ブログタイトルの付け方・決め方 ─ 原則&テクニックを紹介【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログタイトルの決め方が、わからない
・工夫しているのに、なかなか「クリック」されない
・PVが増える、「タイトルの付け方」を知りたい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・原則は、「狙ったキーワードを入れる」「読者の疑問に答える」「文字数を意識する」の3つ
・テクニックは、「数字を入れる」「自分の専門・実績を入れる」「つい見てしまうワードを入れる」の3つ
・テクニックにこだわず「原則」を踏まえるのが、たいせつ

※ すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログタイトルの前提知識

タイトルは「PV」「クリック率」に影響する ─

ブログを運営していれば、イヤというほど、わかります。

理由はカンタンで、タイトルがそのまま、検索結果ページに表示されるからです。

とはいえ、サイトや書籍をのぞくと、タイトル付けについて、〝テクニック論〟が先行しています

バカにはしませんが、はじめに「原則」をおさえてから、テクニックを施すほうが、効果は高いです。

ブログタイトルのつけ方 ─ 原則編

というわけで、原則をしっかりおさえましょう。

絶対に外せないのは、つぎの3つです。

  • 狙ったキーワードを入れる
  • 読者の悩み・疑問に答える
  • 文字数を意識する

それぞれ、みていきます。

原則① ─ 狙ったキーワードを入れる

「わかってるよ!」とツッコミが来そうですね(笑)

タイトルには、「狙ったキーワード」を含めましょう。

[iphone12 ケース]ならば、

おすすめの「iphone12 ケース」5選

みたいなかんじですね。

なお、キーワードの選び方については、こちらの記事で述べています。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

ご参考に。

原則② ─ 読者の悩み・疑問に答える

見落としがちなのが、ココです。

タイトルには、

読者の悩みを示す「単語」「文言」

を、かならず入れましょう。

というのも、読者は、自分が分からないことを、キーワードのかたちで「検索窓」に打ちこむからです。

表示されたページに、自分の疑問&答えが記されているタイトルをクリックして、ブログを読むわけです。

もしタイトルに「疑問&答え」が書かれていないと、ふつうにスルーされて、終わりです。

そもそも「Google ロボ」の性質上、利用者が打ちこむキーワードが、タイトルに含まれていないと、検索結果に表示されません😇

ですので、タイトルには、

・読者の悩み・疑問をあらわす単語

は、かならず入れるようにしましょう

たとえば、[ IT 転職 営業]を狙って記事を書くなら、

「営業職の人が、 IT 業界へ転職したほうがいい理由【実体験】」

といったかんじです。

[ IT 転職 営業]で検索する人は、〝転職したほうがいい理由〟が分からず、その答えを求めているはずです。

検索する人の意図を考えて、タイトルをつけるのが、たいせつです。

原則③ ─ 文字数を意識する

こちらは、形式上のおはなしです。

Google で検索したさい、表示される結果のタイトルは、「30〜40字」がマックスです。

それをこえると、ブログのタイトルが〝見切れて〟しまいます。

ですので、検索した人が分かるように、文字数には気をつける必要があります。

ただし、注意したいのは、

「ベストな文字数」

は、定義できないこと。

ひとむかしまえは、「32文字」がベストでした。

どのデバイス or ブラウザでも、「32文字」を上限に、検索結果が表示されていたからです。

けれどいまでは、検索する人の環境によって、文字数が異なります。

スマホ/パソコンによって、表示される文字数が、違うんですね。

なので、

「文字数は「◯◯字」にすべし!」

と、ルール化しないほうが、良いです。

Google の仕様によって、いくらでも文字数は、変わるからです。

たいせつなのは、

タイトルだけをみて、あなたの記事内容が〝推測〟できるかどうか ─

コンパクトにまとめて、記事内容を示せるかが、ポイントです。

ブログタイトルのつけ方 ─ テクニック編

以上3つの原則は、かならず踏まえるようにしましょう。

基準をクリアしつつ、つぎのテクニックを施すと、より効果があります。

  • 「数字」を入れる
  • 自分の「実績」を入れる
  • 「ついつい見ちゃうワード」を入れる

それぞれ、みていきます。

テクニック① ─ 「数字」を入れる

自然言語にくらべて「数字」は、客観的です。

読者も迷わずに、選択できます。

たとえば、

「短期間で大金を稼ぐ方法」

よりも

「1年以内に「月100万円」を稼ぐ方法」

のほうが、明確ですよね。

こちらのほうが、より推測しやすく、検索する人は、クリックしてくれます。

想定読者をしぼる意味でも、「数字」を入れるのは、たいへん有効です。

テクニック② ─ 自分の「実績」を入れる

これは「権威性」を利用したテクニックです。

タイトルの内容に〝説得力をもたせる〟ことで、クリック率をあげる方法です。

たとえば、

「1年以内に「月100万円」を稼ぐ方法」

よりも、

【年収1億のわたしが語る】「1年以内に「月100万円」を稼ぐ方法」

のほうが、説得力が増しますよね。

「権威性」をつけることで、クリックしてもらえる確率が、高くなります。

テクニック③ ─「ついつい見ちゃうワード」を入れる

一般に、ひとは、

・健康(Health)
・野望(Ambition)
・人間関係(Relation)
・お金(Money)

の事がらに、〝目がいきがち〟です。

たいてい、これら4つのどれかに、悩んでいるからです。

メンタリスト「DaiGo」さんは、頭文字をもって「HARM の法則」と呼んでますね。

〝ひとの習性・特質〟をふまえつつ、つぎのような「単語」をタイトルに含めると、クリック率が高くなります。

・安全・安心
・大丈夫
・成果・成功
・達成
・恋人
・上司/部下
・稼げる
・節約

「コレ!」といったフレーズ決まってません。

けれど、それぞれに関連した単語を入れると、クリック率はアップします。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・原則は、「狙ったキーワードを入れる」「読者の疑問に答える」「文字数を意識する」の3つ
・テクニックは、「数字を入れる」「自分の専門・実績を入れる」「つい見てしまうワードを入れる」の3つ
・テクニックにこだわず、原則を踏まえるのが、たいせつ

といったかんじです。

「タイトルの書き方」を把握したら、つづいて、「記事の導入部(リード文)の書き方」も知っておきましょう。

くわしいはなしは、こららで説明しています。

この記事が、「ブログのタイトル付けに悩んでいる人」のヒントになれば、うれしいです。

ではまた〜。