【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEBメディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・なぜ「キーワード」が大切なの?
・どうやって「キーワード」を選ぶの?
・キーワードを選ぶときのポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・キーワードは、読者の悩み&疑問(=ニーズ)
・キーワードは、ツールを使えば、すぐに見つかる
・ただし、検索する人の悩み&疑問については、深く考える必要がある

わたし自身、大好きな「バナナマン」さんの記事で、上位表示させました

以下の「手順&ポイント」にあわせて書けば、検索で上位を狙えます。

目次に沿って、くわしくみていきます。

キーワード=読者の悩み

キーワードとは、

読者の悩み or 疑問

です。

Google を使っていれば、わかりますよね。

・なにかに悩んでいる
・なにかに疑問をもっている

─ こんなときに、キーワードを打ち込み、検索をかけます。

たとえば、新作の『iPhone12』 について知りたければ、

[iPhone12 新作 スペック]

みたいなかんじです。

「キーワード」とは、読者の悩み or 疑問です。

キーワードの種類

キーワードには、3種類あります。

・ビックキーワード
・ミドルキーワード
・ロングテールキーワード

「iPhone12」を例にすると、こうなります。

[iPhone12] → ビック
[iPhone12 ケース] → ミドル
[iPhone12 ケース かわいい] → ロングテール

[ロングテール → ミドル → ビック]の順で、検索ボリューム(=全体の検索数)が、多くなっていきます

数の目安としては、こんなかんじです。

・ビック → 3000〜
・ミドル → 1000〜3000
・ロングテール → 100〜500

当然ながら、ビックキーワードで、上位表示させるのは、とってもムズかしいです。

たとえば、個人ブログで [iPhone12]で上位表示させたら、ちょっとした事件です(笑)

ですので、スタート時は、

「ロングテールキーワード」を狙う

のが、コツです。

たとえば、

[iPhone12 ケース 純正]
[iPhone12 ケース 手帳型]
[iPhone12 ケース ハイブランド]

などなど。

ロングテールキーワードを狙った記事を積み重ねる。

そのうえで、アクセス数を増やすのが、サイト or ブログ運営のコツです。

キーワードの選び方

では、どうやってキーワードを選べばいいのか?

手順は、つぎのとおり。

  1. 手順①:関連キーワードをリスト化
  2. 手順②:検索ボリュームを調べる
  3. 手順③:キーワードを決める
  4. 手順④:検索する人の悩み&疑問を考える

ひとつひとつ、みていきます。

手順①:関連キーワードをリスト化

まず関連キーワードをリスト化します。

1つのワードに、どんなキーワードがヒモづいているのかを〝見える化〟します。

ツールは『ラッコキーワード』を使います。

ページを開いたら、キーワードを打ち込みましょう。

ためしに、[iPhone12]を入れてみます。

すると、「iPhone12」に関連したキーワードが、ざっと出てきます。

それぞれが、

ミドルキーワード or ロングテールキーワード

の候補になります。

コピペして、メモっておきましょう。

手順②:検索ボリュームを調べる

つぎに「検索ボリューム」を調べます。

ツールは、Google が提供する『キーワードプランナー』を使います。

無料版/有料版がありますが、最初は、無料のほうでオーケーです。

有料版だと、詳細に「検索ボリューム」がわかります。けれど、はじめは、〝ざっくり〟と数を把握すれば十分です。

あらかじめ、こちらのページで、登録を済ませておきましょう。

登録を完了したら、『キーワードプランナー』にアクセスします。

このページが出てきたら、「右側」をクリック。

つづけて「入力ボックス」に、『ラッコキーワード』で取得した「関連キーワード」を打ち込みます。

現在の検索状況が出てきます。

(※ Google さんに怒られるので、データの詳細は伏せています)

