ブログのアフィリエイト記事 ─ 書き方の手順&コツ【実体験】

どうも、りきぞうです。

WEB 会社では2年WEB メディアの編集者として3年ほど働いてきました。

ブログ歴は4年ほどです。

・アフィリエイトの記事って、どう書くの?
・書く手順&流れを知りたい
・書くときのコツ&注意ポイントを教えてほしい

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論を言えば、つぎのとおり。

りきぞう

・4つの手順に沿って書くと、スムーズに執筆できる
・「売れるワード」を含めると、購買につながりやすい
・とはいえ「過度な売りこみしない」のが、ポイント

※ すべてわたしの実体験です。

以下、目次に沿って、みていきます。

ブログアフィリエイト記事の書き方 ─ 4つの手順

さっそく手順から。

つぎのとおりです。

  1. ① キーワードを選ぶ
  2. ② 読者の疑問を考える
  3. ③ 記事の構成を考える
  4. ④ 本文を書く

順々にみていきます。

手順① ─ キーワードを選ぶ

何はともあれ、「キーワード選び」です。

キーワード=読者のニーズ

です。

あなたも、なにかの商品を探すときに、検索窓にキーワードを打ちこみますよね

たとえば、

[iPhone12 ケース]

みたいに。

アフィリエイト記事では、このキーワードを狙って、記事を書くことになります。

逆に、キーワードを〝外す〟と、読まれない記事をたくさん書くことになります。収益のためには控えるようにしましょう。

「キーワード選び」については、こちらの記事で、詳しく解説しています。

【SEO】ブログのキーワード選定 ─ 4つの手順とポイント【実績あり】

よければ、ご参考に。

手順② ─ 読者の疑問を考える

キーワードを選んだら、つぎに「読者の疑問」を考えます。

キーワードを打ちこむ読者が、どんな悩みを抱いているのか、深く想像します。

たとえば、[iPhone12 ケース]を検索にかけるユーザーは、

・iPhone12 のケースの種類を知りたい
・iPhone12 のケースのなかで、おすすめは?
・iPhone11 のケースは、そのまま使えるの?

といった、疑問をもっていると考えられます。

読者の悩みをピックアップし、疑問に沿って、記事を書いていきます。

わたしの場合、記事のさいしょに、読者の疑問を記しています。

実例を画像で見せると、こんなかんじです。(※ 赤枠のトコ)

あなたが想像した「読者の悩み」は、記事のなかで「明示」するのが、おすすめです。記事の冒頭(=導入部)に書くと、共感をえられて、本文を読んでくれます😊

手順③ ─ 記事の構成を考える

「読者の疑問」がハッキリしたら、記事の構成をつくっていきます。

建築にたとえるなら、「建物の骨組み」にあたります

組み方はさまざまですが、つぎの「4つ」で構成すると、スムーズに記事を書くことができます。

・読者の疑問(導入部)

・疑問にたいする答え(導入部)

・答えの具体化&理由づけ(本文)

・読者の誘導(まとめ)

はじめに「読者の疑問」を明示します。

つぎに、疑問にたいする、あなたなりの答え(=結論)を提示します。

ここまでが「導入部」です

導入部(=記事の冒頭)で、疑問&答えをハッキリさせておくと、読者はすんなり本文に入れます。

本文では、あなたが示した答えを、

・具体化
・理由づけ

していきます。

書き終えたら、さいごに「読者の誘導」です。

商品レビューの記事なら、購買に促します。

手順④ ─ 本文を書く

構成をつくったら、いよいよ本文の執筆です。

といっても、ムズかしく思う必要はありません。

読者の悩みにたいして、あなたが示した答えを〝肉付け〟すれば、良いだけです

〝肉付け〟とは、

・具体化
・理由づけ

の2つです。

文章の執筆では、「型」が決まっています。

よく使われるのは、

・結論

・理由づけ

・証拠(具体例)の提示

・結論

のパターンです。

[iphone12 ケース 手帳型]を例にすると、こうなります。

結論:
iphone12のケースは「手帳型」がおすすめです

理由づけ:
カード類が収納でき、べつのケースを持たなくて済むからです

証拠(具体例)の提示:
じっさい、わたしも手帳型のスマホケースに『Suica』を入れています

結論:
なので、iphone12のケースは「手帳型」がおすすめです

この手順に沿って書くと、ラクに本文を執筆できます。

本文を書き終えたら、さいごに、読者を「購買」へ促します

ここは〝ゴリ押し〟せず、さらっと〝添える〟程度にしましょう

かるくリンクの載せるくらいで、十分です。

くわしい本文の書き方は、こちらの2冊が、おすすめです。

学びながら、じっさいに手を動かしていきましょう。

ブログアフィリエイト記事の書き方 ─ 3つのコツ

アフィリエイト記事を書くときのコツをあげていきます。

つぎの3つです。

  • h2 タグに「キーワード」を含める
  • 購入につながるワードを入れる
  • 過度に売り込まない

それぞれ、カンタンにみていきます。

コツ① ─ h2 タグに「キーワード」を含める

これは、読者のためではなく、「Google ロボ」対策です。

h2 タグの見出しに「キーワード」を入れることで、検索ページで上位表示されやすくなります

たとえば、[iPhone12 ケース]で記事を書くなら、h2 タグの見出しには、キーワードを含めるようにします。

日本語として、すこし違和感があっても、キーワードを入れることをおすすめします😊

コツ② ─ 購入につながるワードを入れる

アフィリエイト記事の最終目標は、文章を読んで、商品を買ってもらうことです。

じつは、購買につながりやすい「ワード」があります

「キーワード選び」の段階で、おさえておくと、商品が売れやすくなります

具体的には、つぎの5つです。

・商品名(例:iPhone12)
・おすすめ
・比較
・手順
・買い方(or 始め方)

「記事タイトル」に、どれかを入れたり、組み合わせると、読者に商品を買ってもらいやすい記事が、できあがります。

考えてみたら、わかりますよね。

たとえば、[iPhone12 ケース おすすめ]で検索する人は、それなりに〝買うキモチ〟が高まっています

じゃないと、わざわざ検索窓に、こんなキーワードを打ちこみません。

「比較」「手順」「買い方」なども、同様です

ピックアップしたキーワードを打ちこむ人は、あなたの記事を読むまえから、購買意欲が高い ─

そのニーズを狙います。

コツ③ ─ 過度に売り込まない

こちらは、コツというより「注意点」です。

売りやすいキーワードがあるといっても、〝ゴリ押し〟はNGです

収益を増やしたい気持ちはわかりますが、過度な商品の売りこみは、ダメです。

単純に、読者さんが離れていきます

あなたも、ペタペタと「商品紹介のリンク」が貼られた記事なんて、読みたくないですよね?

そういうことです。

商品リンクの必要最低限におさえましょう。

個人的には、記事の最後に添えるくらいで、良いかなぁ思います。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・4つの手順に沿って書くと、スムーズに執筆できる
・「売れるワード」を含めると、購買につながりやすい
・とはいえ「過度な売りこみしない」のが、ポイント

といったかんじです。

「アフィリエイト記事の書き方」を理解したら、つづいて、提携する ASP を 検討してみましょう。

こちらの記事で、おすすめの ASP を紹介しています。参考にしてみてください。

この記事が、「アフィリエイト記事の書き方を知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。