ブログ記事 ─ 検索上位のコツ&方法【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・記事の検索順位が上がらない
・順位アップには、なにをすればいいの?
・順位アップのコツを教えてほしい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・順位アップには、まずは「検索のしくみ」を知っておく
・そのうえで、コツは「キーワードを意識する」「タイトルを工夫する」「内部リンクを添える」「なかみを充実させる」の4つ
・とはいえ、テクニックよりも「読者の役に立つ記事」を書くことが、たいせつ

※ すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログ記事の上位表示 ─ 検索のしくみ

検索順位を上げるには、まずは「検索のしくみ」を知っておきましょう。

順位は、Google が定めた「評価決定方法」をモトに決定されます

この決定方法を「検索アルゴリズム」と呼びます。

よく「Google アルゴリズム」の変動で、順位が下がった/上がった、と騒いでいますね。アレです。

アルゴリズムは、さまざまな要素から成り立っています。

そのなかでも、2つの要因から順位を決めている、とされています。

  • コンテンツ
  • 被リンク

です。

この2点をおさえることで、あなたの記事が、上位表示されやすくなります

それぞれ、カンタンにみていきます。

順位を決める要因① ─ コンテンツ

コンテンツとは「なかみ」のこと。

つまり、内容が良ければ、順位は上がりやすくなります

では、「良い内容の記事」とは、なにか?

それは、

読者にとって、役に立つ記事

です。

読んだ人が、「役に立った!」と思えば、記事の順位はアップします

考えてみたら、当然です。というのも、わたしたちが検索するときは、「疑問」「悩み」があって、キーワードを打ちこみます。問いに答える記事を見つけたときに満足します。つまり「役に立つ記事」を書けば、しぜんと評価も上がるわけです😊

じつは、Google 自身も、評価方針については、はっきりと表明しています。

Google の哲学(理念)を表したページで、ユーザーの利便性(=お役立ち)をイチバン優先する、と宣言しています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

─ 『Google が掲げる 10 の事実』

» Google が掲げる 10 の事実

Google の理念からも、検索順位アップには、役に立つコンテンツが重要なのか、わかります。

順位を決める要因② ─ 被リンク

もうひとつは、「被リンク」です。

「外部リンク」ともいいます。

被リンクとは、

あなたのサイト or 記事が、ほかのウェブサイトからリンク受けること

をさします。

つまり、ほかのサイトから参照&引用を受けたとき、あなたの評価が上がります

記事の検索順位もアップします

Google の検索サービスが成長したのは、外部リンクのようすをつかむのが、得意だったから。

そのため、あなたの記事が、ほかのサイトから引用されると、しぜんに検索順位も上がっていきます。

けれど、さいきんでは、「被リンク」による〝評価の重み〟は下がっています。というのも、「Google ロボ」の精度が上がり、1つの記事を見ただけで「良い記事/悪い記事」を判断できるからです。外部リンクによらずとも、サイト評価ができてしまう。。恐ろしいといえば、恐ろしいです😅

ブログ記事 ─ 検索上位のコツ

以上、Google 検索のしくみをふまえたうえで、順位アップのコツをあげていきます。

つぎの4点です。

  • キーワードを意識する
  • タイトルを工夫する
  • 内部リンクを添える
  • なかみを充実させる

それぞれ、みていきます。

コツ① ─ キーワードを意識する

なにより重要なのは、「キーワード選び」です。

わかりますよね。

検索する人は、さいしょに「キーワード」を打ちこむからです

たとえば、iPhone12 のケースを購入しようとしている人は、[iPhone12 ケース]と打って、どんな商品&紹介記事があるのか、調べます。

つまり、

キーワード=読者の悩み

というわけです。

読者の疑問に答えることで、記事の評価も上がります。

「役に立った!」と思ってもらえると、サイトの評価もアップします

結果、検索順位も上がっていきます。

なので、順位アップには、キーワード選びが、なによりたいせつです。

キーワード選びについては、こちらの記事で、くわしく解説しています。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

よければ、チェックしてみてください。

コツ② ─ タイトルを工夫する

記事のタイトルには、注意を払いましょう。

タイトルとは、html の「title タグ」にあたる部分です。

「Google ロボ」は、記事内容を評価する場合、「title タグ」チェックします

ですので、タイトル付けには、工夫をこらす必要があります

といっても、カンタンです。

キホン、「キーワード」を含めれば、オーケーです

「キーワード」を入れたら、あとは勝手に「Google ロボ」が評価してくれます

たとえば、「iphone12 のケース」について、記事を書いているなら、タイトルに、

[iPhone12]
[ケース]
[レビュー]
[おすすめ]

といった「キーワード」を混ぜれば、オーケーです。

タイトルついては、そこまでムズかしく考える必要はありません。

その意味でも、「キーワード選び」のほうが、よっぽど大事です。記事の構成だけではなく、「Google ロボ」からの評価も決めてしまうんですから。なので、記事を書くうえでは、タイトルよりも「キーワード選び」に時間をかけましょう😊

記事タイトルについては、こちらの記事で、くわしく説明しています。

よければ、ご参考に。

ブログタイトルの付け方・決め方 ─ 原則&テクニックを紹介【実体験】

コツ③ ─ 内部リンクを添える

3つ目は、内部リンクを添える、です。

内部リンクとは、

サイト内の別ページのリンク

のこと。

いまも、「よければご参考に」のあとに、別ページの記事を紹介しましたよね。

それです。

内部リンクを挿入することで、読者の満足度が上がります

詳しい内容を知ることができて、より「役に立った!」と思ってもらえるからです

サイトの滞在時間も増えて、「Google ロボ」からの評価も上がります。

結果、検索順位もアップします。

ですので、記事の途中 or 最後に、内部リンクを必要かあれば、しっかりと添えるようにしましょう。

ちなみに、必要もないのに、ペタペタと貼りつけるのはNGです。以前は、サイトの滞在時間を増やすため、いくつも貼るのが「良し」とされました。けれど、いまは「Google ロボ」の精度が上がっています。〝ズル〟は見抜かれています。ですので、内部リンクは、読者の満足度をいちばんに考えて、貼るようにしましょう😊

コツ④ ─ なかみを充実させる

さいごは、補足です。

順位アップのテクニックは、〝星の数〟ほどあります。

とはいえ、イチバン肝心なのは、記事のなかみを充実させることです

つまり、読者が「役に立った!」と感じる記事を、たくさん書くことです

理想論ではありません。

というのも、年々「Google ロボ」(検索アルゴリズム)が進化しているからです。

読者の満足度を、キカイが自動で評価できるしくみが、できあがっているからです

小手指のテクニックは通用せず、シンプルに「読者にとって役に立つ記事」を書けば、しぜんと検索順位が上がるようになってきています😊

ですので、〝妙なズル〟は考えずに、「読者を喜ばせる記事」を、淡々と書きましょう。

その積み重ねが、順位アップにつながります。

記事の書き方は、こちらの2冊が役に立ちます。

学びながら、手を動かすと、しぜんと成果が出てきます。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・順位アップには、まずは「検索のしくみ」を知っておく
・そのうえで、コツは「キーワードを意識する」「タイトルを工夫する」「内部リンクを添える」「なかみを充実させる」の4つ
・とはいえ、テクニックよりも「読者の役に立つ記事」を書くことが、たいせつ

といったかんじです。

この記事が、「検索順位アップのコツ&方法を知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。