき」の3つ

※ すべてわたしの実体験です。

わたし自身、仕事を辞めたくても、なかなか辞めることができませんでした。

というのも、目のまえの業務に忙しく、自身の声に耳をかたむける余裕が、なかったからです。

そんな経験からわかることは、じっさいに辞めようとするには、心の中に「仕事を辞める基準」を設けておくのが有効です。

以下、わたしなりの判断基準をあげていきます。

もちろん同じ基準である必要はありません。

けど、「この条件を満たしたら辞める」と心にとめていくだけでも、辞めるうえでの後押しになります。

目次にそって、くわしくみていきます。

参考にしてみてください。

判断基準① ─ マイルールから外れたとき

「辞めようかなぁ」と考えるとき、キモチのなかに「マイルール」を設けておきます。

たとえば、

「意味もなく上司から5回どう喝されたら辞める」
「給料が3年間ずっと同じなら辞める」

みたいなかんじです。

「マイルール」は、具体的であればあるほど良いです。

年収・勤務時間・怒られた回数など、詳しい数字を設定しましょう。

そして、辞める条件を満たした場合は、すぐさま退職の予定をたて、転職活動の準備を始めます。

マイルールを設ける理由

なぜ、マイルールを設けたほうが良いのか?

それは、

「なんとなく辞めたいなぁ」と思うだけでは、なかなか行動に移せない

からです。

目のまえの業務に追われて、踏ん切りをつけないまま、ずるずるといまの仕事に留まることになります。

さらに「辞めるための条件」を設けておかないと、他人のルールに従うことになります。

「マイルール」がなければ、理不尽に上司に怒られても、相手の要求をのむばかりで、従いつづけることになります。

さいあく、パワハラの被害にあうかもしれません。

そうならないためにも、あらかじめ心のなかに「辞めるときの条件」を設けておきます。

いくつかの条件を満たしたら、スパッと辞めます。

これが辞める基準の1つ目です。

前もってマイルールを設けて、条件を満たしたら辞めましょう。

判断基準② ─ スキルアップにつながらないとき

2つ目の辞める基準は、「スキルアップにつながらないとき」です。

ここでいう「スキル」とは、社内の人事調整とかではありません。

ひとつの組織でしか通用しないスキルではなく、市場全体で通じる技術・技能のことです。

たとえば、

・ライディング
・プログラミング
・デザイン

のようなスキルです。

とくにこの3つは、どんな業界でも需要があり、求められるスキルです。

ある程度の水準に高めておけば、キホン〝食いっぱぐれる〟ことはありません。

なので「仕事を辞めたいなぁ」と思うとき、

「いまの作業・業務が、市場全体からみたときのスキルアップにつながらない」

と感じるなら、身を引きましょう。

将来の付き合いは、心配しなくていい

また、退職を足踏みしている人で、

「将来の仕事上の付き合いに、ヒビが入るかも」

と考え、辞められない人がいるかもしれません。

わたし自身、独立したときの〝備え〟として、先輩・上司との人間関係を大切していました。

そのために、なかなか退職することができませんでした。

じっさいに辞めてみたらわかりますが、会社での人間関係は、のちのち仕事に、ほとんど影響をあたえません。

フリーランスにしても、サラリーマンをつづけるにしても、

・案件ごとのクライアント
・プロジェクト単位で集まる仕事仲間

が、大切になります。

報酬・給料も、その方たちとのやり取りから生まれます。

長い目でみれば、会社の人間関係より、いまもっているスキルのほうが、よっぽど大事になってきます。

クライアントにしても、顧客にしても、求めているのは、人間関係ではなく、あなたの能力・実績だからです。

したがって、スキルアップにつながらないと思えば、いまの人間関係は気にせず、会社を離れるようにしましょう。

判断基準③ ─ つよく感情が動いたとき

辞めるときの基準をいろいろあげてきました。

けれど、最終的にはこれです。

つよくネガティブ or ポジティブな気持ちをもったなら、辞めましょう。

ここでいう「ネガティブな気持ち」とは、

「死にたい」
「生きてて意味ない」

といった感情です。

こうなるともはや、仕事なんかは、カンケーありません。

さっさと退職して、カラダを休めるべきです。

反対に「ポジティブな気持ち」とは、

「報酬 or 給料にカンケーなく、生きているうちに、コレがしたい!」

といった感情です。

こういう気持ちが湧きあがってきたら、そのときも辞めるべきです。

これについては、理屈でどうこう言えるものではありません。

人生は有限です。

気持ちのまま、従うようにしましょう。

まとめ

まとめると、

りきぞう

わたし自身、目のまえの業務&人間関係が気にかかり、退職に踏み切れなかった
経験から、心の中に「仕事を辞める基準」を設けておくと、辞める決心がつく
具体的には「マイルールから外れたとき」「スキルアップにつながらないとき」「つよくネガティブ or ポジティブ気持ちになったとき」の3つ

といったかんじ。

社会のしくみが変わり、働き方が変化し、転職を考える人も多くいます。

いっぽうで「辞めたい」と思っても、なかなか踏ん切りがつかない人もいます。

そういう方は、心の中に「辞める基準」を設けておくと良いです。

退職の決心もつきやすく、くわえて、目のまえの業務にも、思いっきり取り組めます。

この記事が「仕事が辛い」「仕事を辞めたい」と思う人の後押しになればうれしいです。

ではまた〜。