上部メニューの「過去の指標」をクリックします。

すると、ざっくりとした「検索ボリューム数」が出てきます。

これらをメモっておきましょう。

エクセル or スプレッドシートで管理したい人は、太い赤枠の[↓]からダウンロードできます。

手順③:キーワードを決める

検索ボリュームが「100-500」のキーワードを狙います。

うえに書いたとおり、「100-500」くらいだと「ロングテールキーワード」になります。

まずはこちらを書きましょう。

ひとつ注意したいのは、検索ボリュームが「0-10」のキーワードです。これはあまりに数が少ないので、さいしょは書かなくてオーケーです。あまりにニーズ(需要)が少ないということですから。

手順④:検索する人の悩み&疑問を考える

最後に、検索する人の悩み&疑問を考えます。

検索ボックスに、キーワードを入れる人が、

・どんな悩みを持っているか?
・何を知りたいのか?

を、深く考えます。

たとえば、[iPhone12 ケース 手帳型]の場合 ─ 。

考えられるのは、

・iPhone12 の手帳型ケースがあるのか知りたい
・おすすめの手帳型ケースは、どれ?
・それぞれのメリット/デメリットは?

といったあたりです。

この悩み&疑問に沿って、記事を書いていきます。

ここでは、さらっと「読者の悩み&疑問」をリスト化しました。けれど、記事を書くとき、この作業にイチバン時間をかけるべきです。ここを外すと、読者の要求に応えられないからです。ミスマッチが生じて、〝トンチンカンな記事〟が、できあがります(泣)

ショージキ、労力の半分くらいは、悩み&疑問の〝掘り下げ〟に力を注ぎましょう

それくらい重要なパートです

キーワードにたいする、読者の悩み&疑問がハッキリしたら、それぞれに答えるかたちで、記事を書いていきます。

キーワード選びのポイント

さいごに、キーワード選びのポイントを、カンタンにあげます。

つぎの2点です。

  • 「ロングテールキーワード」を狙う
  • 「ビッグキーワード」は「内部リンク」で流す

ひとつひとつ、みていきます。

「ロングテールキーワード」を狙う

記事作成のさいには、「ロングテールキーワード」を狙いましょう。

むかしにくらべて、いまは〝ブログ冬の時代〟です。

個人ブログ or 小規模のサイトが、「ビックキーワード」で上位表示させるのは、ほんとうにムズかしくなっています

なので、まずは、検索ボリュームが少ない「ロングテールキーワード」を書きます

それらを積み重ねて、アクセス数を増やすのが、得策です

「ビッグキーワード」は「内部リンク」で流す

そのうえで、ロングテール記事でのアクセスが増えてきたら、ビックキーワードを狙います。

やり方は、「内部リンク」による流入です。

図にすると、こんなかんじです。

記事の途中 or 最後に、「関連記事」として「ビックキーワード記事」への導線をつくっておきます

この方法で、ビックキーワードの上位表示を狙います。

ものすごく地道な作業です。

けれど、これだけブログ&ウェブサイトが乱立している状況なので、仕方ありません。

「急がば回れ」の気持ちで、ひとつひとつこなしていきましょう。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・キーワードは、読者の悩み&疑問(=ニーズ)
・キーワードは、ツールを使えば、すぐに見つかる
・ただし、検索する人の悩み&疑問については、深く考える必要がある

キーワード選びは、記事を書くときの「最初のステップ」です。

ここを外すと、記事が読まれません

読者の要求(=ニーズ)を満たしてないからです

うえの手順にそって、読者の悩み&疑問を、洗い出しましょう。

キーワードを選んだら、読者の悩み&疑問を、より深く考えます。

ここをうまく整理できると、しっかり読まれる記事に仕上がります。

たいへん地道な行程ですが、すべては読み手・ユーザーさんのためです。

がんばりましょう。

..

「キーワード選定をざっくり把握したら、つづいて、「ロングテールキーワードの選び方」を理解しましょう。

くわしいことは、こちらで解説しています。

この記事が、「キーワードの選び方に悩んでいる人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。