特化ブログ/雑記ブログ ─ どっちがおすすめ?【ブログ歴4年】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEBメディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・特化ブログ/雑記ブログの特徴は?
・それぞれのメリット/デメリットは?
・どっちが、おすすめ?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・特化ブログは、「PVが増えやすい」いっぽう、「飽きやすい」
・雑記ブログは、「楽しく続けられる」いっぽう、「お金を稼ぎにくい」
・さいしょは、「雑記ブログ」が、おすすめ

目次に沿って、くわしくみていきます。

特化ブログの特徴

まずは、特化ブログの特徴から。

メリット/デメリットは、つぎのとおり。

メリット
PVが増えやすい
収益化しやすい
デメリット
検索ボリューム数が少ない
飽きてしまう

それぞれ、みていきます。

メリット① ─ PVが増えやすい

特化ブログでは、発信テーマが絞られています。

そのため、想定読者が明確で、リピーターも獲得しやすい

結果、PVも増えやすくなります

なるべく早く、読者を獲得したいなら、特化ブログを選ぶことになります。

メリット② ─ 収益化しやすい

テーマを絞ることで、あなた自身、その分野について、詳しくなっていきます

記事の質も上がり、情報の価値もアップします

それにより、ブログ全体の「信用性」も高まり、アクセスもより増えていきます

当然、PVが増えれば、収益化もしやすくなります。

たとえば、「猫好き」からすれば、「ペット全般」に発信しているサイトより、「ネコ」に特化したブログのほうが、読んでみたくなります。

ブログで、

猫マニアがおすすめする「キャットフード」5選

と紹介されていたら、そちらで買ってみたくなりますよね。

専門性が高いぶん、収益化にも、つながりやすくなります

デメリット① ─ 検索ボリューム数が少ない

検索ボリュームとは「全体の検索数」のこと。

テーマを絞りすぎると、読んでくれる人が、そもそも少ない危険性が出てきます。

いわゆる〝お客さんがいない状態〟です。

イメージとしては、砂漠のど真ん中で、お店を開いているかんじですね。

たとえば、「えんぴつ」に特化したブログだと、「えんぴつ好き」なら、集まるかもしれません。

けれど、読者の数が見込めないので、PVの獲得も期待できません。

あまりにニッチすぎると、検索もされず、人数を集められない

当然、集客できないので、収益化もムズかしくなります。

デメリット② ─ 飽きてしまう

こちらは、モチベーションの問題です。

同じテーマで発信していると、シンプルに飽きてきます

結果、ブログの更新頻度が少なくなります

さいあく、そのままブログを止めてしまう恐れもあります

たとえどんな好きなテーマでも、この事態に陥ります。

わたし自身、大好きな「お笑い」に特化したサイトを運営していました。しかし、1年を過ぎたあたりで、「飽き」がきました。で、そのまま、更新を止めてしまいました。

こんなふうに、どんな好きなことでも、毎日くりかえしていれば、イヤになってきます。

飽きがくる」 ─ これが、特化ブログの最大のデメリットです

雑記ブログの特徴

文字どおり、雑記ブログでは、〝いろんなこと〟を扱うことができます。

キホン、なにを書いてもオーケーです。

この特徴から、つぎのような、メリット/デメリットがあります。

メリット
ネタに困らない
継続しやすい
デメリット
PVが伸びづらい
収益化しづらい

それぞれ、みていきます。

メリット① ─ ネタに困らない

雑記ブログでは、何でも書けます。

なので、記事ネタに困ることは、ありません。

「書けることは、書いてしまった……」

─ こんな状態に陥ることは、ないんですね。

雑記ブログの場合、あなたの〝身のまわり〟のことが、すべてネタになります

うまくやれば、収益化もできます。

たとえば、なにか商品を買ったら、感想を書いて、アフィリエイトリンクを貼る。

これだけで、ちょっとした「おこづかい」になります。

