仮想通貨ウォレット『Ginco』。設定方法を紹介します。

どうも、リキゾーです。

今回は、仮想通貨ウォレット『Ginco』を紹介していきます。

ここでは、設定方法説明します。

ご利用するときの参考に。

それではどうぞ。

001. 準備

『Ginco』は、株式会社Gincoが提供する仮想通貨ウォレットです。

ウォレットのタイプとしては、ソフトウェア型にあたります。

秘密鍵をユーザーが自分の端末で管理し、コインのやり取りをおこないます。

ウェブ上で管理しないため、ハッキングのリスクがほぼありません。

いっぽうで、「秘密鍵のバックアップ」「ログインのパスワード」を自分で保管するため、ヘタすれば、復元できないおそれもあるので注意が必要です。

また、ソフトウェア型のウォレットは、海外製がほとんどですが、『Ginco』は日本発です。

なので、問い合わせなども日本語に対応しています。

なにかあったときに安心です。

用意するモノ

設定するまえに、つぎのものをそろえておきましょう。

  • ペン

これは「バックアップ用のパスコード」をひかえるときに必要になります。

002. 手順

では、じっさいに設定していきましょう。

大まかな流れは、こんなかんじです。

  1. アプリのインストール
  2. バックアップの設定
  3. アプリの起動設定

ひとつひとつ、みていきましょう。

① アプリのインストール

まず、アプリをインストールします。

すると、ユーザー名、暗証番号(6ケタ)の求められるので入力します。

ちなみに、ユーザー名は、あとで変更できます。

登録がすむと、こんな画面が出てきます。

デザインがとてもきれいです。

② バックアップの設定

つづいて、バックアップを設定していきます。

ここの手順がイチバンのだいじです。慎重におこないましょう。

まず、ホーム画面の左上にある「人物アイコン」をタップします。

すると、マイページの画面が出てきます。

そのなかの「プライベート & セキュリティ」をタップします。

(※ わたしの場合は、スマホを「英語設定」しているため、アルファベット表記になっています。「日本語設定」なら、日本語になっているとおもいます。)

セキュリティ設定画面で、「バックアップ」をタップします。

用意するモノと時間を確認します。

オーケーすると、こんな画面が出てきます。

ここからがとても重要です。

これ以降、12コの単語が表示されていきます。

その単語をひとつひとつ、用意した紙にメモしていきます。

この単語が、そのまま、バックアップ用の「パスコード」になります。

注意したいのは、番号とセットで単語を記していく点です。

たとえば、「1 : リンゴ」 → 「2 : オレンジ」 → 「3 : バナナ」みたいなかんじです。

単語がわかっていても、番号とズレていたらダメです。

さいあく復元できなくなります。

メンドーですが、ここの作業は慎重におこなってください。

あたりまえですが、ここで記した単語は、ゼッタイ人にみられていけません。

カフェなど、ひとのいる場所でおこなうのはひかえましょう。


……

……書きおえましたか?

すんだら、バックアップの設定は完了です。

ですがさいごに、バックアップ用のフレーズが合ってるか、確認する必要があります。

もう一度、セキュリティ画面をひらき、「バックアップキーの再表示」をタップします。

先ほど設定した「暗証番号(6ケタ)」を入力したあとで、いまメモした「12コの単語」がリクエストされます。

入力していき、パスすればオーケーです。

ちなみに、単語を書いた用紙は、たいせつに保管しておきましょう。

③ アプリの起動設定

さいごに、アプリの起動設定です。

スマホが盗まれたときに、アプリを操作できないようにしておきます。

まずは同じく、セキュリティ画面をひらきます。

そのなかに、「起動時に暗証番号を要求する」の項目があるので「ON」にします。

また、指紋認証ができるスマホなら、その下にある「Touch IDの利用を許可する」があるので、そこも「ON」にします。

これで、アプリ起動時の設定は完了です。

ためしにアプリを切って、ログインしてみましょう。

003. まとめ

仮想通貨ウォレット『GInco』の設定方法をみてきました。

すこしメンドーですが、そこまでむずかしくありません。

日本語ベースでつくられているため、使い勝手もいいかんじです。

ぜひ、利用してみてください。

ではまたー。