ブログ記事 ─ リライトのやり方&コツを解説【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年、WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・リライトの目的は?
・リライトをするとき、どの数値をみて、改善すれば良いの?
・じっさいに、リライトのやり方を教えてほしい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・リライトの目的は、「検索順位のアップ」
・リライトするときには、「平均クリック率」「ページ滞在時間」を意識して、改善する
・リライトのやり方としては、「記事タイトルの変更」「導入文の修正」「大見出しにキーワードを含める」の3つが、効果的

※ すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログ記事のリライト ─ 目的は?

リライトとは、記事の修正です。

では、リライトの目的は、何でしょうか?

むかしのわたしを含めて、ここをわかってない人が、けっこういます。

なんとなく文章表現が気に入らないから、リライトするわけではありません

リライトの目的とは、

検索順位の向上

です。

公開した記事の検索順位をアップさせるために、リライトします

この目的を、ぜったいに忘れないようにしましょう。

なので、ちょこちょこ文章表現を変えるだけなら、リライトとは言いません。目的のない作業は、時間のムダです。やめましょう😌

ブログ記事のリライト ─ どれを修正すべき?

「検索順位を上げる」 ─ 。

この目的を踏まえたうえで、リライトすべき記事をあげていきます。

つぎの2つです。

  • 公開から「3ヶ月」経った記事
  • 検索順位が「20〜50位」の記事

それぞれ、みていきます。

公開から「3ヶ月」経った記事

なぜ「3ヶ月」なのか?

それは、「3ヶ月後」じゃないと、検索結果がハッキリしないからです。

〝出来たてホヤホヤ〟の記事だと、順位がころころと変動し、評価されている/されていないの区別が、つかないんですね

ですので、検索順位が確定する「3ヶ月後」に、記事のリライトを始めましょう。

公開から「3ヶ月前」の記事は、いったん保留でオーケーです。

検索順位が「20〜50位」の記事

もうひとつは、検索順位が「20〜50位」の記事、です。

理由はカンタンで、検索順位アップの可能性を秘めているから

ちょうど、「20〜50位」の記事くらいだと、順位アップを狙えます

反対に、「50位以下」だと、狙えるには狙えますが、コスパが悪いです。

労力をかけたわりには、検索順位も上がらずに、クリック数も増えません。

ですので、検索順位「20〜50位」の記事をメインに、リライトをおこないましょう。

ちなみに、「20位」以上の場合は、読者さんから評価されている証拠です。キホン、放置でオーケー。もしランクが下がったら、リライトするかんじです🙂

ブログ記事のリライト ─ 改善すべき数値

リライトすべき記事について説明してきました。

ここからは、改善すべき箇所について、みていきます。

じっさいにリライトするまえに、

どの数値を向上させるべきか?

