ブログにおける「SEO 対策」のやり方&手順 ─ わかりやすく解説

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログにおける「SEO 対策」とは?
・対策のコツは?
・じっさいのやり方・手順を教えてほしい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・「SEO 対策」とは、検索の上位ページにあげるための施策
・「顕在ニーズ/潜在ニーズ」の意識をすると、PV数が増えやすい
・「7つの手順」にしたがえば、「SEO 対策」を施した記事がつくれる_

※ すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログ SEO 対策の本質

SEO とは、「検索エンジン最適化」のこと。

わかりやすくいえば、「Google 検索で、上位表示させる技術」です。

「SEO 対策」といったときは、

上位表示させるため、サイトにたいして、さまざまな仕掛けを施すこと

を意味します。

「SEO 対策」ができている=検索意図に応えている

ムズかしい話はさておき、本質を述べます。

「SEO 対策」とは、

ユーザーの「検索意図」に応えるように、適切に「サイト設計」「記事構成」をおこなうこと

をさします。

検索する人が求める情報を、漏れることなく、カンタンに記述する ─

「SEO 対策」の本質は、ここにあります。

顕在ニーズ/潜在ニーズを意識する

SEO 対策において、「顕在ニーズ/潜在ニーズ」の考えは、とっても大切です。

それぞれの特徴は、つぎのとおり。

・顕在ニーズ:ユーザーは欲しいものが「分かっている」
・潜在ニーズ:ユーザーは欲しいものが「分かっていない」

SEO を意識するさい、はじめは「顕在ニーズ」を満たすために記事を書きます。

けれど、これだけでは不十分です

ユーザー(読者)は、本人が自覚していない願望を、心に秘めているからです

たとえば、[iphone12 ケース]を検索して、記事を探しているとしましょう。

当然あなたは、このキーボードに沿って、記事を書きます。

ですが、[iphone12 ケース]を打ちこむユーザーは、本人は自覚していないものの、

[iphone11 ケース 代用]の情報

も求めている、と想像できます。

iphone12 のケースを購入する人は「iphone11 のケースで代用したい」と、心のなかで思っている

と想像できるわけです。

これが「潜在ニーズ」です。

「SEO 対策」を施すときは、〝秘めた願望〟を狙って、記事を書くのが大切です。

「潜在ニーズ」の記事を書くことで、ほかのサイトと差別化できます。というのも、「顕在ニーズ」に沿った記事は競合が多く、「潜在ニーズ」の記事は、ライバルが少ないからです。すこしでもPV数を増やしたいなら、「潜在ニーズ」狙いの記事を書いていきましょう😊

では、じっさいに「SEO 対策」を施す手順をみていきましょう。

流れは、こんなかんじです。

  • 手順① ─ キーワードを選ぶ
  • 手順② ─ 検索状況を把握する
  • 手順③ ─ 記事構成を考える
  • 手順④ ─ 「SEO 対策」のチェック
  • 手順⑤ ─ 内部リンクで記事を関連づける
  • 手順⑥ ─ ディスクリプションを書く
  • 手順⑦ ─ カテゴリーに分ける

順々にみていきます。

SEO対策の手順① ─ キーワードを選ぶ

なにともあれ、「キーワード選び」です。

キーワードとは、〝ユーザー(読者)のニーズそのもの〟ですので。

ここを外すと、記事の作成が〝ムダ足〟に終わります

ニーズを満たさないと、〝だれにも読まれない記事〟が、できあがります。

キーワード選びの方法

やり方はカンタンです。

さいしょに『ラッコキーワード』で、「1つの単語」に関連したキーワードを洗い出します

» ラッコキーワード

整理したら、Google が提供する『キーワードプランナー』で、検索ボリューム(=全体の検索数)を調べます

» Google 広告キーワードプランナー

検索数があることを確認したら、そのキーワードを選択 ─ あとは、コレに沿って、記事の構成を考えていきます。

カンタンですね。

詳しいやり方は、こちらの記事で紹介しています。参考にしてみてください。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

SEO対策の手順② ─ 検索状況を把握する

つづいて、選んだキーワードの「検索状況」を調べましょう。

といっても、こちらのやり方も、カンタンです。

そのキーワードを「ググる」だけです。

[iphone12 ケース おすすめ]を例にしてみます。

検索をかけると、キーワードに沿った記事が出てきますね。

上位の記事にアクセスし、それぞれ「どんな構成になっているか」をチェックします。(※ 物品レビューの場合、「販売サイト」を省きます。)

