ブログのドメイン名 ─ おすすめの決め方&取得方法【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログのドメイン名は、何にしたら良い?
・ドメイン名を決めるコツは?
・注意点は?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・どんなドメイン名でも、アクセス数に影響しない
・決めるときのコツは、「ブログ名 or 自分の名前にする」「トップレベルドメインにする」「短くする」の3点
・注意点は、「日本語ドメインを使わない」「海外ドメインを使わない」「企業名 or 商品名を入れない」の3つ

※ 記事内容は、すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログのドメイン名 ─ ドメインって、なに?

ドメインとは、ネット上の「住所」です。

住所を登録していないと、「家」( ≒ ウェブサイト or ブログ)を建てられませんよね

なにはともあれ、ブログを開設するには、ドメインを取得する必要があります。

ブログのドメイン名 ─ 決めるときのコツ

つぎにドメイン名を決めるコツを、みていきます。

ポイントは、つぎの3つです。

  • 「ブログ名」or「自分の名前」にする
  • メジャーな「トップレベルドメイン」にする
  • 短くする

それぞれ、カンタンに説明していきます。

コツ① ─ 「ブログ名」or「自分の名前」にする

ショージキ、ドメイン名によって、アクセス数に影響があるわけでは、ありません。

けれど、ドメイン選びは、けっこう迷います。

そうそうカンタンに変えられないからです。

あとで変更できますが、「リダイレクト設定」など、かなり手間です😪

ある意味〝一生もの〟です

ですので、「選択に迷うかなぁ」と思います。

そんなときは、

・ブログ名
or
・自分の名前

にしましょう。

理由は単純です。

サイト or ブログの読者に認知されやすいからです。

たとえば、

ドメイン:https://yahoo.co.jp
サイト名:Yahoo! JAPAN
ドメイン:https://manablog.org
ブログ名:manablog

といったかんじ。

ドメイン名と同じにすることで、「自分の名前」「サイト名」のブランド価値が、アップします

SNSとも連携させやすくなります。

ちなみに、このブログのドメインも、わたし自身の名まえです😊

コツ② ─ メジャーな「トップレベルドメイン」にする

「トップレベルドメイン」とは、「ドメイン末尾の文字列」のこと。

» 解説「TLD(トップレベルドメイン)」| JPRS用語辞典

このブログでいえば、

.com

の部分ですね。

トップレベルドメインには、「メジャーなもの」と「マイナーなもの」があります。

メジャーなものは、むかしからあるドメインです。

代表的なのは、

・「.com」
・「.net」
・「.co.jp」

など。

いっぽう、マイナーなドメインは、さいきんできたものが多いです。

・「.site」
・「.me」
・「.salon」

SEO の影響力からみて、両者に違いはありません。

どちらを選択しても、オーケーです。

とはいえ、最近うまれたトップレベルドメインだと、初見の読者から「あやしいなぁ」と思われる可能性があります

ですので、個人的には、メジャーな「トップレベルドメイン」をおすすめします。

コツ③ ─ 短くする

いまでは通信速度があり、多少ドメイン名が長くても、問題はありません。

とはいえ、「短い」ほうが有利です。

理由は単純で、

短いほうが、初見の読者さんに覚えてもらいやすい

からです。

ですので、こだわりがなければ、なるべく短いドメイン名にしましょう。

ブログのドメイン名 ─ 決めるときの注意点

さいごに、注意点をあげていきます。

以下の3つです。

  • 「日本語ドメイン」は使わない
  • 「海外ドメイン」は使わない
  • 「企業名」「商品名」は入れない

それぞれ、みていきます。

注意点① ─ 「日本語ドメイン」は使わない

日本語ドメインとは、文字どおり、日本語が含まれているドメインです。

たとえば、

・東京.com
・お正月.com
・コンビニ.com

みたいなかんじです。

こちらも、SEO の面からみて、影響はありません。

記事内容がよければ、ふつうに検索画面で「上位表示」されます。

しかし日本語ドメインは、

SNSでシェアするときに「文字化け」する

という欠点があります。

見栄えがよくないので、日本語ドメインは、おすすめしません

注意点② ─ 「海外ドメイン」は使わない

海外ドメインとは、「各国にひもづいたドメイン」のことです。

たとえば、

・「.ca」(カナダ)
・「.de」(ドイツ)
・「.hk」(香港)

あなたのブログが、日本をメインに発信するなら、日本以外の「海外ドメイン」は、使わないようにしましょう

というのも、Google は、各国にひもづいたドメインと、検索される地域を、ひもづけてしまうからです

具体的には、ドメインを「.ca」にしてしまうと、カナダ人向けに発信されたサイト、と認識してしまいます

たとえ「日本語」で書かれていても、カナダでの検索画面にしか、表示されません。

なので、海外ドメインは、ゼッタイに取らないようにしましょう。

注意点③ ─ 「企業名 or 商品名」を入れない

企業名 or 商品名を、ドメインに入れるのは、NGです

あとあとになって、商標 or 著作権の問題に〝ひっかかる〟可能性があるからです

アフィリエイト提携ができなくなるケースも、出てきます。

さいあく、「ドメイン停止」なんていう事態も。。

リスクを避けるためにも、企業名 or 商品名は、入れないようにしましょう。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・どんなドメイン名でも、アクセス数に影響しない
・決めるときのコツは、「ブログ名 or 自分の名前にする」「トップレベルドメインにする」「短くする」の3点
・注意点は、「日本語ドメインを使わない」「海外ドメインを使わない」「企業名 or 商品名を入れない」の3つ

といったかんじです。

ドメインを取得したら、つづいて、レンタルサーバーの契約を検討してみましょう。

この記事が、「ドメインを取得したい人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。