を知っておきましょう。

目標となる「数値(データ)」をハッキリしておかないと、〝ムダ足〟に終わるだけですからね😇

改善すべき数値は、つぎの2つです。

  • 平均クリック率
  • ページ滞在時間

それぞれ、みていきます。

数値① ─ 平均クリック率

平均クリック率とは、「クリックされた頻度」をさします。

キーワードを狙った記事が、どれくらいクリックされたか

を表しています。

平均クリック率が上がれば、PV数も増えます

結果、検索順位もアップします

さらに、フィールドバックして、ますますPVも増える ─

好循環が生まれるわけですね。

なので、リライトするときには、なにより「平均クリック率の向上」を意識しましょう。

確認方法

平均クリック率は、『サーチコンソール』でチェックできます。

こちらの記事を参考に、数値を確認してみてください。

» Googleサーチコンソールで各ページのクリック数を確認する方法

目安となる基準は、つぎのとおり。

(出典:Impress

これは、各検索順位の平均クリック率、を示しています。

各順位、これくらいの「%」を取っています

1位なら、全検索数の「約4割」、2位なら「約3割」ということわけですね

もちろん、はじめから1位 or 2位をねらう必要はありません。

ただし、「10位」までには、入りたい

なので、「1%前後」の平均クリック数に、到達しておく必要があります

あなたの記事を、サーチコンソールで調べて、平均クリック数が、「1%以下」なら、リライトの必要があります

まずは、「平均クリック数」に注目して、リライトするようにしましょう。

数値② ─ ページ滞在時間

もうひとつは、ページ滞在時間、です。

文字どおり、

記事を訪れた人が、どれくらい長く文章を読んでいるか

を表しています。

当然、時間が長いほうが、〝じっくり読んでいる〟わけで、満足度も高い、と想像できます。

確認方法

滞在時間のチェックは、『Google アナリティクス』をつかいます。

» Google アナリティクス

トップページの「左メニュー」をチェック。

そこから、

[行動]→[概要]→[サイトコンテンツ]→[すべてページ]

へと、進みます。

そこで、「記事別の滞在時間」を見ることできます。(※ 赤枠)

「数値の評価基準」は、記事の分量によります。

文字数が多ければ、それだけ滞在時間は増えますよね。

けれど、とりあえずの目安として、「1分〜3分」あれば、オーケーです

1分より低いと、すぐさま離脱している可能性があります

つまり、リライトの必要があります

うえでみたとおり、

・公開から「3ヶ月」経っている
・検索順位が「20〜50位」

なら、リライトしていきましょう。

ちなみに、『Google アナリティクス』の使い方については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

「Google アナリティクス」の使い方 ─ 設定方法&見方を、わかりやすく解説

ご参考に、どうぞ。

ブログ記事のリライト ─ 効果的な3つの方法

「平均クリック率」「滞在時間」を増やせば、しぜんと検索順位もアップします。

では、2つの数値を、どうやって向上させるのか?

効果的なやり方は、つぎの3つです。

  1. ① わかりやすい記事タイトルにする
  2. ② 検索意図に沿った「導入文」にする
  3. ③ 大見出しにキーワードを入れる

これが、じっさいのリライト方法になります。

ひとつひとつ、みていきますね。

方法① ─ わかりやすい記事タイトルにする

いちばん効果があるのは、記事タイトルの変更、です。

理由は単純で、

検索したときに、デカデカと「記事タイトル」が表示されるから

です。

リライトするさいには、まずは、タイトルの差し替えから、手をつけましょう。

タイトルのつけ方にかんしては、こちらの記事で説明しています。

ブログタイトルの付け方・決め方 ─ 原則&テクニックを紹介【実体験】

よければ、ご参考に。

方法② ─ 検索意図に沿った「導入文」にする

2つ目は、導入文(リード文)の修正、です。

導入文とは、「本文に入るまえの文章」のこと。

悩み・疑問をもつ読者を、本文の内容に導く役割が、あります

記事の冒頭にあるため、ここを〝はずす〟と、読者はあっさり離脱します

結果、「滞在時間」が下がり、検索順位もアップしません。

読者の検索意図に沿った「導入文」が、求められます。

的確な導入文の書き方は、こちらの記事で紹介しています。

ブログ導入文(リード文)の書き方&コツ【例文あり】

参考にしてみてください。

方法③ ─ 見出しにキーワードを入れる

3つ目は、テクニカルな話です。

記事の「大見出し」に、「狙うキーワード」の文言を含めると、検索で上位表示されやすくなります

大見出しとは、「h2タグ」で囲う部分です

たとえば、[ビットコイン 買い方]のキーワードを狙って記事を書くなら、それぞれの大見出しに、「ビットコイン 買い方」の文言を含めます。

こうすると、「Google ロボ」からの評価を受けやすくなり、検索順位のアップにつながります。

多少、日本語として意味がおかしくても、大見出しには、狙うキーワードを含めるようにしましょう。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・リライトの目的は、「検索順位のアップ」
・リライトするときには、「平均クリック率」「ページ滞在時間」を意識して、改善する
・リライトのやり方としては、「記事タイトルの変更」「導入文の修正」「大見出しにキーワードを含める」の3つが、効果的

といったかんじです。

この記事が、「リライトのやり方で悩んでいる人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。