ブログのアクセスが伸びない・増えない ─ 理由と対策【ブログ歴4年】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・ブログのアクセスが伸びない
・理由が分からない
・対策を知りたい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・伸びない理由は、「需要がない」「競合が多い」の2つ
・「需要がない問題」には、あらかじめ「検索ボリューム」を調べておく
・「競合が多い問題」には、ロングテール記事を書くことで対策をとる

※ これまでのサイト・ブログ運営の経験から、記事を書いています。

目次に沿って、くわしくみていきます。

アクセスが伸びない理由 ─ 需要がない

1つ目の理由は、需要がないことです。

そもそも、あなたの書いた記事を求めている人が少ない

どんなに質の高い内容であっても、読む人たちがいないのでは、どうしようもありませんね。

イメージでいえば、砂漠の真ん中で、お店を開いている状態です。

たとえば、あなたが「料理店を紹介するサイト」を運営しているとしましょう。

いっぽうでは、

・ブルガリア料理
・ペルー料理
・サモア料理

のお店を紹介。

もういっぽうでは、

・フランス料理
・中華料理
・日本料理

のお店を紹介。

どちらのほうが、アクセスが伸びるでしょうか?

ハッキリしてますよね。

1つ目のグループだと、そもそも、そのキーワードで調べる人が少ない

「需要=ニーズ」がないわけです。

総数が少ないために、アクセスも伸びづらい状況が、つづきます。

「需要がないとき」の対策

では、どうするか?

対処法はシンプルで、

検索ボリューム(=検索の全体数)を、あらかじめ調べる

ことです。

やり方も、ムズかしくありません。

手順は、つぎのとおり。

  1. 手順①:『ラッコキーワード』で、関連キーワードを洗い出す
  2. 手順②:『キーワードプランナー』で、検索ボリュームを調べる

手順① で、そもそも、そのキーワードで調べている人がいるのか、を確認します。

手順② で、そのキーワードで検索している人が何人いるか、を調べます。

あとは、検索ボリュームが「100」以上あるキーワードに合わせて、記事を書いていけば、オーケーです。

これで、需要=ニーズを満たせず、アクセスが増えない状態から、抜け出すことはできます

記事を積み重ねていけば、じょじょにアクセスも伸びていきます。

「キーワード選び」の詳しいやり方は、こちらの記事で紹介しています。

よければ、チェックしてみてください。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

アクセスが伸びない理由 ─ 競合が多い

2つ目は、競合が多いことです。

1つ目の理由とは、逆です。

需要=ニーズにたいして、あなた以外に記事を書く人が、あまりに多い状態です。

たとえるなら、店舗がたくさんある市場で、お店を開いているかんじですね。

具体的には、こんなキーワードを狙った記事です。

・クレジットカード
・ウォーターサーバー
・美容サロン

これらのモノ&サービスを紹介している記事は、なかなかアクセスは伸びません。

というのも、紹介して売れたときの報酬(=アフィリエイト報酬)が高いため

利益を求めて、たくさんの個人&企業が、記事を書くわけです。

需要=ニーズにたいして、記事の数が多すぎる

「供給過多」の状態です。

これでは、あなたが記事を書いたとしても、〝埋もれて〟しまいます。

結果、アクセスも増えません。

「競合が多いとき」の対策

では、どうするか?

こちらも対策がありまして、それは、

「ロングテールキーワード」から流入させる

という方法です。

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが「100-500」ほどのキーワードのこと。

ロングテール記事だと、競合もあなたの記事が読まれる可能性が高くなります

というのも、競合が少ないからです。

「ウォーターサーバー」を例にするなら、

[ウォーターサーバー 一人暮らし]
[ウォーターサーバー 電気代]
[ウォーターサーバー 赤ちゃん]

といったかんじです。

やり方もシンプルです。

まず、ロングテールキーワードに合わせた記事を、フクスウ書きます

つぎに、競合の多い記事に、「内部リンク」で流す ─ 。

これだけです。

図にすると、こうなります。

たしかに、そのまま「ウォーターサーバー」だけを狙った記事を書いても、アクセスは伸びません。

検索上位にも、あがってきません。

けれど、ロングテール記事を増やし、そこから「内部リンク」で流す ─ こうすることで、競合の多いはずの記事に、アクセスしてもらえます

〝ライバルが多すぎる問題〟を、なんとか解決できます。

このあたりの詳しいやり方は、こちらの記事で紹介しています。

ロングテールキーワード(ニッチキーワード)の探し方&選び方【ブログ歴4年】

よければチェックしてみてください。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・伸びない理由は、「需要がない」「競合が多い」の2つ
・「需要がない問題」には、あらかじめ「検索ボリューム」を調べておく
・「競合が多い問題」には、ロングテール記事を書くことで対策をとる

といったかんじです。

アクセスが伸びない要因は、「需要がない」「競合が多い」の2つです。

それぞれ、

・需要がない → 「検索ボリューム」を調べる
・競合が多い → 「ロングテール記事」を書く

といった対策で解決できる場合が、多いです。

もちろん、キーワード(=あつかうテーマ)により、アクセスが伸ばしにくいケースもあります。

けれど、伸びない理由に応じて、2つの対策をとれば、アクセスは伸びていきます。

地道な作業ですが、ゆったりとした気持ちで、取り組んでいきましょう。

この記事が「アクセスに伸び悩んでいる人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。