フリーランスになりたい。メリット&なり方【経験談】

どうも、りきぞう(@rikizoamaya)です。

これまで、予備校講師 → ウェブディレクター → ライターと、いろんな職業にたずさわってきました。

働き方も、契約社員 → 正社員 → フリーランスと、ひと通り経験してきました。

日本の雇用環境が変化しています。

サラリーマンのほか、パラレルワーカーもフツーになりはじめています。

そんななか、サラリーマンを辞めてフリーランスになりたい人も増えています。

とはいえ、

  • フリーランスのメリットってなに?
  • フリーランスになるにはどうしたらいいの?

と、思う人も多いはず。

きょうは、こんなギモン&悩みに答えていきます。

結論を先にいえば、フリーランスのメリットはこんなかんじ。

  1. 予定を自分で決められる
  2. 成果と報酬が明確
  3. 習得すべきスキルが分かる

3つの理由から、フリーランスになったほうがいいなぁと思います。

で、フリーランスになる準備&方法は、つぎのとおり。

  • 市場価値の高いスキルを身につける
  • 知り合いとこまめに連絡をとっておく

以下、それぞれ詳しく述べていきます。

この記事が、フリーランスになりたい人、目指す人のヒントになればうれしいです。

フリーランスのメリット

くりかえすと、フリーランスになったほうがいいと思う理由は、つぎのとおり。

  1. 予定を自分で決められる
  2. 成果と報酬が明確
  3. 習得すべきスキルが分かる

ひとつひとつ、カンタンにふれてみます。

① 予定を自分で決められる

わたしはサラリーマンのあとにフリーランスを経験しましたが、イチバンのメリットは、作業時間を自分で決められることです。

いきなり仕事を回されたりしませんし、残業もありません。

朝型の人は、早朝に仕事ができますし、夜型の人は、深夜に作業できます。

労働時間も、時間配分も、自分のペースで管理できます。

もちろん「ヒマ」というわけではありません。

むしろ、フリーランスなりたての頃は、受注を受けすぎるなど、猛烈に忙しいです。

よく言われるように〝ひとりブラック〟になりがち。。

わたしも、フリーライターを始めたばかりのときは、そうでした。

とはいえ、1年くらいすぎると、作業にも慣れて、スケジュール管理もできるようになります。

そうなると、サラリーマンの頃よりも、時間的にも余裕ができて、キモチもゆったりします。

② 成果と報酬が明確

あたりまえですが、フリーランスは「完全歩合制」です。

あなたの生産物・成果物が、そのまま収入につながります。

キビしそうにみえますが、自分の作業が、お金にどう反映されるかハッキリしています。

サラリーマンとは違い、サボってもガンバっても、同じ給料というわけではありません。

その意味では、仕事にたいするモチベーションを、つねに保つことができます。

やればやるほど収入につながりますからね。

とはいえ注意したいのは、単純に手を動かせばいいわけではありません。

作業スキルのほか、「マーケティング・センス」も重要です。

「需要が多い / 少ない」などの見きわめが、収入のアップダウンに影響します。

なので、市場にたいする感覚はつねに養っておく必要がありますが、成果と報酬が直結するのはキホンです。

実力勝負が好きな人は、メリットといえるでしょう。

③ 習得すべきスキルが分かる

② のメリットとカンケーしますが、フリーランスをすることで、どんなスキルを習得すればいいかわかります。

というのも、世の中に求められていない技術をマスターしても、お金につながらないからです(笑)

たとえば、どんなに「エクセル操作」が一流でも、収入にはつながりません。

供給過多で、市場から必要とされてないからです。

いまならプログラミングスキルや動画編集の技能が求められていますが、フリーランスになることで、世の中の需要にビンカンになり、経済の波に乗ることができます。

サラリーマンなど、会社や組織にいると、目のまえの業務におわれて、市場全体の流れにドンカンになります。

長期的には、フリーランスのほうが、収入が安定します。

これが3つめのメリットです。

フリーランスになるための準備&方法

くりかえすと、いかのとおり。

  • 市場価値の高いスキルを身につける
  • 知り合いとこまめに連絡をとっておく

それぞれみていきます。

市場価値の高いスキルを身につける

うえの書いたとおり、フリーランスにとって、マーケティング・スキルは、必須です。

もちろん、MBA など専門的な知識は必要ありませんが、「原価計算」や、世の中で求められているスキルにたいして、アンテナを張っておく必要があります。

フリーランスを目指すまえにも、なったあとでも、市場価値にビンカンになり、はやりのスキルを学びつづけることが大切です。

ちなみに先ほどいったとおり、いま需要の高いスキルは、プログラミング・動画編集・イラスト作成です。

知り合いとこまめに連絡をとっておく

「なんじゃソレ?」と思いますが、これはめちゃくちゃ大事です。

たとえどんなにすばらしいスキルを身につけていても、つかってくれる相手がいなければ、お金になりません。

そこで営業ということになりますが、シロウトがいきなり「お仕事をください」といっても相手にしてくれません(笑)

それよりも、かつての職場だったり、学生時代の友人のツテからのほうが、わりと仕事をもらいやすいです。

いちおう顔見知りということもありますし、それなりに信頼もできます。

ですので、ソントク関係なしに、つながる人には、こまめに連絡をとっておくといいです。

意外なトコから、お仕事を依頼がまいこんできたります。

ちなみに、わたしがさいしょに受けたライターの仕事は、学生時代の友人でした。

まずは、名刺を配ったり、ブログなどで情報発信をして、自分がフリーランスで仕事を始めたとアピールしましょう。

おわりに

働き方が多様化し、サラリーマンがあたりまえではなくなっています。

そのなかで、フリーランスを目指す人も増えています。

とはいえ、まだまだ、フリーランスのメリットだったり、やっていくコツなどは知られていません。

この記事が、フリーランスを目指す人、なりたい人の後押しになれば、うれしいです。

ではまた〜。