ブログのアクセスがない ─ ゼロの理由と対処法【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログを書いているのに、アクセスが「ほとんどない」
・アクセスゼロの理由が、わからない
・対策を知りたい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・アクセスがない理由は、「時間が経っていない」「検索表示しない設定にしている」「読者に寄り添っていない」の3つ
・対策としては、「SEO の知識を身につける」「書く分野をしぼる」「継続する」の3つが有効
・読者に寄り添いつつ、継続することが、なによりたいせつ

※ すべてわたしの実体験です。

さいしょに、アクセスがない or ゼロの理由を、あげていきます。

つぎに、そのときの対策を3つあげていきます。

以下、目次に沿って、みていきますね。

アクセスがない or ゼロの理由

アクセスがない or ゼロの理由として、つぎの3つが考えられます。

  • 検索表示には、時間がかかる
  • 「検索非表示」に設定している
  • 読者に寄り添っていない

それぞれ、みていきます。

理由① ─ 検索表示には時間がかかる

1つ目の理由が、コレです。

どんなにすばらしい記事でも、検索結果に表示されるまでに、時間がかかります

最低でも、

3ヶ月〜6ヶ月

は、かかります。

考えてみれば、あたりまえです。

たとえば、あなたが Google 検索したときに、毎回、出てくる結果が変わっていたら、どう思いますか?

混乱しますよね。

Google 側からすれば、

・できたばかりのサイト
・書かれたばかりの記事

は、上位表示させにくい。

記事の信用が、はっきりしないからです

こんな背景から、検索結果が表示されるまでには、時間がかかります。

どんなに早くても「3ヶ月」です。

あなたと同じテーマで書いているサイト&ブログが多数あれば「1年以上」は、かかります

アクセスがない/ゼロだからといって、焦る必要はありません。

気長に待ちましょう。

理由② ─「検索非表示」に設定している

2つ目は、技術的な理由です。

そもそもあなたの記事が、Google 検索に表示しない設定にしている可能性があります。

よくありがちなのが、つぎの2つです。

  • 「noindexタグ」をつけている
  • 「robots.txt」で Google のクロールを回避している

カンタンに、ふれていきます。

「noindexタグ」をつけている

「noindexタグ」とは、

Googleに「この記事は検索で表示しないでね」

と、お知らせするタグのこと。

これが設定されていると、Google にたいして「データベース登録」を拒否するようになります。

どんなに記事内容を修正しても、検索表示されません。

なので、自分のサイト or ブログが、「noindexタグ」を入れてしまってないか、チェックしましょう。

WordPress で管理している人は、ボタン1つで「noindexタグ」を付けることができます。つぎのサイト参考に、設定していないか、確認にしてみましょう。

» noindexの使い方|バズ部

「robots.txt」で Google のクロールを回避している

「robots.txt」は、Google が、クロールするページを指示するためのファイルです。

まちがって記述し、「Google ロボ」にたいして、「クロール拒否」を指示していると、検索結果に表示されません

こちらも、誤って設定していないか、確認しておきましょう。

» サイト最適化の為のrobots.txtの書き方と効果的な活用方法|バズ部

理由③ ─ 読者に寄り添っていない

さいごがコレです。

しばらく経っているのに、アクセスがなく、記事が読まれない ……

そんな場合は、記事のなかみに問題があります。

ハッキリいえば、

読者に寄り添っていない ─ 。

考えてみてほしいんですが、ネット利用者は、

・興味があること
・疑問に思うこと

を求めて、記事を読みます。

あなたも、そうですよね?

・つまらないこと
・解決済みのこと

のために、わざわざ時間を割いて、記事を読もうとしません。

つまり、「アクセスゼロ」とは

読者の興味をひかず、悩みを解決していない

ことを、意味しています。

厳しく言うと、相手の気持ちを考えず、ダラダラ記事を書いているわけです。

ですので、「アクセスがない」と悩んでいるなら、なにより、

・読者は何を求めているんだろう?
・読者にとって「役に立つ」だろうか?
・読者を励ましているだろうか?

─ このような視点をもち、あらためて、記事を書き直す必要があります。

と、エラソーに語っていますが、わたしも読者に寄りそわずに記事を書き、アクセスゼロの時代を経験しています。苦しみは、よく分かります。とはいえ、ブログは正直です。相手のタメなら読まれます。ムダなら読まれません。残酷ですが、これが事実です。腹をくくりましょう😶

「読者が何を求めているか」については、「検索キーワードの特定」が、なにより重要です。

検索キーワード=読者の悩み

だからです。

キーワード選びについては、こちらの記事でくわしく述べています。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

よければ、チェックしてみてください。

ブログのアクセスがゼロ or ないときの対策

つづいて、対策を述べていきます。

わたしなりの経験から、つぎの3つが有効です。

  • SEO の知識を身につける
  • 書く分野をしぼる
  • 継続する

それぞれ、みていきます。

SEO の知識を身につける

Webマーケティング業界では、「これからは SEO から SNS 時代」と言われています。

とはいえ、まだまだ SEO の影響は強いです。

あなたも何か分からないときがあるとき、Twitter や Instagram から情報を得るより、Google 検索を利用しますよね?

ですので、アクセスを伸ばすには、SEO の知識をアタマに入れておく必要があります

SEO を意識することで、

・読者の悩みに答えられる
・「Google ロボ」に認識され、検索上位に表示されやすくなる

─ こんな効果が期待できます。

やれることは、やっておきましょう。

書く分野をしぼる

2つ目は「ブログのテーマをしぼる」です。

(ひとのことは言えませんが 😅)アクセスに伸び悩んでいる人は、発信テーマが「ちくはぐ」「バラバラ」になっている傾向があります。

はじめのうちは、雑記ブログで、いろんなジャンルのはなしを書いてもオーケーです。

けれど、それなりに記事数が増えてきたら、カテゴリーをしぼるようにしましょう

そのさいの基準は、

・経験がある
・興味がある

の2つ。

あなたが〝経験済み〟ということで、記事の内容に説得力が出てきます。

また、あなたが「楽しい」「面白い」と感じていることで、記事内容が〝イキイキ〟して、読者を惹きつけます

ブログにおいて、

相手に役立つ/自分が楽しい

のバランスは〝永遠のテーマ〟です。

調和をはかりながら、記事執筆にのぞんでいきましょう

継続する

ラストが、コレです。

ブログにおいて継続は、もっともたいせつです

ショージキ、「これがすべて」と言ってもいいくらいです

「アクセスが、まったくない」
「アクセスが、伸びない」

と嘆いて、更新をやめれば、そこで終了です。

そのためには「継続できる」環境や気持ちを、できるだけ整えておく必要があります

たとえば、

・ブログを書く場所を「固定化」する
・ブログの執筆を「習慣化」する

などなど、物理面でも精神面でも、ゆとりをもってのぞむ態度が、たいせつです。

焦らず、じっくり取り組みましょう。

「ブログ継続のコツ」については、こちらの記事でくわしく述べています。

ブログを継続するコツ ─ 方法は4つ【実体験】

よければ、ご参考にどうぞ。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・アクセスがない理由は、「時間が経っていない」「検索表示しない設定にしている」「読者に寄り添っていない」の3つ
・対策としては、「SEO の知識を身につける」「書く分野をしぼる」「継続する」の3つが有効
・読者に寄り添いつつ、継続することが、なによりたいせつ

といったかんじです。

この記事が、「ブログのアクセスがない or ゼロで悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。