仮想通貨取引所『DMM Bitcoin』 ─ 特徴・手数料・セキュリティについて。

きょうは、仮想通貨・取引所『DMM Bitcoin』の特徴をみていきます。

ご利用するときの参考に。

それではどうぞ。

『DMM Bitcoin』の基本情報

まずは基本情報から。

運営スタイル、取扱コインをみていきましょう。

運営スタイル & 取扱コイン

運営スタイル販売形式
取扱コインBTC
XRP
ETH
BCH
LTC

運営スタイルは、取引所から、じかに購入する「販売形式」をとっています。

販売形式 / 交換形式のちがいについては、こちらの記事をごらんください。

仮想通貨・取引所 ─ 運営スタイル、手数料について。

手数料については、利用者同士で、コインのやり取りをする「交換形式」のおトクです。

とはいえ、販売形式をとっている『DMM Bitcoin』は、取引所のなかでは、トップクラスで安いです。

手数料については、そこまで気にしないで大丈夫です。

また、取扱コインについても、ビットコインをはじめ、主なアルトコインを網羅しています。

「取引したいコインがない……」なんて事態は、キホンおこらないと思います。

各種手数料

手数料はどうでしょう。

まとめると、こんなかんじです。

入金手数料¥ 0
出金手数料¥ 0
取引手数料(現物)¥ 0
レバレッジ手数料0.04%

手数料の意味についても、こちらの記事をごらんください。

仮想通貨・取引所 ─ 運営スタイル、手数料について。

では、それぞれの手数料について、カンタンにみていきます。

入金 / 出金・手数料

口座への入金 / 口座からの出金は、きほんタダです。

ただし、銀行側の手数料は、かかってしまいます。

それでも、『住信SBIネット銀行』を利用すれば、銀行サイドの手数料も、タダにできます。

ちなみに、『住信SBIネット銀行』は、ほかの仮想通貨・取引所でも、入金 / 出金・手数料がタダになるケースが多いです。

本格的に、仮想通貨投資をする人は、かならず申し込んでおきましょう。

口座開設は、無料です。

取引手数料(現物)

『DMM Bitcoin』側から、コインを購入するときの手数料も、タダです。

ただし、あなたの口座なり、ウォレットに送金するときの費用は、「マイナーへの手数料」としてかかります。

コレは、どこの取引所でも、同じです。

コインの種類によって、手数料はことなるので、取引するさいは、あらかじめチェックしておきましょう。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは、仮想通貨 FX 取引にかかる費用のことです。

なので、仮想通貨で、FX しない人には、カンケーありません。

公式では、「建玉ごとに 0.04% 」となっており、数ある取引所のなかで、トップクラスで安いです。

とはいえ、わたしは、仮想通貨の FX 取引には、ギモンをもっているので、まだ手を出していません。

やる方にとっては、手数料がダントツで安いので、利用していみると良いかと思います。

セキュリティ

かんじんのセキュリティは、どうでしょう。

まとめると、こんなかんじです。

金融庁認可
資産の分別管理
二段階認証
コールドウォレット
マルチシグネチャ
SSL の評価
サーバーの安定性

「資産の分別管理」「二段階認証」「コールドウォレット」など、キホン的なセキュリティ対策は、ほどこされています。

「資産の分別管理」とは、ユーザーが預けた資産(=現金&仮想通貨)を、『GMOコイン』の資産と分けて管理するしくみのこと。

2つのあいだで差分(過不足)がないかを、随時チェックして、盗難リスクを避けます。

さまざまな対策がとられていますが、「100% 安全」はありません。

セキュリティについては、公式サイトをかならずチェックしましょう。

おわりに

仮想通貨取引所『DMM Bitcoin』の手数料、セキュリティをみていきました。

キホンな手数料は、すべて無料です。

ひんぱんに取引する人には、うれしいですね。

キホン的なセキュリティ対策もなされているので、安心感もあります。

取引画面もシンプルで、スムーズにコインのやり取りができます。

とくに、初めての方にはおすすめです。

口座をつくるだけなら無料です。

よければ、チェックしてみてください。

ではまた〜。