もちろん、すべて読む必要はありません。

確認するのは、

・記事タイトル
・導入部
・見出しのタイトル

の3つです。

出典:aumo

この3点をみることで、

・読者の疑問
・疑問にたいする答え
・記事の構成

を、大まかに把握できます。

初心者のうちは、導入部&見出しタイトルを、「パクって」いいかなぁと思います。もちろん、同じ表現はNGですが、内容はほぼ同じでもいいかなと。マネることで、SEO のコツがつかみやすくなるので😊

SEO対策の手順③ ─ 記事構成を考える

検索上位の記事をチェックしたら、自分なりに「記事構成」を考えます。

上位記事を参考にしつつ、構成を組み立てていきます。

といっても、ある程度「型」は、決まっています

以下、「4要素の順番で組み立てていく」と、読みやすい記事が、できあがります

・自己紹介(権威づけ)

・読者の悩み・疑問

・疑問にたいする答え

・本文

さいしょに「自己紹介」です。

といっても、たんに「名のる」だけではありません。

「権威性」をそえる必要があります

「自分が記事の内容を語るにふさわしいか」を、アピールします

たとえば、[iphone12 ケース おすすめ]の記事を書くなら、

「こんにちは、〇〇〇です。iphone は5年ほど使っています。」

みたいなかんじです。

記事を読む人が、「この人なら、話を聞いてもいいな」と思わせるように、自己紹介します

つぎに「読者の疑問」&「それにたいする答え」です。

読者の悩みを書いたあと、あなたなりの「答え」を提示します。

ポイントは、導入部で結論を示すことです。

くれぐれも、記事の末尾に「答え」を書かないでください

ネットユーザーは、おどろくほど〝せっかち〟です

すぐに「答え」を書かないと、あっという間に離れてしまいます

さいごが「本文」です。

記事の構成にしたがって、あなたが示した「答え」を、具体的に、わかりやすく書いていきます。

詳しい記事の書き方は、つぎの2冊が参考になります。

SEO対策の手順④ ─ 「SEO 対策」のチェック

本文を書きあげたら、記事の本文で「SEO 対策」がなされているか、チェックします。

確認ポイントは、つぎの3つです。

・「タイトル」にキーワードは入っているか?
・「見出し」にキーワードは入っているか?
・[ h2 タグ → h3 タグ]の順番になっているか?

「タイトル」「見出し」に、さいしょに選んだキーワードが入っているか、チェックしましょう。

入っていないと、「Google ロボ」に正しく評価されません。

ちなみに、見出しのキーワードは、「 h2 タグ」のトコだけでオーケーです。「 h3 タグ」には含めなくてオーケーです。入れると、文章が不自然になります。

つぎに、[ h2 タグ → h3 タグ]の順番が合っているか、確認します。

h3 タグのなかに、 h2 タグが入っていると「入れ子構造」になり、「Google ロボ」が混乱します

結果、評価されませんので、まちがっていないか、かならずチェックしましょう。

SEO対策の手順⑤ ─ 内部リンクで記事を関連づける

記事ができあがったら、内部リンクをつかって、ほかの記事と関連づけます。

内部リンクを添えるトコは、

・記事の途中
・記事の最後

の2箇所です。

それぞれ、これまで書いた記事のなかで、関連するものがあれば、添えておきましょう。

ひとつの記事にたいして、何本も「内部リンク」をつける人がいます。おすすめしません。読者の集中力を削ぐからです。内部リンクは、必要最低限にしましょう😊

SEO対策の手順⑥ ─ ディスクリプションを書く

内部リンクを整えたら、ディスクリプションの記入です。

さいきんは、あまり重視されませんが、いちおう書いておきます。

・自己紹介
・読者の疑問
・疑問にたいする答え

の3要素を、バランスよく記述します。

SEO対策の手順⑦ ─ カテゴリーに分ける

さいごに、記事の「カテゴリー分け」です。

コツは、つぎのとおり。

・1記事につき、1カテゴリー
・サブカテゴリーは1つまで

ハッキリした決まりはありませんが、この2点を意識すると、読者をうまく誘導できます。

迷うことなく、あなたの記事にアクセスできます

「Google ロボ」からも、正しく評価されます

まとめ

まとめると、

りきぞう

・「SEO 対策」とは、検索の上位ページにあげるための施策
・「顕在ニーズ/潜在ニーズ」の意識をすると、PV数が増えやすい
・「7つの手順」にしたがえば、「SEO 対策」を施した記事がつくれる_

といったかんじです。

じっさいに SEO 対策を施したら、つづいて、ブログ記事の「キーワード」について理解&検討してみましょう。

この記事が、「ブログの SEO 対策についてやり方&手順を知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。