未経験から IT 業界へ転職できる? ─ 「基礎スキル」&「コミュニケーション能力」は必須【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEBメディアの編集者として3年ほど働いてきました。

・未経験から IT 業界へ転職できる?
・異業種からの転職は?
・必要なスキルは?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・未経験&異業種からでも転職は「可能」
・スキルついては、プログラミングの基礎知識があればオーケー
・ただし、オンラインでのコミュニケーションに慣れていないと、シンドい

すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、くわしくみていきます。

未経験から IT 業界への転職は「できる」

結論から言えば、「未経験」でも IT 業界への転職はできます

というのも、わたし自身が、予備校業界のあと、 IT 業界で働くようになったからです。

異業種からでも、転職は可能です。

また、いまの IT 業界は、圧倒的な人手不足です。

とくに、じっさいにコードを書く「エンジニア」の人材が足りていません。

こちらは、経産省による統計データ。

出典:経済産業省

2021年以降も、人材不足の状況が続いているのが、分かります。

同時に、 IT 業界の市場規模が拡大しているのが、分かりますね。

そのため今後も、「未経験」であっても採用されやすいといえます。

「エンジニア」ほどではありませんが、じっさいにコードを書かない「WEBマーケター」も人材不足です。こちらも未経験でも採用されやすいです。とくに、いま営業職の方は、IT スキルを学び、これまでの経歴とかけ合わせれば、転職が有利に運びます。

未経験の転職でも、基礎スキルは必要

とはいえ、エンジニアにしろ、WEBマーケターにしろ、プログラミングの基礎知識は必要です。

専門用語が分かっていないと、仕事仲間と、やり取りができないからです。

わたし自身、業務にあたるまえに、

・インターネットのしくみ
・プログラミング言語

をざっくり勉強しました。

それでも、じっさいの仕事となると、エンジニアさん&WEBマーケターの方々とのやり取りに苦労しました

専門用語が、ちょくちょく出てきて、何を言ってるのか、分からないんですね。

なので、 IT 業界に転職するまえには、プログラミングの知識&スキルについては、知っておくことにこしたことはありません

理解が深いほど、業務がスムーズに運びます。

まわりとやり取りとも、うまくいきます。

スキルはどれくらい必要?

とはいえ、プログラミングといっても、〝プロ級〟の知識&スキルは、要求されません

会社や担当業務によりますが、

・HTML
・CSS
・JAVA( or PHP or Ruby)

の基礎をざっくり理解しておけば、オーケーです。

ただし「サイト制作」「システム開発」では、仕事のなかみが、だいぶ異なります。ここは注意してほしいです。システム開発のほうが、より深いスキルが求められ、携わるメンバーも多い。未経験なら「サイト制作」をおすすめします。

というわけで、概要で良いので、ひと通りのプログラミング言語&スキルについて、アタマにいれておきましょう

参考書も、たくさん出ています。

さいきんでは、無料のものをふくめて、動画教材も配布されています。

学習ツールをつかって、勉強しておくことをおすすめします。

オンラインでのやり取りに慣れておく

「未経験」から IT 業界へ転職しようとしているなら、オンラインでのやり取りに慣れておきましょう。

というのも、 IT 業界でのコミュニケーションは、キホン、ネット上で行われるからです。

会議室で、顔と顔をつき合わせて、やり取りするのは、けっこうマレだったりします。

ですので、オンラインでの会話に慣れていないと、業務がシンドくなります

具体的なツールしては、

・Slack
・Skype
・Zoom

このあたりは、あたりまえのように使えこなせないと、同僚&上司とのやり取りがギクシャクします

人間関係も、悪くなります

じっさいわたしも、 IT 業界に入ったばかりの頃、Skype の操作に慣れていないばかりに先輩からお叱りを受けました。「返信が遅い!」と何度、言われたことか……(泣)

個人的には、プログラミングのスキルよりも、オンラインでの「レスポンスの速さ」のほうが、重要かなと思います。

なので、未経験の方は、 IT 業界に転職するまえには、オンラインでのやり取りに慣れておきましょう。

いまの会社が「オフライン」のやり取りが中心なら、オンラインに切り替え、練習しておくのも、おすすめです

コロナ禍を口実に、チャットツールを使ってみるのも良いかなと思います。

補足すると、オンラインのコミュニケーションといったときに、 IT 業界では「テキスト」でのやり取りが、フツーです。Zoom よりも、Slack or Skype が一般的です。なので「映像」ではなく「文字」でのやり取りに慣れておくのが、ベターです。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・未経験&異業種からでも転職は「可能」
・スキルついては、プログラミングの基礎知識があればオーケー
・ただし、オンラインでのコミュニケーションに慣れていないと、シンドい

といったかんじです。

未経験から IT 業界への転職は可能です。

これは、わたしの経験からも分かります。

ただし、プログラミングの基礎知識&スキルは、求められます

参考書 or 動画教材をつかって、ひと通り学習しておきましょう。

また IT 業界では、オンラインでのやり取りがフツーです。

Slack&Skypeは、最低限、使いこなせるようにしておきましょう

この記事が、「未経験から IT 業界へ転職しようとしている人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。