稼げるブログのジャンル ─ 決まらないときの選び方【コツは3つ】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログのジャンルが決まらない
・いまは、どのジャンルが稼げるの?
・なにを基準に、選んだらいいの?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・「稼げるジャンル」に、いきなり飛びついてはいけない
・競合が多いために成果が出ず、そのままブログをやめてしまうから
・「需要があるもの」「好きなもの」「経験したことがあるもの」から選ぶのが、コツ

「稼げるジャンル」は、あることにはあります。

けれど、いきなり飛びつくのは、おすすめしません

競合も多く、成果がすぐ出ないからです

結果、ブログをやめてしまうケースが、ほとんどです

それよりも、

・継続できる
・安定してお金が入ってくる

─ この2つが達成できる分野を探しましょう。

なにか特定のジャンルというより、

あなたにとって、しっかり続けられて、ほどほどの収益になるテーマを選ぶ

─ この視点をもつのが、大切です。

その基準を3つあげていきます。

目次に沿って、詳しくみていきますね。

稼げるジャンル① ─ 需要がある

なにより重要なのは、

そのジャンルに、どれくらいの読者がいるか

です。

需要がなければ、どんなにすばらしい記事であっても、読まれることはありません

結果、PV(ページビュー)も伸びず、収益も立ちません

そこで、ジャンルを選ぶときには、どれくらい需要があるのか、調べておきましょう

やり方は、カンタンです。

特定のキーワードについて、検索ボリューム(=全体の検索数)を確認すれば、オーケーです。

たとえば、「家電系のブログ」を書きたいなら、

[冷蔵庫 比較]
[洗濯機 おすすめ]

などのキーワードで、どれくらいの人たちが検索しているかを調べます。

多ければ、需要があります

少なければ、読者がいない証拠です

その場合、どんなに記事を書いても、PVは伸びません。収益もあがりません。稼ぐことが目的なら、そのジャンルは控えるようにしましょう。

検索ボリュームの目安&キーワードの選び方については、こちらで紹介しています。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

参考にしてみてください。

稼げるジャンル② ─ 自分が好きである

2つ目は、

自分が好きなジャンル

です。

「好きこそ物の上手なれ」です。

やっていて楽しいジャンルなら、しぜんと、記事の質も高くなります

結果、PVも伸びて、収益も立ちやすくなります。

反対に、好きじゃなかったり、嫌いなジャンルだと、モチベーションが続きません

じょじょに記事作成が〝おっくう〟になり、更新頻度が下がる ─

そのまま、成果をあげるまえに、ブログから〝撤退〟することになります

わたし自身、むかし「プログラミング」をテーマにブログを書いていましたが、やる気が続かず、そのままフェードアウトしてしまいました 😇

こうならないためにも、自分が好きなものを、ジャンルとして選ぶのが、得策です

とはいえ、好きかどうかを考えずに、書きすすめてしまっている人も、いるかと思います。

また、どんなに好きなジャンルであっても、継続がムズかしいのが、ブログです。

そこで、おすすめなのが

「習慣化」

です。

記事作成を〝生活の一部〟にすることで、苦しまずに、ブログを継続できます

たとえば、すこし早めに起きて、パソコンに向かうことを〝あたりまえ〟にすれば、しぜんと記事更新が続いていきます

習慣化については、さまざま書籍が出ているので、参考にしてみてください。

おすすめは、こちらです。

稼げるジャンル③ ─ 経験したことがある

3つ目は、

自分が経験したことがある分野

です。

理由はカンタンで、「書きやすい」からです。

たとえば、あなたが「元公務員」なら、

・公務員試験の対策
・公務員勤務の実態

などは、すらすら書けますよね。

〝経験済み〟ため、わざわざネットで調べたりしなくても、知識がアタマに入っています

執筆のときには、それを〝吐き出す〟だけです

わたし自身、サラリーマンの経験があり、その働き方のメリット/デメリットなら、いくらでも記事にできます。
サラリーマンのメリット/デメリット ─ 両方やってみた経験から解説してみる【実体験】

反対に、自分が経験していないテーマは、なかなか筆がすすみません

生まれもって美人なひとが、「美容整形」については、なかなか書けませんよね

整形する人の気持ち(苦しみ)が、わからないからです。

わたしも「子育て」については書けません。

「子どもがいない」からです。

自分が経験したことだと、記事が書きやすい ─

ブログも継続しやすくなります

ですので、これからジャンルを決めるときには、

あなた自身の経験&実績を見なおす

ことを、おすすめします。

記憶をたどることで、ブログのテーマとなる〝タネ〟が、1つか2つ、みつかります

ぜひ、ジャンル選びのときには、あなた自身の過去を見なおしてみてください

たくさんのヒントが隠されています

まとめ

まとめると、

りきぞう

・「稼げるジャンル」に飛びついては、いけない
・競合が多いために成果が出ず、そのままブログをやめてしまうから
・「需要があるもの」「好きなもの」「経験したことがあるもの」から選ぶのが、コツ

といったかんじです。

ブログのジャンルを決めたら、つづいて、雑記ブログ/特化ブログ ─ どちらにするか検討しましょう。

この記事が、「ブログのジャンル選びに悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。