フリーランス ─ 向いているスキルとは?

どうも、リキゾーです。

これまで、予備校講師 → ウェブディレクター → ライターと、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方も、契約社員 → 正社員 → フリーランスと、ひと通り経験してきました。

先日、内閣府が、日本のフリーランス人口が300万を超えたと発表しました。

「働き方改革」を背景に、この動きはしばらくつづきます。

今後ますます個人事業主でやっていく人は増えていきます。

とはいえ、いまでも7割以上の人たちは会社勤めで働いています。

願望はある人でも、どんなスキルや能力があれば、やっていけるか気になりますよね。

ここでは、わたしの経験をふまえつつ、フリーランスに向いているスキルを紹介します。

いま手に職をつけて独立を考えている人や、将来的にフリーランスになることを目指し、いまどんなスキルを身につけばいいのか考える人にとって、ヒントになればうれしいです。

フリーランス向きのスキル

フリーランス向きのスキルは、つぎのとおりです。

以下、3つの技能をおさえておけば、なんとかなります。

  1. ライティング
  2. プログラミング
  3. デザイン

具体的にみていきます。

① ライティング

文字どおり、書くお仕事です。

出版不況と言われるため、先行きがキビしいといわれていますが、そんなことはありません。

むしろ雑誌社の人たちは、ライターさん不足で悩んでいます。

そのワケは、〝まともな〟書き手が少ないからです。

ここでいう〝まとも〟とは、特別なスキルのことでありません。

発注内容に従う、納期を守る、こまめに連絡を取るなど、働くうえで必要なマナーのことです。

経験からわかりますが、このキホンを守れない人が多いんですね。

なので、最低限の「礼儀」があれば、紙媒体の書き仕事でもやっていけます。

あとはちょっとした営業力が必要ですが、こちらについてまた別の記事で書きます。

また、紙媒体のほかに、web メディアの仕事は、星の数ほどあります。

ショージキ、「仕事がなくて、どうしようもない」なんてコトはありません。

ただし、気をつけたいのは単価です。

クラウドソーシングでは「1文字0.1円」といった案件がころがっていますが、こちらには手を出さないのが無難です。

ライティング初心者で、仕事の練習にはいいかもしれませんが、まともに食べていこうとするならやめたほうがいいです。

これから始めるにしても、まずは「1文字1円」の案件から手をつけて、じょじょに単価をあげていきましょう。

というわけで、ライティングは、フリーランスに向いているスキルです。

書くのがそこまで苦痛じゃないなら、ひとりでもある程度やっていけます。

② プログラミング

いわずもがなですが、プログラミングは、フリーランス向きのスキルです。

市場全体がエンジニア不足なので、「HTML」「CSS」「JavaScript」などカンタンなコードを書けるだけでも需要があるので、食べていけます。

ちなみに日本の場合だと、企業のエンジニア社員にたいする給料が安いといわれています。

企業で安く買いたたかれている人が、会社を飛びだしてたら、収入がアップするなんて話はよくあります。

会社でプログラミング業務の経験があれば、外でもやっていける確率は高いので、ぜひ検討してみましょう。

③ デザイン

こちらもフリーランス向きのスキルです。

デザインというとムズかしいイメージがありますが、そうでもありません。

というのも、デザイナーさんに求めるレベルがそこまで高くないからです。

カンタンなイラストが描ける、アイコンの作成ができるなど、ちょっとウデがあれば、商品として通ってしまうんですね。

なので、絵がキライではなかったり、デザイン思考がある人なら、ひとりでもやっていけたりします。

うえ3つのスキルがやっていける理由

ライティング、プログラミング、デザイン──どうしてこの3つのスキルがフリーランス向きなのか。

その理由はつぎの3つです。

  • 市場が伸びている
  • どこでも通用する
  • 低コストでスキルアップできる

カンタンにのべていきます。

市場が伸びている

3つをみるとわかりますが、すべて web にかかわるスキルです。

web 市場全体が伸びているため、今後もそれにカンケーする技能も求められるというわけです。

もちろん web 業界のなかでも、伸びしろある / ないジャンルは存在します。

しかしどの分野でも、ライティング・プログラミング・デザインは、欠かせないスキルです。

そのため、フリーランスでもそれなりにやっていけます。

どこの組織でも通用する

ジャンルもそうですが、この3つのスキルは、どの組織でも通用します。

わたしはライターをやっていたからわかりますが、たとえば取りあつかう商品がちがっても、記事の書き方は同じです。

どんな会社であっても、ライターにもとめるスキルは、どこも似たようなものです。

要望したテーマを魅力的につたえて、ちくいち連絡を取り合い、期限を守って納品する──最低限コレだけやっていればオーケーです。

プログラマーやデザイナーも同じでしょう。

つまり、うえの3つのスキルがあれば、 ひとつの組織に縛られず、ある程度の会社から受注をとることができます。

たとえば、ひとつの会社から依頼がこなくなっても、べつの会社から仕事を取れるわけです。

リスクが分散できるんですね。

たとえばこれが「人事を調整する仕事」ならば、うまくいきません。

特定の組織だけで役に立つスキルで、ほかの会社では通用しないからです。

どの組織でも通用する──ライティング、プログラミング、デザインが、フリーランス向きのスキルである理由です。

低コストでスキルアップできる

最後はスキルアップについてです。

フリーランスはひとりでやっていくのがキホンですが、不安になるのが、技能の低下です。

競争がはげしくなってきたときに、ほかと対等に渡り歩けるかと考えてしまいますが、うえの3つについては、やればやるほど技術が上がっていきます。

さらに、スキル向上のための教育コストも、ほとんどかかりません。

一般の企業なら、競争を勝ちために、商品開発 or 人材育成にかなりのコストをかけます。

いっぽう、ライティング、プログラミング、デザインのスキルは、ツールなどについても、ほとんどお金はかかりません。

さいあく PC があれば、なんとかなります。

また、個人ひとりで知識や技術を学べるため、ひとのコストもかかりません。

つまり、資本をかけず、やる気しだいでスキルをアップできて、市場を渡り歩くことができるわけです。

これも、うえ3つがフリーランス向きのスキルである理由です。

まとめ

フリーランス向きのスキルを紹介してきました。

ネットの普及で、ライティング、プログラミング、デザインの3つは、フリーランス向きのスキルとなりました。

もしこれにカンケーする仕事に就いているなら、フリーランスを検討してみてください。

また、将来的にフリーランスでやっていきたい人は、これら3つのスキルをおさえておくと、その道に入りやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

ではまたー。