ネタに困らず、〝産みの苦しみ〟に陥ることが、ありません。

メリット② ─ 継続しやすい

何を書いてもいいので、たのしく、ラクに続けられます。

テーマが決まっていないぶん、ヘンなプレッシャーがありません。

「思いついたことを、メモ程度に、書いておこうかな?」

─ 軽い気持ちで、パチパチ打てるんですね。

気楽なぶん、楽しくブログを続けられます。

デメリット① ─ PVが伸びにくい

イチバンのデメリットは、これです。

雑記ブログは、PVが伸びにくいです。

というのも、

・読者を絞れない
・記事の質が低い

からです。

まず、テーマがバラバラなので、なかなか読者がつきにくいです。

たとえば、あなたが「ラーメン店の紹介記事」を書いたとしましょう。

興味をもった読者は、その記事を読みます。

同時に、あなたのブログを認知します。

で、もう1回おとずれたときに、「ラーメンに関する記事がある」と思いきや、「新作のパソコン」について書かれていた……

─ これでは、リピートとなる読者は、増えませんよね。

また、あっちこっち、いろんなことを書いていると、どうしても情報の質が、下がってしまいます

読者としては、専門サイトのほうが「ちゃんとしている」と思い、そちらに流れます

結果、なかなかPVが伸びません。

デメリット② ─ 収益化しづらい

①と関連しますが、PVが伸びないと、収益化もムズかしいです。

少ないPVで、収益化しているサイト&ブログも、あることにあります。

けれど、キホン、インターネットの世界では、PV数と収益額は、比例します

よりたくさん人が集まるところに、お金が落ちます

雑記ブログでは、PV が伸びにくいので、そのぶん、収益化もムズかしくなります

おすすめは「雑記ブログ」

特化ブログ/雑記ブログ ─ それぞれのメリット/デメリットをみていきました。

以上をふまえて、わたしのおすすめは、

雑記ブログ

です。

というのも、特化ブログだと「飽き」がきて、止める危険性が高いからです。

このあたりは人によりますが、人間の興味って、なかなか続くものではありません

これは、わたしが以前、サイト運営していた体験から分かることです。

どんなに好きなことでも、発信する側にまわれば、かならず「飽きる瞬間」がやってきます

ここを乗りこえられず、更新を止めてしまった人を、何人もみてきました

なので、さいしょは、雑記ブログから始めるのが、おすすめです。

・テーマを5つくらいに広げておく ─ 。
・続けるなかで、そのうち2つか3つに絞っていく ─ 。

この流れですすめると、ブログ運営がラクにります。

たしかに、しばらくは、PVも集まらず、収益化もムズかしい。

けれど、長い目でみれば、雑記ブログのほうが、のちのちの利益につながっていきます

SNSと組み合わせることで、ブログそのものが、あなたの人生の土台(母艦)になっていきます。

何度も挫折した経験から、雑記ブログから始めるのを、つよくおすすめします。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・特化ブログは、「PVが増えやすい」いっぽう、「飽きやすい」
・雑記ブログは、「楽しく続けられる」いっぽう、「お金を稼ぎにくい」
・さいしょは、「雑記ブログ」が、おすすめ

「特化ブログ」のほうが、短期間でPVが伸びやすく、収益化をしやすいです。

けれど、書いているうちに「飽き」がきて、更新を止めてしまいます。

いっぽう、「雑記ブログ」は、しばらくPVが伸びず、収益化もムズかしいです。

とはいえ、楽しく続けられます

結果、PVも伸びて、じょじょにお金を入ってきます

長い目でみれば、雑記ブログのほうが、おすすめです

興味があるテーマが出てきたら、だんだんに絞っていくのが、ブログ運営のコツです

..

雑記ブログ/特化ブログ ─ どちらか決まったら、つづいて、SEO の知識を、ざっくり理解しておきましょう。

SEO の概要については、こちらで解説しています。

また、SEO 対策のやり方&手順については、こちらで説明します。

この記事が、「特化ブログ/雑記ブログの選択に悩んでいる人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。